« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

ネットショップとは違う職人

 相変わらず確定申告の集計作業でアタフタしております。

全ての収支をパソコンに入力して決算資料をプリントアウトしても、

なぜか売上欄が「0円」に(笑)。

‥もちろんそんな筈はないのですが、なにか操作が足りないようです。

 話は変わりまして、今回は「ラトル工房」のネットショップ以外での活動を

紹介させていただきます。

 ㈱ベネッセコーポレーションさんの「こどもちゃれんじ」をご存知でしょうか?

毎月楽しい教材がいろいろと届く「お子様向けの通信教育」なのですが、

この教材の一部、「木のおもちゃ」のデザインや試作に「ラトル工房」も

昨年から協力させていただいております。

 そして、その第一弾として「木のぞうさんすべりだい」が'08年2月号の

教材としてめでたく登場となりました!

デザインと機能と安全性を両立させるために何度も修正を重ねてしまいまして、

担当者様には大変ご迷惑をおかけしましたが(笑)、なかなか良い作品が

出来上がったものと自負しております。

ベネッセさんのHPでも楽しく紹介していただいているので、是非御覧下さい。

  ■『こどもちゃれんじ ぷちファースト』 HP

   →http://www.shimajiro.co.jp/petit-first.html

 開発の参考にいくつかの教材をお借りしているのですが、ベネッセさんの

教材はどれも「子供にプラスになる」という目的をもって作られたものばかりで、

見た目以上に中身のつまったそれらの玩具に関心してしまいました。

 「ビジュアルばかりの玩具」が多くなっている昨今、この開発姿勢には大変

共感してしまいます。

 

Blog0130 ←開発途中で娘の厳しいチェックをうける

  木のぞうさんすべりだい。

  ‥父親もヒヤヒヤです(笑)

 『ラトル工房ブータレブー』 

 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月25日 (金)

図面をひく職人

 ただいま図面を引いております。

 「ものづくり」に図面は欠かせない大事な作業なわかですが、この数日、

作業スペースは極寒の寒さなので、もっぱらノートパソコンをコタツに移動し

ぬくぬくと作業を進めさせていただいております。

‥見た目は浪人生のようですが(笑)

 図面は「イラストレーター」というグラフィックソフトを使って描いてしまいます。

本当であれば「CAD」という図面専用ソフトを使うべきところなのですが、

私の場合、有機的でもこもことしたラインが描きやすい「イラストレーター」のほうが

好みにあっているのです。

 またこのソフトの場合、図面の線を「細さ0.25mm」という極細のラインにしても

きれいにプリンター出力をすることができるので、それを木材に張ることで、

電動ノコで正確な「かたち」を切り出すことができるのです。

 「ブータレブー」の商品の一部にはパーツを組み合わせる箇所があるので、

この正確さが結構必要なのです。

 「イラストレーター」は最初に就職した会社でイヤイヤ覚えた技能だったりする

のですが(笑)、今となっては必要不可欠なスキルとなっています。

 よくよく考えてみると‥

 「工業高校」で図面や機構を学び

 「美術学校」でデザイン、スケッチを学び

 「最初の会社」でCG(イラストレーター、フォトショップなど)を学び

 「2番目の会社」で玩具の知識を学び

 「3番目の会社」でプレゼン方法やマーケティングを学び

‥と、35年かけて色々な場所で学んだことが、今の「木のおもちゃ工房」の運営に

活かされていることに気がつきました。

苦労もありましたが‥やはり、人間いろいろやっておいて損はしないようです(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年1月17日 (木)

企業ロゴを説明する職人

 今週もひたすら木工作業を進めております。

仕事の合間に少しずつ進めていた「ドラクエⅣ」ももうすぐクリア!

しかし確定申告の収支計算の進みはカメのよう(笑)。

領収書の山から「リレミト」したい気分です。

 ※リレミト=ドラクエに出てくるダンジョンから脱出できる呪文。

 「ラトル工房ブータレブー」の商品には、こんな企業ロゴが焼印されています。

Boo_tale_boo_3

 開業前に私と妻でいろいろと考えてデザインしたマークなのですが、

実は単なる「グルグルしたお花」ではないのです。

 先ず左右の「葉っぱ」はアルファベットの「B」を表しています。さらに、

良く見ていただくと「豚のヒヅメ」になっているのがわかるでしょうか?

これで豚の鳴き声「Boo(ブー)」にもかけていたりします。

 次に中央の「お花」ですが、これはアルファベットの「T」で、上部の

「ぐるぐる」は、ラトル工房の最初の商品である「うずまきラトル」の

うずまきを表しています。

 つまり「B・T・B(ブー・タレ・ブー)」をデザインしたマークになっている

わけです!

‥説明しないと永遠に誰にも気づかれないと思ったので、あえてブログに

書かせていただきました(笑)。

 当初は「ブータレブーのサイトウです」というのが非常に恥ずかしかった

のですが、今ではこのヘンテコで気が抜けるような名前にも愛着が湧き、

けっこう気に入っています。

 ただし、銀行窓口や取引先の受付で「ブータレブーのサイトウ様」と大声で

言われてしまうと‥‥さすがに「リレミト」したくなってしまいます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

夕飯をつくる職人

 娘との二人生活も、明日には妻が帰国するためあと少しの辛抱です。

今回は5日間と短いこともありトラブルもなく

‥と言いながら娘が「軽い風邪」で保育園を1日休んでしまいましたが(笑)、

パニックになるようなこともなく、工房の仕事も延滞することもなく、

スムーズに毎日を生活することが出来ました。

 慣れとは恐ろしいものです。

 風邪気味の娘にどんなゴハンを食べさせるかで少し悩みました。

いつもであれば「肉だっ!」「魚だっ!」と自分が食べたいものを作って、

それを(多少)子供用にアレンジして出してしまうのですが、病気のときには

さすがにそうはいきません。

 具合よく、正月の帰郷で自宅から盗み取ってきた「白菜」や「小松菜」などの

野菜が豊富な環境でしたので(笑)、野菜を使って消化の良いものを作ろうと、

‥先ずは考えなしに材料を刻みます。

 鍋に火をかけ、

 細切れにした豚肉を炒め、

 水とダシの素を入れ、

 野菜を入れ、

‥ここではじめて何を作るか決めます(笑)。

選択肢は「豚汁」「カレー」「シチュー」「スーラータン」など無限です。

 このいい加減な料理が効いたのか、それともやはり医者のお薬が効いたのか、

娘の風邪もすぐに良くなってくれ、二日目には無事に保育園へ。

 唯一の問題は、上記の食事はどれも大量に出来上がってしまうため、

妻がいないときに作ると、私の食べなくてはいけない分量が激増してしまい、

つい食べ過ぎ生活になってしまうこと‥でしょうか(笑)。

 やはり妻には早く帰ってきてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 7日 (月)

新年に指をくわえる職人

 新年明けましておめでとうございます。

2008年もよろしくお願いいたします。

 正月休みも終わって早々ですが、

妻は海外出張で「香港」へ飛び立ち、

娘は保育園がはじまりさっそく登園し、

‥父は一人工房で作業をしております(笑)。

年末年始は家族全員で「だらだら~」と過ごしてしまいましたが、

いつまでもそうしていられない事情が各自ありますので、

本日からは通常通りの生活に戻ったしだいです。

「休みボケ」などしていられないのです(笑)。

 年始は福袋や年始セールがいろいろなお店で行われていましたが、

私も密かに狙っていた商品がありました‥ズバリ「電動工具」です(笑)。

木工作業をはじめてから、物欲の大半がこの「工具」に傾くようになってしまい、

「衣服」も「電化製品」もそっちのけで、ホームセンターの電動工具コーナーに

走ってしまいます。

 必要最低限の「工具」はすでに揃っており、工房での作業的にはなにも

問題ないのですが、やはり

「これがあったら便利だなぁ」

「これがあったら作業が捗るなぁ」

‥と思いつつ金額的に「指をくわえて見ているだけ」という工具も多々ありまして(笑)、

今回の「年始セール」を狙っておりました。

 結果は、狙っていた工具があまりにもマイナー過ぎたのかセール対象には

まったくなっておらず、また「指をくわえて見るだけ」で退散となりました。

 まぁ無理すれば買えない工具ではないのですが、そこは大人ですので

多少の自制も働いております‥多少ですが。

 まだまだ寒い中ではありますが、妻のアドバイスもあり「春の新商品」を

早々に発売させていただきました。。

春に出産を予定されている方への「御出産祝い」にいかがでしょうか?

 

Blog0107 ←昨年も御好評いただきました

 「木のはがため・桜」です。

 詳しくはネットショップを御覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »