« ひたすら切る職人 | トップページ | まだまだ看病の職人 »

2007年7月24日 (火)

ふたたび看病の職人

沖縄から帰ってからしばらくは絶好調だった娘が、しばらくぶりで病気となってしまい

きのう~今日は作業を休んで看病に徹しています。

「手足口病」という変わった名前の病気で、手や足や口の中に赤い斑点が

ポツポツとできる‥という名前そのまんまの皮膚病なのだそうです。

保育園で流行っていたようで、律儀にもらってきてしまったようです。

病気としては軽い部類で、一時的に高熱が出るものの時間が経てば

すぐに治ってしまうとのこと。

実際、今日にいたっては既に元気と言ってよい状態なのですが、

「口の中」だけがいまだ荒れているらしく、何を食べても沁みてしまい

ギャーギャーと泣き叫んでしまいます。

食いしん坊の娘にとっては、いままでになく苦しい思いをしているわけですが

「食い物を与えれば大人しくなる」という戦法がとれない私としても

ダッコしてやったり

散歩につれていったり

踊ってやったり

馬になってやったり

‥と、いつも以上に「体力のいる看病」となっています。

ある意味、ブートキャンプよりもよい運動かもしれません。

明日には仕事復帰の予定です。

|

« ひたすら切る職人 | トップページ | まだまだ看病の職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたたび看病の職人:

« ひたすら切る職人 | トップページ | まだまだ看病の職人 »