« パーティーに行った職人 | トップページ | 立ちこぎをする職人 »

2008年5月29日 (木)

今月は耐えた職人

 「占い」はそれほど真剣に信じるほうではないのですが、唯一信じてしまうのが

生まれ故郷で毎年行われる「酉の市」にて売り出される「占いカレンダー」です。

それが実家のトイレにいつもぶら下がっているのですが(笑)、その占いによると

今月(5月)の運勢はとても悪く、ひたすら「忍耐の月」になるとのこと。

そこで実際はどうかといいますと‥やはり忍耐の日々が続いております。

 なにをそこまで耐えているのかというと、「仕事量」でも「重なる税金徴収」でも

「食材の高騰」でもなく、ひたすら「娘のわがまま&いたずら」にだったりします。

 2歳をすぎ自己主張がではじめてきた娘は、会話もそこそこできるようになり、

多少荒く扱っても平気なほど、たくましく育ってくれているのですが、

その分、自分の好みに合わないことは徹底的に嫌い反発します。

 とくにこの年齢だと「限度」を知らないので、最初はちょっとしたこと

‥例えば「お菓子を食べたかったのにもらえなかった」とうだけのことから、

 大声で泣き出し、

 その場に寝転んで駄々をこね、

 それでもダメだとわかると、今度はおもちゃの箱を持ち出し、

 おもちゃを床に勢いよくぶちまけ、

 最後におもちゃの箱を私に向かって勢いよく投げつけ、

 転がっていたおもちゃにつまずいて転び、

 さらに大声で泣き叫ぶ‥と、どんどんエスカレートしてしまいます。

 そんな修羅場でも、テレビで「吉幾三のCM」が流れるとなぜか急にケロッとし、

「やるきわくわくわーくまんっ!」と拳を振りながら熱唱しだしたりするのですから、

本当に訳がわかりません(笑)。

 しかし父親になってはじめて、「子供を叱る」という行為にこれほどパワーが

いるのだということに気づかされました。

 気をつけないとヒステリックに叱りまくってしまいかねないので、ある程度は

耐える必要もあるのですが、その「あんばい」がとても難しいのですね。

 占いによると6月には運勢も持ち直すようですが‥はたして。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

|

« パーティーに行った職人 | トップページ | 立ちこぎをする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月は耐えた職人:

« パーティーに行った職人 | トップページ | 立ちこぎをする職人 »