« ウンともスンともな職人 | トップページ | お裁縫をする職人 »

2009年1月28日 (水)

おもちゃに声をかける職人

 近頃、御注文いただいた商品が完成して「ギフトボックス」に梱包するとき、

商品に対して「がんばってこい!」とか「元気でな!」と声をかけてから封を

してることに気がつきました。

‥また「いい人」ぶっているように思われてしまうかもしれませんが(笑)、やはり

「いちから自分で作り出したモノ」なので、どうしても愛着が湧いてしまいますし、

さらにどの商品にも「ニッコリ顔」が付いているので、擬人化しやすいのですね。

 ピノキオを作った「ゼペットじーさん」の気持ちがなんとなくわかります。

 その「ゼペットじーさん」ですが、うちの娘はどこでどう間違ってしまったのか

「ペロットじーさん」という名前で覚えてしまいまして、ディズニーランドのパレード

でも、一生懸命「ペロットじぃーさーんんん!!」と大声で叫んでいました。

 「ゼペット」と「ペロット」‥確かに使っている文字は80%合っているのですが、

少しの違いでこれほど印象が異なってしまうから面白いものです。

 ペロットじーさん‥‥いったい何をペロッとしているのでしょう(笑)。

 想像するだけで苦笑いしてしまいますが、「ペロット」に「じーさん」が付くだけで、

途端に下品でお下劣なイメージが湧いてしまうあたり、自分の「スケベ心」を

暴露しているようで、このブログ前半の「いい人」ぶりがすっかり台無しです(笑)。

 もうすぐ37歳になろうかという男が「私はスケベではありません!」と断言する

ほうが異常だと思いますが、少なくとも「木のおもちゃ職人」でいるときだけは、

健全な人間でありたいなぁ‥と思っております(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« ウンともスンともな職人 | トップページ | お裁縫をする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃに声をかける職人:

« ウンともスンともな職人 | トップページ | お裁縫をする職人 »