« お店へ納品に行く職人 | トップページ | サンタクロースに悩む職人 »

2008年12月11日 (木)

娘の和服に見惚れる職人

 仕事でもお世話になっているベネッセさんのHPにて、毎年恒例となっている

赤ちゃんの「2008年名前ランキング」が発表されました。

 木のおもちゃに「名前入れ」のサービスをしている「ラトル工房」としましては

とても興味深く拝見させていただいたのですが、さっそく内容を見てみると‥

 【男の子】1位:大翔(ひろと) 2位:蓮(れん) 3位:悠斗(ゆうと)

 【女の子】1位:葵(あおい) 2位:結衣(ゆい) 3位:陽菜(ひな)

‥と、トップ3はこんな感じでした。

 漢字だけをみると「ずいぶんと凝った名前が多いなぁ」と思ってしまったのですが、

ひらがなにすると、どれも見覚えのある名前ばかりのような気がしまして、さっそく

過去の「名前入れ実績」を確認してみたところ、トップ10内は全て「名前入れ」の

対応をしておりました。ベネッセさんの「リサーチ力」‥恐るべしです(笑)。

下記HPにはトップ100まで掲載されています。

■ベネッセ『2008年名前ランキング』

 http://women.benesse.ne.jp/event/hakase/rank2008/namae.html 

 ことわざで「名は体をあらわす」と言いますが、近頃、うちの娘を見ていると

「恐ろしいほど名前がピッタリな子供に育ってきたなぁ」と思うことがあります。

 娘は「いかにも日本!」といった少し古めかしい名前なのですが、先週末に

「七五三」の写真撮影で初めて着た「和服」の似合うことったらないのです(笑)。

 もちろん単なる親バカで「カワイイ」と思っているだけかもしれないのですが、

同じく撮影で着てみた「パーティードレス」もカワイイと思えたものの感動するまで

には至ることができず、やはり「和服」のほうが強い印象をうけました。

‥だからといって名前に「ジェシカ」とか「ステファニー」と付けていればドレスの

ほうが似合っていたかというと、そんなわけはないのですが(笑)、父親としましては

 「このまま和服美人に育ってくれるとよいなぁ、京都でも案内してくれると良いなぁ」

‥と、またバカ丸出しなブログを書いてしまう次第です。

 皆様に御見せできないのが残念でなりません(笑)。

【お知らせ】

 『ラトル工房ブータレブー』ではクリスマスイブ(12/24)までの商品到着をご希望の

 場合は12月16日(火)までの御注文をお願いしております。

 ご協力をよろしくお願い致します。

 

 『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« お店へ納品に行く職人 | トップページ | サンタクロースに悩む職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘の和服に見惚れる職人:

« お店へ納品に行く職人 | トップページ | サンタクロースに悩む職人 »