« 看病職人(その2) | トップページ | リスナー職人 »

2007年3月29日 (木)

叫び職人

満1歳になった娘にとって、今「叫ぶこと」がマイブームらしいです。

自我が芽生えてきたのか、少しでも意にそわないことがあると叫びます。

腹が減っては「ぎゃあああああっ!」

ダッコに飽きたら「ぎゃああああああっ!」

こっそりお菓子を食べようとすると「ぎゃああああああああああっ!」

遠慮がないから半端な音量ではありません。

これが、外出先でやられると大変困ります。

とくに平日の夕飯の買出しでジタバタしながら叫ばれると

これはもう、私は「誘拐犯」に間違われてもおかしくない光景となります。

普通にしていてもその場で浮いた存在であるだけに、これは致命傷になりかねません。

なので、「ダッコ用バッグ」や「子供用の巾着」などをわざとらしいほど体に装着して

わざわざ父親であることをアピールしています。

さよならファッション。

|

« 看病職人(その2) | トップページ | リスナー職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 叫び職人:

« 看病職人(その2) | トップページ | リスナー職人 »