2019年9月14日 (土)

幸運でインタビューを受ける職人

 突然ですが”インタビュー記事”を掲載していただきました。

 

 玩具業界の”ものづくり”に関した様々なエピソードを

紹介しているその名も「Episoze(エピソーズ)」という

ホームページです。

 

Blog1909142

 

 「ラトル工房」の商品紹介や開業までの経緯など、

前後編の2回に分けて色々と記載していただきました。

 興味のある方はぜひ下記リンクより御覧ください。

 

【Episoze 掲載HP】 →こちら

 今回の掲載については色々な幸運が重なりました。

 

 まず編集者の方の目に止まったのが

じつは7月の”ワンダーフェスティバル”で(笑)、

ロボットと一緒に並べていた”ラトル工房のチラシ”

偶然手に取っていただいたのがキッカケとなりました。

 

 さらに、声をかけてくださったその編集者の方が、

偶然にも「タカラトミー」出身の方だったようで、

私とは配属部署や就業期間が微妙にずれていたので

面識はなかったものの、共通する知人や話題もあって

その同業ゆえの親しみからか、かなり”素”の状態で

インタビューを受けることができました。

 

 ”幸運の産物”のようなインタビュー記事ですが

12年の節目になるような内容になってくれたのでは

ないかと思います。

 

 本当に幸運だけで生きている男です(笑)。

 そんな幸運をもたらした”ワンフェス”ですが、

応募していた「来年2月開催分」の抽選にも

無事に当選することができました。

 

Blog1909141

 

 年末の繁忙期に突入していく時期だというのに、

「なにをやっているんだ」とまた怒られそうですが(笑)、

また”幸運のきっかけ”に繋がってくれるよう

新作の設計をせっせと進めていこうと思います。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

車検前に自動車を直した職人

 ”季節の変わり目”には恒例になりつつありますが

また色々なものが立て続けに故障してしまいました。

 

液晶タブレットのタッチパネルが反応しなくなったり

プリンターのインクトラブルがおこったり

 

…と木工作業に直接影響するものではないのですが

立て続けに発生するとやはり気分が参ります。

 とくに厄介だったのが自動車(日産キューブ)の

「シフトレバーの故障」です。

 

 通常はエンジンをスタートしてブレーキを踏めば

シフトレバーのロックが解除されて普通に動くように

なるところ、ある日突然、動かなくなってしまいました。

 

Blog1909071

 

 幸いにも”手動で解除できるボタン”があったので、

それを押せば通常通りに運転することができたのですが、

やはりスタートの度に手動解除するのは面倒ですし

なにより故障しているのは気持ちが悪いことです。

 

 来週に「車検」があるのでそこで修理してもらえば

良いのですが…そうしないのが私の悪い癖で(笑)、

ネットで調べたところ同様のトラブルが多いらしく

どうやら回路の「電線」が1本切断しただけのようでした。

 

 繋げ直すのも簡単そうなので…やってみました。

 

Blog1909072

 まずはハンドル下のカバーをあけて故障個所を確認。

やはり細い電線がポッキリと切れていました。

 

Blog1909073

 

 切断した部品を取り外して、新しい線をハンダ固定。

再発しないように線は少し長めにしておきました。

あとは元の場所に戻してやれば作業終了です。

 

 結果、あっさり治ってしまいました(笑)。

 

 私が乗っている”日産キューブ”は

デザインの奇抜さで当時話題になった車種なのですが、

その反面、デザイン性を優先したためか”内部構造”の

あちこちに少し無理があるようです。

 

 今回の故障個所もその影響のようなのですが

修理しながら”デザイナー”と”エンジニア”の争う声

聞こえてくるようでした。

 

 残念ながら先日「日産キューブ」の生産終了の発表が

ありましたが、好きな車種だったので非常に残念です。

 修理代(1~2万円程度)が浮いてくれて

さらにブログのネタにもなってくれたので

故障続きで参っていた気分も少しは晴れました。

 

 良いタイミングで「アベンジャーズ・エンドゲーム」

ブルーレイが到着してくれたので、週末はゆっくりと

鑑賞することとします。

 仕事は来週からアベンジします。

 

Blog1909074

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

チョコエッグの進化に驚く職人

 先週末のイベント成功の余韻に浸る間もなく

留守中にいただいた御注文への対応をしているうちに

バタバタと8月が過ぎさってしまいました。

 

 とりあえず一息はつきましたが、

商品の在庫がことごとく無くなってしまったので、

部品の切り出しに精を出しております。

 

Blog1908311

 

 ようやく本業に帰ってきた気分ではあります(笑)。

 忙しくなると”甘いもの”がいつも以上に欲しくなり、

なにげなくこんな物を買ってしまいました。

 

Blog1908312

ピクサーのチョコエッグ」。

 

 「フォーキーが出たら、まあ面白いかな」

…程度の気分であまり期待していなかったのですが、

開けてびっくり

 

Blog1908313

 

5センチにも満たないサイズなのに

造形も質感もとてもよくできていました。

 

 チョコエッグを買ったのはたしか数年前の

「スターウォーズ」以来だと思うのですが、

造形のクオリティが明らかに上がっていて

驚いてしまいました。

 

 あくまでも予想なのですが、

「3D造形」の技術がクオリティアップに

反映しているのかもしれません。

 

 このところワンフェスやC3などでいろいろな

”フィギュア”を目にしたり作家さんのお話を聞いたり

する機会が多くなっているのですが、

その造形方法も作品によって千差万別のようで…

 

「昔ながらに粘土やパテをコネて造形」

「PCの3Dデータを3Dプリンターで造形」

「造形物を3Dスキャンナーで取り込みサイズ修正」

 

…などなど、「昔堅気」と「最新技術」が

色々と混在している状況のようです。

なかでも「光造形の3Dプリンター」を活用する方が

確実に多くなっているように思います。

 

 ひと昔まえは「光造形3Dプリンター」の導入には

数千万円の設備投資が必要で、玩具の開発協力会社で

導入された時には”お披露目会”が開かれるほどでしたが、

…それも今は昔で

ハイスペックのもので数十万、卓上型の入門機であれば

4~5万で購入できてしまう現在の状況を見てしまうと

その日進月歩ぶりに驚いてしまいます。

※レーザー加工機のときにも同じことを書きましたが(笑)。

 

 このままいくと「木のおもちゃ」も3D出力できるように

なる日も近そうですが(一部ではすでに可能なようですが)、

”自然物の質感”を出せるようになるのはまだまだ先だと

思うので…我慢して手作業を続けていきます(笑)。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

心地よく夏に燃え尽きた職人

 先週末の土日に開催された展示販売イベント

「C3AFAマーケット 2019」への出展は、

トラブルなく無事に終えることができました。

 

 先月のワンフェスでは設営時の雨でビショビショに

なってしまいましたが、今回は天候にも恵まれて

「幕張の浜」での早朝散歩も楽しむことができました。

 

Blog1908261

…早朝というより夜明け前ですが(笑)

渋滞が嫌いなのでイベントはいつも深夜出発です。

 今回のブースはこんな感じとなりました。

 

Blog1908262

 

Blog1908263

 

 C3への出展は今回で3回目となり、さらに今年は

ワンフェスを2回挟んでいるのかなりで落ち着いて

参加出来たように思います。

 

 ”C3AFAマーケット”は”ワンフェス”に比べると

規模や参加者数はそこまで大きくないのですが、

「ガンダム・ザブングル・ダンバイン…」など

このイベントでしか「販売許諾※」が得られない

ロボット作品がけっこうあり、それもあってか

出展者数も年々増えているようです。

 

※申請時に”作品内容の審査”があるので

 必ずしも許諾されるわけではありません。

 

 今年も沢山の方々に来場いただき、

多くのロボットラトルが旅立っていきました。

 

Blog1908264

 

 今回かなり”野心的な販売目標”で挑んだのですが

早々に「完売」してしまった作品も多く、

目標を大きく上回る結果となってくれました。

 今年の夏も心地よく燃え尽きました(笑)。

 

 御購入頂いた皆様、ブースに足を運んでいただいた皆様に

心よりお礼申し上げます。

 今年のロボットラトルの出展はこれで最後となります

…が、来年2月開催の「ワンフェス2020(冬)」には

じつはすでに応募済です(笑)。

 

 参加のための抽選に当選できるかわかりませんが、

”新作の設計”はまた仕事の合間を使って少しずつ

進めていきたいと思っています。

すでにライフワークです。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

設営も撤収も早い職人

 暑さのお陰でブログ更新が遅れてしまいましたが、

先週末の「台風通過後の猛暑」がピークだったようで

週明けからはかなり楽になりました。

 

 本業の作品製作を消化しつつ、数日後に迫った

「C3AFAマーケット」の準備作業も進めております。

 

Blog1908201

 

 梱包もすべて終わってくれたのでひと安心です。

 商品が準備できたら次は「展示用の備品」

忘れずに梱包していきます。

 

 これまでいろいろな備品を試してきましたが、

結果的に”主力”として使うようになったのが

こちら…

Blog1908202

「ディッシュスタンド(皿たて)」です。

 

 本来は”お皿の収納”に使う機材なのですが、

これが私のラトルの展示とかなり相性が良く

 

Blog1908203

商品を並べて展示したり…

 

Blog1908204_20190820171001

ひっくり返して”ひな壇”に使えたり…

 

…と、設置場所に合わせて色々と使えます。

しかも未使用時にはバラバラに分解できるので

運搬中の荷物になりません。

 

 ちなみに、先日のワンフェス出展での展示方法は

こんな感じでした。

Blog1908205

やはりディッシュスタンドが大活躍です。

 

 ラトル工房ではこの展示方法がほぼ定着しているので

毎回15分程度で迷わずに設営できるうえに、

持込む荷物もかなり抑えることができています。

…もちろん撤収もかなりの素早さです(笑)。

 

 週末の”C3AFAマーケット”も設営と撤収が

素早くできるようにがんばります。

結果は次週ブログで報告いたします。

 

ラトル工房ブータレブー

 

| | コメント (0)

«新しい工具で鼓舞する職人