« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

2008年を振り返る職人

 2008年の「ラトル工房ブータレブー」も、本日「仕事納め」となりました。

 年内の納品は全て終わっているので、あとはゆっくりと作業場の片付けでもして

‥と思っていたのですが、昨日から妻がインフルエンザで寝込んでしまいまして、

その看病と保育園も終わってしまった娘の世話とで、なんとも仕事どころではない

「仕事納め」となりました(笑)。

 今年もいろいろありましたが、1年目ほどのドタバタもなく、かなり落ち着いた

気持ちで運営することができました。売上が爆発的に拡大したというわけでは

ありませんが、なんだかんだで‥

 課題にしていた「オーダーメイド商品(なまえのつみき)」も発売し、

 待望の販売店様も1件増え、

 なによりも心配していた娘のオムツも(だいたい)卒業となり、

‥すべて12月ギリギリの出来事だったりするのですが(笑)、「木の年輪」に

例えれば1ミリにも満たない成長かもしれませんが、確かな「積重ね」には

なったのではないか‥と自負しております。

 来年は1.5ミリぐらいは成長できるように頑張りたいと思います。

 年明けは1月5日(月)からの営業となりますが、ネットショップは年末年始も

休まず受付しておりますので、お気軽に御利用ください。

 来年、さ~ん年目に突入する「ラトル工房」を、よろしくお願い致します。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

ままごとキッチンを作る職人

 昨夜は「手作りケーキ」や「ローストチキン」を囲んでクリスマスを祝いました。

 妻が料理やケーキの準備をしているのを娘も一緒に手伝っていたのですが、

準備をしながらアレコレと「つまみ食い」をしていたようで、いざ料理が完成した

ときにはすでに満腹‥と(笑)、なんとも娘らしいクリスマスとなったようです。

 そんな料理好き(‥と思われる)娘へ、父親からのクリスマスプレゼントとして、

今年は「木のキッチン」を作ってやりました。

Blog0812251 ←これです。

 当日ギリギリの完成になってしまったの

 ですが、なんとかそれらしい形になりました。

 本当は「フライパン」や「調味料入れ」などの

 備品も作ってやろうと思っていたものの、

 さすがにそこまで時間を割くことができず、

ひとまずフライパンだけは近所でみつけた「一番小さい本物のフライパン」を流用

しました‥が、鉄製でものすごく重いです(笑)。

 

Blog0812252   その重いフライパンを「よっこらしょ」と持ち

 上げるといつもの「ニッコリ顔」が現れます。

 ひきだし式のグリルもちゃんと開き、食材が

 収納できるようにしました。

 

 

 一緒に写っている「さかな」や「スイカ」などの食材はお世話になっている

ベネッセさんの「こどもチャレンジ用教材」なのですが、このデザインや試作も

「ラトル工房」で協力させていただいたものなので違和感はないと思いますが

‥どうでしょうか(笑)。 

 今までに作ったことのない大物で四苦八苦してしまいましたが、娘にも喜んで

もらえたようなのでプライスレスです。父親の威厳は保たれました(笑)。

 

Blog0812253 ←料理好きな女性に育ってくれることを

  願っております。

 

  『ラトル工房ブータレブー』

  http://www.bootaleboo.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

サンタクロースに悩む職人

 今年の「クリスマスシーズン」も、多くの方に御注文をいただくことができました。

 シーズン前の準備が功を奏したようで、昨年のようなパニックに陥ることもなく(笑)、

穏やかな気分で、木のおもちゃ作りに勤しんでおります。この時期の作業はなんとなく

「サンタクロース」になったような気分になれるので嬉しいのです。

 「サンタクロース」というと、今は亡き「父親」をどうしても思い出してしまいます。

 私が3~4歳のころ、通っていた保育園でひらかれた「クリスマス会」に突然

「めりぃーくりぅまぁーす!」と言いながら大きなサンタクロースがやってきました。

 私も他の園児達と一緒に疑いもなく「サンタクロースが来てくれた!」と大喜び

だったのですが、しばらくすると「おっほっほ」と言いながらサンタが私のほうに

近づいてきて、小声で

 「おぅっ、父さんだぞっ、わかるか?‥お父さんだぞっ、おぅっ」

と、明らかに父親以外のなにものでもない言葉を発したのです(笑)。

‥これには幼児ながらに唖然としてしまいまして、それ以来「サンタさんが来てくれる

から靴下をぶらさげてプレゼントを待ってようね‥」という類の話しには、いっさい耳を

かさない、ひねくれた子供になってしまったように思います。

 今でもその「おぅっ、父さんだぞっ」という言葉を思い出すと苦笑してしまうのですが、

いざ自分が父親になってしまうと、「子供を楽しませようと一生懸命だったのだろうなぁ」

と共感できてしまうから不思議です。

 今年のクリスマスはサンタクロースの格好をして娘にプレゼントを渡してやるべきか、

真剣に悩みながら作業をしている今日この頃です(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

娘の和服に見惚れる職人

 仕事でもお世話になっているベネッセさんのHPにて、毎年恒例となっている

赤ちゃんの「2008年名前ランキング」が発表されました。

 木のおもちゃに「名前入れ」のサービスをしている「ラトル工房」としましては

とても興味深く拝見させていただいたのですが、さっそく内容を見てみると‥

 【男の子】1位:大翔(ひろと) 2位:蓮(れん) 3位:悠斗(ゆうと)

 【女の子】1位:葵(あおい) 2位:結衣(ゆい) 3位:陽菜(ひな)

‥と、トップ3はこんな感じでした。

 漢字だけをみると「ずいぶんと凝った名前が多いなぁ」と思ってしまったのですが、

ひらがなにすると、どれも見覚えのある名前ばかりのような気がしまして、さっそく

過去の「名前入れ実績」を確認してみたところ、トップ10内は全て「名前入れ」の

対応をしておりました。ベネッセさんの「リサーチ力」‥恐るべしです(笑)。

下記HPにはトップ100まで掲載されています。

■ベネッセ『2008年名前ランキング』

 http://women.benesse.ne.jp/event/hakase/rank2008/namae.html 

 ことわざで「名は体をあらわす」と言いますが、近頃、うちの娘を見ていると

「恐ろしいほど名前がピッタリな子供に育ってきたなぁ」と思うことがあります。

 娘は「いかにも日本!」といった少し古めかしい名前なのですが、先週末に

「七五三」の写真撮影で初めて着た「和服」の似合うことったらないのです(笑)。

 もちろん単なる親バカで「カワイイ」と思っているだけかもしれないのですが、

同じく撮影で着てみた「パーティードレス」もカワイイと思えたものの感動するまで

には至ることができず、やはり「和服」のほうが強い印象をうけました。

‥だからといって名前に「ジェシカ」とか「ステファニー」と付けていればドレスの

ほうが似合っていたかというと、そんなわけはないのですが(笑)、父親としましては

 「このまま和服美人に育ってくれるとよいなぁ、京都でも案内してくれると良いなぁ」

‥と、またバカ丸出しなブログを書いてしまう次第です。

 皆様に御見せできないのが残念でなりません(笑)。

【お知らせ】

 『ラトル工房ブータレブー』ではクリスマスイブ(12/24)までの商品到着をご希望の

 場合は12月16日(火)までの御注文をお願いしております。

 ご協力をよろしくお願い致します。

 

 『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

お店へ納品に行く職人

 昨日は、新たに「ラトル工房」の商品を取扱いいただけることになったお店へ、

納品に行ってまいりました。

 休日だったこともあり、なぜか家族3人でドカドカとお邪魔するかたちになって

しまいまして、商談中に出していただいた「草もち」を娘が知らない間にバクバクと

食べてしまうような状態でしたが(笑)、嫌な顔ひとつせずに対応していただいた

オーナーさんとその旦那さんには、心から感謝いたします。

 新しいお店は、東京の向島にある「レザークラフト&アトリエ 工房 鳩の目」さん

というお店です。

 この周辺は私も初めて訪れまして、一見した感じは‥失礼ながら(笑)街中にある

「寂れた小さな商店街」といったイメージなのですが、いざ商店街を周ってみると、

「鳩の目」さんのようなアトリエや、オシャレで雰囲気のあるカフェなどが点在しており、

なんとも不思議な空間となっておりました。

 近頃は雑誌やテレビの取材要望も多いようで、私達が商談をしていた最中にも

テレビ局が撮影依頼に来たりもして、「いやぁ、良いお店に置いてもらえたなぁ」と

妻とつくづくと話しをしながら、お店を後にしました。

 東武伊勢崎線の曳舟駅から徒歩4~5分ほどですので、近隣の方はぜひ御来店

ください。「工房 鳩の目」さんのHPはこちら。

 『工房 鳩の目』 : http://hatonome.blog19.fc2.com/

 昨年は「雑誌掲載」というドーピングがあり(笑)、さらにこの不景気なご時勢なので、

正直なところ「今年の年末は大丈夫かなぁ」と不安に思っておりましたが、ありがたい

ことに11月末からは「御注文」と「特注のご依頼」が相次いでおりまして、ひたすら

嬉しい悲鳴をあげながら作りつづけているような毎日です。

‥娘への「クリスマスプレゼント」の製作が進んでいないことだけが、唯一の気掛かり

ではあります(笑)。

 

Blog081207 ←ネットショップではお伝えできない「肌触り」や

 「音」を、ぜひお店で体感してみてください。

 

  『ラトル工房ブータレブー』

  http://www.bootaleboo.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

積み木を作る職人

 ネットショップにて新商品「なまえのつみき」を発売させていただきました。

 ご希望のお名前で作成させていただく「アルファベットの積み木」で、ラトル工房

では初の「オーダーメイド商品」となります。

 この商品はもともと、昨年の今頃、娘に作ってやった「クリスマスプレゼント」が

元になっておりまして、このブログでも(本当にチラッとですが)紹介させていただき

ました。

 その後、いろいろな方から「あれは商品にならないの?」というお言葉をちょくちょく

いただくようになり、実際に「テスト販売」というかたちで作成させていただいたことも

あったのですが、なかなか納得がいかずに試行錯誤を繰り返しまして、一年越しで

ようやく販売に漕ぎ付けた‥という次第です。

 当初は「積み木なんて切るだけで簡単♪」という安直な気持ちがあったのですが、

いざ作ってみるとこれが結構な強敵で(笑)、娘と実際に遊んでみたり、図面をひいて

みたりする度に「こうすればもっと良くなるんのではなかろうか?」と気がついてしまい、

また最初から図面をひきなおす‥ということを繰り返しておりました。

 とくに「深いなぁ」と思ってしまったのが「積み木の重さ」で、「かさばるから軽い木材

のほうが良いだろう」と、当初は比重の軽い「ヒノキ」を選んで使っていたのですが、

いざ遊んでみると、軽い木だとあまり高くは積めないのですね(笑)。

 最終的に選んだのは、ラトル工房でもメインで使っている「ブナ材」となりまして、

お陰で、当初のものに比べて質感も精度もかなりグレードアップしました。

‥お陰で少し「お高めの商品」になってしまいましたが(笑)、価格に見合う商品内容と

なっておりますので、興味のあるかたは是非ネットショップを御覧下さい。

 今年の新商品はこれで最後です。

 次の新商品がいつになるのかは内緒ですが(笑)、半年かかろうが、1年かかろうが、

ずっと「良いおもちゃ」だと思える作品だけをネットショップには並べていきたいと思って

おります。次の作品もお楽しみに‥。

 

Blog081201 ←「16ピース」&「24ピース」の

  2種類を用意しました。

 

  『ラトル工房ブータレブー』

  http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »