« 奇妙に踊る職人 | トップページ | サンタクロースになった職人 »

2007年12月 6日 (木)

焼き文字をする職人

 小さなおもちゃ工房にも「クリスマス需要」は影響するようで、12月に

入ってからというもの今までの倍のペースで御注文をいただいており、

嬉しい悲鳴をあげております。

ただいま乾燥作業の合間をつかってのブログ更新です。

 御注文いただいたお客様から時々「お礼のメール」をいただくのですが、

そこでよく「名前入れサービスが良い」とのコメントをいただきます。

 ラトル工房では「バーニングアート」という技法を使って、一文字一文字、

焼きゴテで名前を焼き入れるサービスを行っています。

 近頃は「レーザー光線」などでプリンターのように文字を焼いてくれる重宝な

機械もあるようなのですが‥数百万円もするようですが(笑)、せっかくの

「手作りの木のおもちゃ」なので、文字も手作業で入れるようにしています。

 とくに、ご希望いただく「お名前」によっては、文字を微妙に小さくしたり、

字間を拡げたりと微調整をする必要がありますので、自由度の高い

手作業での焼き文字が必要になってくるわけです。

‥決して機械購入をケチっているわけではありません‥たぶん(笑)。

 ご希望いただく「赤ちゃんのお名前」もいろいろで、今のところ同名の

焼き文字をしたことはありません。

 私も親になってはじめて、子供の名前の「重み」といいますか「重要性」を

感じることが出来たのですが、やはりそれぞれの名前に御両親の「想い」が

こめられているわけでして、そう思うと1文字も手を抜くことができません。

作業としては緊張しますが、出来上がりには自信をもっております。

 今年もあと1ヶ月を切りましたが、ひとまずはこのクリスマスを乗り切ることに

注力させていただきます!

Blog1206

←商品への「お名前入れサービス」の詳しくは

 ネットショップを御覧下さい。

 ちなみに「はな(Hana)」は我が娘の名前です。

|

« 奇妙に踊る職人 | トップページ | サンタクロースになった職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼き文字をする職人:

« 奇妙に踊る職人 | トップページ | サンタクロースになった職人 »