« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

個人作品を作る職人

 関東では連日猛暑が続いております。

 梅雨も日本全国すっかり明けたようですので、梅雨期間限定で発売しておりました

「木のはがため・てるてる」の販売を昨日終了させていただきました。

御購入いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

 お盆休み前‥ということからか、お陰さまでこの数日は御注文の件数が多く

なってきておりまして、来週はかなり忙しくなりそうです。

 そこで本日は「戦の前の骨休め」ということで、仕事をぬきにした「個人作品」を

一日のんびりと作ってみることにしました。

作ったのは「指輪スタンド」なのですが、木工作業や炊事のときなど「結婚指輪」を

外しているときの「置き場所」として、ちょっと作ってみたのです。

 近頃は、気がつくと「妻の結婚指輪」もコロコロと転がっていたりもするので(笑)、

お互いに気をつけようという「戒め」の効果も狙っております。

‥結婚も4年目ともなるとこんなものです。

 アクセサリースタンドは以前にも「ネックレス用」を作って妻にプレゼントしたことが

あるのですが(下部写真の奥に写っているのがそうです)、「スタンド」というわりには

高さが足りず、ネックレスを掛けても「だらら~」と床にだらしなく広がってしまうという

失敗作でした。

 今回はそのリベンジも兼ねているのですが、「焼印(ブータレブーのロゴマーク)」を

捺す場所を間違ってしまったり、ヤスリがけが甘かったり‥と、荒さも目立ちますが、

その辺はプライベート作品なので肩の力を抜いて製作しております。

 ‥しかし我ながらヘンテコなデザインだなぁと思うのですが(笑)、これは

「ダチョウ」が好きな妻の趣向と、「うずまき」が好きな私の趣向を合わせた結果です。

Blog0731_2 ←もちろん非売品です。

 

 

 

 

 

 『ラトル工房ブータレブー』 

 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

軽井沢に行った職人

 連休を使って一泊で「軽井沢」へ行ってまいりました。

 金欠気味の我が家にしてはなんとも優雅な話ではありますが、単に我が母親の

「宿泊費は出すから私を軽井沢へ連れて行け!」という話にのっただけでして(笑)、

ガソリン代諸々はこちらもちということで、ドヤドヤと行ってきました。

 軽井沢には私も行きたいと思っていた理由がありまして、美術学校の同級生であり、

木工作家としては先輩でもある「森の雫」さんのショップが軽井沢に開店したのです。

なんとこのショップ、お店に並ぶ木工作品だけでなく「お店」自体もオーナー自らが

作ってしまったもので、実際に拝見しましたが表現力の乏しい私には「ウヒャー」としか

表現できない素晴らしいお店でした。

「森の雫」さんのHPでも御覧になれますので、詳しくはこちらを参照下さい。

 「軽井沢Natural Craft 森の雫」 → http://mori-sizuku.com/

 またこんな書き方をすると本人が困ってしまうと思いますが(笑)、私が木のおもちゃの

作家になるために独立してしまったのも、多少なりともこの方の影響もうけています。

 もちろん単に憧れて‥という単純なものではなくて、とかく「収入と安定」を望みがちな

サラリーマン時代に、「こういうチャレンジをしつづける生き方というのもあるのだなぁ」と

感じさせてくれた一人だったのです。

 ‥実際に会って話しをすると、互いに「大変だよねぇ」としか口から出てこなかったり

するのですが(笑)、汗を拭きながら「今度は工房を手直ししようと思ってねぇ」と言って

いる前向きな姿を拝見すると、自分も「こうしてはいられない」とすぐに作業場に帰って

作業を進めたくなってしまいました。

 ある意味、リラックスどころか気持ちの休まらない軽井沢の旅行でありました。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

ビンタをした職人

 はじめて娘に「ビンタ」をしてしまいました。

 ことの発端は些細なことで、レンタルビデオ屋にあった「ディズニーランドのDVD」を

娘が手から離さなくなってしまったのです。説得も空しく店を出る際に無理やりに

もぎ取ったのですが、その途端、「どびゃー!!」と泣き出してしまいました。

‥この程度は日常茶飯事でどうということもないのすが(笑)、問題はこれからでして、

泣き叫ぶ娘を四苦八苦しながらチャイルドシートに乗せて自動車を発進したところ、

なんと走行中に自力でシートから抜け出してしまい、「でぃずにいいい!」と叫びながら、

あろうことか後部のドアを開けてしまったのです!

 慌てて急ブレーキをかけて車を止め、娘を抑えこみ惨事にならずに済みましたが、

一歩間違えば命も危うい行為でしたので私も逆上してしまいまして、帰宅してからも

あきらめずに「でぃずにいいい!」と泣き叫ぶ娘の頬を一発、「バチーン!」と。

 ビンタの直前、小説的な表現をすれば「永遠の1秒」の間とでもいいますか(笑)

頭の中で、それはそれは色々な考えが浮かんでしまいまして、

 「後部ドアのロックを固定していなかったのは自分の責任だ」とか

 「そもそもレンタルビデオを借りてやればよかったのではないか」とか

疑念やら後悔でドロドロとしてしまうなか、最終的に頭をよぎったのは

 「自分の両親だったら、ここはビンタをしているよなぁ」‥という一言でした。

もちろん「幼児虐待」は大嫌いですし、「叩かなくても子供は育てられる」と主張する

方々もいらっしゃると思うのですが、「叩くことで親も子供も成長する」という場面も

あるのではないかと、私は思います。

 叩いた後の娘の反応はといいますと‥大人しくなるどころか逆に反撃してきまして、

3発ほどグーで頬を殴られました(笑)。

父親を殴ってスッキリしたのか、ケロッとしております。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

夏のおもちゃを作る職人

 今週は夏限定の商品を2点、ネットショップに追加させていただきました。

1つは昨年にも御好評いただきました「うずまきラトル・ひまわり」を単品販売で。

もう1つは新作で「木のはがため・夏休み」をデザインしてみました。

興味のあるかたはぜひ、下記のHPを御覧下さい。

 「木のはがため」は昨年夏の「金魚」でも良かったのですが、少しテーマを

変えて、あれこれとデザインを考えてみました。

 当初は「夏祭り」をイメージして「風車」と「ちょうちん」と、なぜか「焼イカ」(笑)で

デザインを進めまして、↓こんな感じで試作を作っていたのですが‥

Blog0711

 

 

 

 

 

 

‥肝心の中央の「風車」のデザインがなかなか難航しまして、安全性を

考えて「丸みのある形」にディフォルメしていくと、どうしても「かざぐるま」という

よりは「扇風機のプロペラ」のイメージになってしまうのです。

 ものは試しで試作を作ってみたのですが、これはこれで可愛らしいし

「夏っぽいアイテム」ではあるなぁ‥と一人で納得してしまいまして(笑)、

むしろこのイメージで膨らませてみたところ

 「扇風機といえばスイカだなぁ‥」

 「スイカといえば縁側で、蚊取線香が欲しいなぁ‥」

 「蚊取線香といえば、やっぱりブタだよなぁ‥」

 「そういえばラトル工房のマークは蚊取線香に似ているなぁ‥」

‥と、これはこれで一人でもりあがってしまいまして、最終的に出来上がったのが

Blog07112

←これです。 

 

 

 

 

 

 商品名も「木のはがため・夏休み」‥と、そのまんまですが(笑)、

ネーミングセンスがないのは今に始まったことではないので、あきらめております。

「うずまきラトル・ひまわり」「木のはがため・夏休み」ともに9月中旬までの

期間限定発売となっております。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

シュークリームが好きな職人

 好物はなにかと問われたときは、きまって「シュークリーム」と答えています。

 男ながらに甘党なのは父親ゆずりですが、なかでもシュークリームは格別です。 

「ボクがもし社長になったら、毎月シュークリームの日を作って社員に配るんだもんね」

などと昔は冗談で言っていましたが、現実に開業してしまった「ラトル工房」では、

ほぼ週イチのペースでシュークリームの日がやってきます。

‥個人経営なので一人で喰ってるだけですが(笑)。

 我が家から歩いてすぐの場所に「モンテール」という洋菓子メーカーの工場が

ありまして、そこに併設された「直売所」がメチャクチャ安いのです。

クレープだろうがロールケーキだろうが市価の半額で、シュークリームにいたっては

2つで120円!‥などという日もあります。

 そのかわりに賞味期限が翌日までだったりするのですが、買ったその日に家族で

ムサボリ食ってしまうので、その辺は問題ないのです。

 昨日も、いつものように仕事を片付け、自転車に乗って娘の待つ保育園へ。

 「自転車で汗かいたからメタボも大丈夫」

 「ガソリン代が浮いたからお金も大丈夫」

‥などと自分を正当化しながら、娘をひろったその足で「モンテール」へ直行(笑)。

さっそくいくつかを買い込んで「帰ったらシュークリームだ!」と喜んでいたところ、

偶然に通りかかった「小児科の女医さん」に声をかけられてしまいまして、

思わず「娘が好きなもので‥」と聞かれてもいないのに説明してしまいました(笑)。

‥娘の目線が痛かったです。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »