« 液晶テレビに悩む職人 | トップページ | 赤いリボンを結ぶ職人 »

2008年10月 2日 (木)

秘密基地を夢見る職人

 はやくも10月となり、ラトル工房も年末の準備をちょちょこと進めております。

昨年もそうでしたが、やはり「おもちゃのお店」は今ぐらいの時期から御注文や

HPのヒット数が徐々に多くなってくる傾向があるようでして、昨年の教訓を生かして

アタフタしないよう準備に万全をきしたいと思っております。

‥と言いながら、昨日は平日だというのに映画「アイアンマン」を観てきました(笑)。

SF映画は全般的に好きなのですが、なんといっても「普通のオジさんが自分でせっせと

工房で強化服を作ってヒーローになってしまう」という物語は、特撮ヒーローを見ながら

育った世代の私には、もうたまらないのです。

 近頃、娘といっしょに遊んでいると、そんな自分の子供時代をよく思い出したりするの

ですが、思い出すほどに我ながら「夢想的な子供」だったなぁ‥と恥ずかしくなります。

 ベットの下には地下の秘密基地に通じる階段があって、

 秘密基地にはロボットに変形する巨大なジェット機が格納されていて、

 家の前にある「田んぼ」がガーっとひらくと発進用カタパルトが現れて、

‥などと毎日妄想しながら小学校に通っていたのですが、私の場合タチが悪いのは、

大人になった現在でもその「夢想癖」が消えていないということでして(笑)、

考えてみると自宅に作ってしまった「工房」も、感覚としては「秘密基地」を作って

遊んでいるのとあまり大差ないのかもしれません。

 そんな「秘密基地」も、年末の襲来に備えて武装強化をいろいろ試みたいところ

なのですが、「自動車の車検」やら「液晶テレビの購入」やらと出費がかさみまして、

なかなかうまく運びません。

 大人になって夢を観つづけるというののも、これで結構大変なのです(笑)。 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« 液晶テレビに悩む職人 | トップページ | 赤いリボンを結ぶ職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘密基地を夢見る職人:

« 液晶テレビに悩む職人 | トップページ | 赤いリボンを結ぶ職人 »