« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

寝相に悩む職人

 今週は秋の新作を2点、ネットショップで発売させていただきました。

1つは昨年秋にも御好評いただきました『木のはがため・キノコ』を、

もう1つは新作で、カボチャをデザインした『木のはがため・ハロウィン』です。

‥「はがため」が2点と重複してしまいましたが、どちらも自信作となっております。

ぜひ、ネットショップをのぞいてみてください。

 この数日、大雨が急に降ったり止んだりで落ち着かない天候が続いております。

夜は夜で、寒くなったり蒸し暑くなったりと、どうにもこうにも落ち着きません。

 我が家では1つのベットで私・娘・妻‥と川の字になって寝ているのですが、

この「寝苦しさ」で、夜は布団を奪い合ったり払いのけあったりとグチャグチャで、

朝起きると大変なことになっています(笑)。

 「妻」はものすごく寝相が悪く、気がつくとベットの下の方で布団に抱きつきながら

大胆に『くの字』になって寝ています。

 「私」は寝相は良いのですが、片足が布団からはみ出していないと寝られないという

変な癖がありまして、必然的にベットの端のほうで落ちそうになりながら寝ています。

 そして「娘」は両親の悪いところが全て遺伝してしまったらしく(笑)、寝相が悪いのは

もちろん、両足に布団が掛かっているのも嫌なようで、気がつくと、ありえない場所に

バンザイをした格好で寝ています‥もう、どうしようもありません。

 昨日、娘が保育園のお昼寝で「おねしょ」をしてしまったらしく、「洗濯してください」と

先生から「布団カバー」を預かりました。

 帰ってから妻が洗濯しようとしたところ、どうもその「布団カバー」は娘のではなく

同級生の男の子のものだったようでして‥保育園でも豪快な寝相でゴロゴロと転げ

まわったあげく、同級生の布団で「おねしょ」をしてしまったようなのです。

‥被害が広がらないことを祈っています(笑)。

 

Blog0826←「おねしょ」はともかく(笑)、「木のはがため」の

 新商品もよろしくお願いいたします。

 

 『ラトル工房ブータレブー』 

 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

ポニョを観た職人

 昨日、映画『崖の上のポニョ』を親子3人で観てきました。

 当日までまったく予定はしていなかったのですが、妻が会社を休んで娘を

「予防接種」に連れて行ったものの、予定よりも早く終わってしまったようでして、

「夕方の上映に間に合うかもしれない」‥と、急遽、映画館の席をネット予約し、

滑りこむようにして近所の映画館へ。

 幸運にも月に一度の「入場料1000円均一デー」だったこともあり、豪勢にも

まだ2歳半の娘の分まで座席をとってやり、3人並んで鑑賞することができました。

 途中で騒いだりすることもなく、ポップコーンをひたすら食べながら(笑)真剣に

映画に魅入っている娘を見ていると、娘の映画館デビューがこの「宮崎アニメ」で

あったのは、とても良かったのだなぁ‥とつくづく思ってしまいました。

 私が好きな本に『風の帰る場所(ロッキング・オン刊)』という書籍があります。

インタビュアーの渋谷陽一さんという方が、映画を作り終えるたびに宮崎駿さんの

もとを訪れてインタビューをしていた、その対談が1冊にまとめられた本なのですが、

「もうこの映画で最後、もう疲れた」と言いながらも、それぞれの映画の意図や目的

のようなものが発言されていて、共感したり感化されながら読んでいたものです。

 その本では『千と千尋の神隠し』までが掲載されているのですが、昨日発行された

雑誌『Cut9月号(ロッキング・オン刊)』に、今回の「ポニョ」の製作後に同じメンバーで

行われたロングインタビューが掲載されておりまして、思わず夕飯を作るのも忘れて

読みふけってしまいました(笑)。

 そのインタビューのなかで「(ポニョは)子育て中の父親や母親が観ることを考え

ながら作った」という宮崎駿さんの発言があったのですが、

‥どうりで、たいして悲しいシーンでもないのに泣きそうになってしまうことが多々

ありまして(笑)、どうやら「宮崎駿の思惑」にまんまと嵌められてしまったようです。

まだ観ていない方は、ぜひ映画館での観賞をおススメいたします。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

絵本を探す職人

 この数日、本屋に行ってはある「絵本」を探しています。

 『3じのおちゃにきてください』という題名の絵本なのですが、ネットで書籍検索を

しても「品切れ」や「絶版」ばかりなので手に入れるのは無理なのかなぁ‥とも思って

いるのですが、そうはいっても書店に行くとつい目を皿のようにして探してしまいます。

 この絵本ですが、内容は『川でみつけた招待状の地図を頼りに、男の子と女の子が

招待状の送り主に会いに行く‥』というとても単純なものなのですが、私が子供のころ、

大好きで毎日のように読み返していたようなのです。

 ‥数週間前までは、そんなことはすっかり忘れていたのですが、ある日突然

いつものように遊んでいた娘が、

 「3じのおちゃにきてください‥みどりのみどり」

 「あっちへふらふら こっちへふらふら」

‥と絵本のセリフを口にしたのです。

 最初は「なんか聞いたことがあるなぁ」と感じながらもなにも思い出せず

ムズムズとしていたのですが、帰宅した妻と話してようやく判明しまして、

なんと妻もこの『3じのおちゃにきてください』が子供のころに大好きだったらしく

先月に実家に帰郷した際に、この絵本を読み聞かせてやったらしいのです。

 娘もとても気に入ってしまったようで、何度も読まされてしまったあげくにセリフを

覚えてしまった‥ということでした。

 思わぬところで「親子3人の共通点」ともなる絵本が見つかってしまったのですが、

そうなってくると、なおさらにこの『3じのおちゃにきてください』がまた読みたくなって

しまいました。

 36歳のオヤジが夏休みで賑わう絵本コーナーの中で「じー」っと絵本を探している

光景も不気味ではありますが(笑)、通報されない程度にがんばって探しつづけたいと

思っております。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

パンツトレーニングに悩む職人

 お盆休みで妻が娘をつれて実家へと帰郷しました。

 まだまだ仕事が残っているのでそちらも片付けなくてはいけないのですが、

育児から開放され、まったくもって「フリーな3日間」となりました。

 テレビでは「甲子園」やら「北京オリンピック」やらと汗を激しくかきながら

がんばっている人々が延々と紹介されているなか、こちらは恥ずかしいほどに

「今日はなんもしないもんね、ビールでも飲みながら小説でも読むんだもんね」

‥と、すっかりグータラする気持ちでいっぱいになっています(笑)。

 この数週間は「猛暑」のなか、娘の「パンツトレーニング」がはじまっておりまして、

昼間は工房の半端ではない「暑さ」にやられ、仕事後は気を抜くとすぐに床に

「ダラ~」っと広がってしまう娘のオシッコへの「警戒心」にやられ(笑)、心身ともに

ヘトヘトな状態が続いておりました。

 「この夏にはオムツをとってしまいましょうね!」という保育園の先生からの助言に

従順に応えようと努力しているのですが、努力するあまり

 「トイレ行くかっ!、オシッコでないかっ!、ウンチはまだかっ!」

と連呼しすぎてしまい、逆に娘が断固としてトイレに行きたがらなくなってしまったり、

‥かといって、諦めてそのまま放置して夕食を作りだしたりなどすると、今度は

フライパンに野菜を投入したところで「パパ、オシッコしたぁ」と床がびしょ濡れに

なっていて、「野菜炒め」と「パンツ交換」のどちらを優先するべきか‥という、

非常に悩ましい局面に立たされたりと、とにかく難しいのです(笑)。

 本屋で「ひとりでウンチできた」という絵本を見つけました。

 簡単な「しかけ絵本」で、便器に座って「うーん、うーん」と唸っているイヌやネコが、

ページをめくると「できた!」とウンチをして喜んでいる‥という内容なのですが(笑)、

ものは試しにこれを娘に買いあたえまして「トイレで読んでやるよ」と言ったところ、

以前よりもすんなりとトイレに行くようになりました。

 「トイレ専用の絵本」は効果的なのかなぁ‥いっそトイレに小さな「絵本たて」を作って

置いてしまおうかなぁ‥などと考えてしまい、結局は気が抜けない「フリーな3日間」と

なりそうです。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »