« ディズニーランドに行った職人 | トップページ | 積み木を作る職人 »

2008年11月27日 (木)

洗濯物を畳む職人

 我家は『夫婦共働き』なので、家事も(自然と)ハッキリ分担されておりまして、

私は主に「炊事」を、妻は「洗濯」を、「掃除」は気づいた方が勝手にやる

‥という具合になっています。

 しかし、妻が仕事で忙しいときなどは「夜干しした洗濯物」を朝に取り込んで

山のようになった洗濯物を部屋に残したまま急いで出勤‥という日もありまして、

そんな場合にはポイント稼ぎに「たまには畳んでやるかぁ」と、ノロノロと洗濯物を

畳むこともあります。

 山のような洗濯物を前に、先ずは「バスタオル&洗顔タオル」を畳みます。

タオルはかさ張るので、これを畳んでしまうと一気に洗濯物の山が小さくなって

くれるので、とても気分が良いのです。

 同じように、サイズの大きい「私の衣類」を畳んでしまうと、山は見る見ると

小さくなっていき、「楽勝楽勝」と鼻歌も出てきたりします。

 「娘の衣類」は多くが2回か3回折るだけなので、これも簡単に進むのですが、

気がつくと、最後に残るのは必ず「妻の衣類」だけだったりします。

 ‥私もだいたいこのぐらいで畳むのに飽きはじめてしまいまして(笑)、しかも

女性物の衣類はどれもペラペラ、テラテラしていて畳みにくいものばかりで、

畳む手も自然と躊躇しはじめます。

 また、このあたりで娘がオシッコやウンチを漏らしたり、イタズラしはじめたりと、

なにかしらトラブルをおこすので、ここで「洗濯物を畳む作業、強制終了!」

‥となることが多いのです。

 結果「妻の衣類だけが部屋に散乱している」という光景が必然的に生まれて

しまうのですが、これが、帰宅した妻の目には「嫌がらせ」にしか見えないわけ

ですね(笑)。

 「親切心が仇となる」とは正にこのことですが、一度その話しをしたところ妻も

笑いだしまして、今では「気が向いたらタオルだけ畳んでくれれば良い」という

結論になりました。

 このところ「木工」とは関係ない話題ばかりで恐縮ですが(笑)、ラトル工房は

ひたすら御注文に対応する毎日となっております。

 次週はお知らせできることがあると思いますので、お楽しみに。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« ディズニーランドに行った職人 | トップページ | 積み木を作る職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯物を畳む職人:

« ディズニーランドに行った職人 | トップページ | 積み木を作る職人 »