« リスナー職人 | トップページ | 感激の職人 »

2007年4月10日 (火)

保健センター職人

娘をつれて「ポリオ予防接種」というのに行ってきました。

生ワクチンの接種で、赤ん坊がいろいろと受けることになっている予防接種の1つです。

会場である保険センターへ行くと、案の定といいますか30~40組の親子が並ぶ受付に

男性は私一人で、一歩踏み出しただけで肩身の狭い雰囲気が漂います。

待合室の席に座ると、周囲のお母さん方が日頃の憂さをはらうかのように

機関銃のようにしゃべりまくってます。

会場のうるさいことったらありません。

聞こえてくる会話も

「うちの人の昼飯代が高すぎる」

「風呂ぐらい洗ってくれてもバチはあたらない」

「食器洗い機がほしいのに父親の給料が安いから買えない」

‥父親への不満暴露で盛り上がってほしくはないものです。

ようやく順番が来て診察室へ。

看護婦さんが、

「はいお父さん、子供をひざに乗せて、乗せられる?」

「はいお父さん、母子手帳出して、どんな手帳か知ってる?」

「はいお父さん、帰ったらさっきのことをお母さんにしっかり伝えて!」

保険センターから外に出て高い空を仰ぐと、ダッコした娘が

肩をポンとたたきました‥‥。

|

« リスナー職人 | トップページ | 感激の職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保健センター職人:

« リスナー職人 | トップページ | 感激の職人 »