« 双子さん増加に驚く職人 | トップページ | 焼き文字をする職人 »

2007年11月27日 (火)

奇妙に踊る職人

 またこの見出しとなりますが‥娘がまた発熱してしまいました。

 週末から40℃近い高熱が続き、昨夜にようやく熱が下がってくれましたが、

日頃がパワフルなだけに逆にグッタリしている娘の姿をみると、父親としては

居たたまれなくなってしまいます。

 娘を少しでも喜ばせようと、つい変な踊りを踊ってみせたり、奇妙な動物の

モノマネをしてみせたりと必死でしてしまうのですが、どちらかというと

妻が嘲笑うばかりで(笑)、娘の体調回復にはまったく役にはたちません。

父親というのは無力であります。

 父親の「変な踊り」というのは、これは完璧に「遺伝」でして、私の父も

よく「変な踊り」をしては私に見せつけていました。

どのような踊りかというと‥

 ①両手を腰のあたりで握りしめ親指だけを立て、

 ②そままパチンコのレバーをひねるように「クイッ!クイッ!」と何度もひねり、

 ③その動きにあわせて軽く何度も腰を落とし、

 ④「ほれっ!ほれっ!」と掛け声をかけます。

‥訳が解りますか?

私にはさっぱり解りません(笑)。

まぁ、面白い動きで息子を喜ばせようとしていたのだと思いますが、

でかい男が無表情でこれをやるわけですから、「奇妙な光景」としか

言いようのないものでした。

 残念ながらその父も早くに他界してしまいましたが、今では息子もまた

日夜でかい体で無表情に踊ってみせているわけです。

きっと将来、「奇妙な光景」として娘も思い出してくれるかと思います。

|

« 双子さん増加に驚く職人 | トップページ | 焼き文字をする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇妙に踊る職人:

« 双子さん増加に驚く職人 | トップページ | 焼き文字をする職人 »