« 誕生日プレゼントを作る職人 | トップページ | 「おかあさんといっしょ」をみる職人 »

2008年3月23日 (日)

ねんきん特別便が届いた職人

 巷で話題の「ねんきん特別便」が届いてしまいました。

「あなたの年金記録がまちがっているかもしれないから確認してね」という

案内なわけですが‥私の年金記録はどこにいってしまったのでしょうね(笑)。

 書類をみながら思ってしまったのですが、そもそも私の中では「夢の年金生活」

という風景が浮かびにくいところがありまして、どちらかというと年金とは無縁の

未来像しか浮かんでこないのですね。

 パターン1としては、縁起でもありませんが「そこまで寿命があるのか」という

未来像です(笑)。もちろん今のところはまったく健康体なのですが、父親が

早死にすると「自分も同じぐらいの年齢が寿命なのではないか‥」とどうしても

思ってしまうものでして、いつ死んでも後悔しないように、多少強引ではあっても

「やりたいことはやっておこう」という思考に突き動かされているところがあります。

‥もちろん早死にしたい訳では決してありません(笑)。

 パターン2としては、こちらは前向きに「生涯現役」でいたいという未来像です。

「木のおもちゃ職人」という仕事は、仕事量さへ抑えれば年齢に関係なくやって

いけそうなので、寿命の直前まで作品を作っていられたら理想だなぁと思います。

 その頃には、どこか静かな田舎に工房を構えてですね、

 「アルプスの少女ハイジのおじいさん」のような口ひげを生やしてですね、

 ときどき娘がつれてくる孫を無愛想に対応したりしてですね、

 あいかわらず海外を飛び周っている妻からのエアメールを読んだりしてですね、

 それで、思い出したように作品をつくりだしてですね、

 それが完成して孫の名前を焼文字でいれてみたりしてですね、

 それを眺めながら椅子にすわってゆっくりと息をひきとると(笑)。

 ついでに「大きな古時計」も一緒に止まってくれると完璧です。

* 

‥「ねんきん特別便」でこれだけ妄想してしまう男というのもどうかと思いますが(笑)、

ひとまず年金をもらう場合を考えて、漏れがないかしっかりチェックします。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

|

« 誕生日プレゼントを作る職人 | トップページ | 「おかあさんといっしょ」をみる職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんきん特別便が届いた職人:

« 誕生日プレゼントを作る職人 | トップページ | 「おかあさんといっしょ」をみる職人 »