« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月26日 (木)

本が読みたい職人

 この一週間は、本当にあっという間でした。

 御注文の対応でひたすら「木のおもちゃ」を作りつづけ、

 4月のOZONEクラフトマーケットの「出展者説明会」に参加し、

 その合間をぬって、何冊も貯まってしまった「読みたい本」を読み漁り、

…途中、おもわず作業を止めて「ワールドベースボール」の決勝を見てしまったりも

したのですが(笑)、1日24時間では足りないほど充実した一週間でありました。

 その「読みたい本」ですが、私は「本」を読むのが好きで、毎日なにかしらの本を

手にしていなくては我慢ならない性格のようです。

 「情報誌、小説、エッセイ集、画集、漫画…etc」と好みはメチャクチャなのですが、

この数日は、先週購入した宮崎駿さんの『折り返し点(発行:岩波書店)』という

本を読んでいます。

 宮崎さんの対談やエッセイをまとめた本なのですが、時には頑固で、時には

開き直って…と感情がもろに文章に出ていて、読んでいて面白いのです。

 まだ読んでいる途中なのですが、先日読んだページに『健康な野心』という

言葉が出てきまして、思わずグッときてしまいました。

 「おもちゃ」の開発をしているとよく「夢のある仕事ですね」と言われるのですが、

仕事にしている以上は現実的に考えなくてはいけないことも多く、「良いおもちゃを

作りたい」と思うと同時に「ついでにお金も儲けたい」という感情がないといったら

やはりウソなのですね(笑)。

 なので「夢のある仕事」と言われると気恥ずかしい気持ちを抱いていたのですが、

「ものを作る人間には野心が必要だ」という宮崎さんの言葉を読んで、「なるほど、

これは野心なのか、持つぐらいが丁度良いのか」と、勇気付けられた気がします。

…まぁ、勝手に解釈して勝手に喜んでいるだけなのですが。

 娘がもう少し成長すれば、一緒に並んでそれぞれの本を読めるようになるので

しょうが…現在では一緒にいると「遊べ遊べ」と1ページも読ませてもらえません。

こういう時だけは「成長を早回しできればよいなぁ」と、つい思ってしまいます(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

イベントに出展する職人

 いきなりお知らせとなりますが、4月29日(水)~5月10日(日)のGW期間に

「新宿OZONE」にて開催されるイベント『OZONEクラフトマーケット2009』への

出展が決定しました!

 「ラトル工房」としては3年目にして初のイベント出展となるのですが、200組の

クラフトクリエーターの作品が集う楽しいイベントとなっております。

 お時間の合う方は是非とも来場のうえ、「ラトル工房」も含め様々な作品をご覧

いただければ幸いです。イベントについて、詳しくはこちらのHPをご覧ください。

 ■OZONEクラフトマーケット → http://www.ozone-craft-m.com/index

 今回のイベントは「販売するところ」「展示だけのところ」と出展者によって様々な

形態で行われるのですが、わがラトル工房は「小スペースでの展示のみ」とさせて

いただきました。

 もともと「ネットショップ」での販売を主体としているので、そのHP紹介と商品の

実物をいろいろと見ていただければ十分かなぁ…と思って選択してみたのですが、

もうひとつ、昨年の実績をみると「子供の日」を控えるこの時期は嬉しいことに

御注文が毎年集中する傾向にあるようでして、イベント会場で接客するのは難しい

かもしれないなぁ…という、3年目ならではの「深読み」も混ざっています(笑)。

 

 先ほどから「3年目、3年目」とくりかえし書いてしまいましたが、3年目となる

今年は、昨年までは出来なかった「新しいこと」に積極的に取組んでみたいと

思っておりまして、根本的に「出不精」の性格にムチをいれ、今回のイベントへの

参加を決意した次第です!

 …まぁ、決意したからといっても出展は「抽選方式」なので、必ず出展できるとは

限らなかったのですが(笑)、無事に選んでいただいてホッとしているのが正直な

ところです。

 「展示のみ」とは言うものの、昨年は約5万人の御来場があったというイベント

ですので、もちろん手を抜くことはできません。

 さっそく規定となっている展示スペース(450mm×450mm)のサイズに紙を切り、

商品を乗せてみたところ…赤ちゃんサイズの「木のラトル」や「はがため」をいくつ

乗せてみても全然埋まりません(笑)。

 しばらくはこの課題で悩みそうです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

誕生日プレゼントを作る職人

 娘の「3歳の誕生日」に何をプレゼントするかで、先週は悩んでおりました。 

 とくに「木のおもちゃ」に限定しているつもりはないのですが、考えれば考えるほど

「この子だけのもの」を作ってやるのが、私が父親として今してやれる最大限のこと

なのかなぁ…と思ってしまいまして、結局は今回も「木のおもちゃ」をプレゼントする

ことになってしまった次第です。

 さすがに、ミシンを覚えたからといって「ワンピースを作ってやろう」という気には

なれませんでした(笑)。

 考えがまとまれば作るのは早いものでして、近ごろ娘が大好きな「パズル遊び」を

ラトル工房風にデザインして、ドタバタと完成したのが…

Blog090311 ←これです。

  題して『木の似顔絵パズル』です。

 

 

 

 

 似顔絵はあまり得意ではないので、娘の写真をイラストレーター(パソコンソフト)で

なぞって図面をひきました。リアルすぎると生首のようで気持ち悪いので、イラスト調に

抑えてみたのですが…どうでしょう?

 昨年にプレゼントした「ザクザク切れる木のバースディケーキ(写真奥のもの)」と

同じく、作業場にあった端材から作ってしまったのですが(笑)、材料の有効活用

…というよりも、端材であれば失敗を恐れず気兼ねなく使えるので、今回のように

初めてチャレンジするような作品にはもってこいだと思います。

 ただし「端材」といっても、今回使った木材は「マホガニー」「チーク」「メープル」と

高級木材ばかりでして、贅沢な作品と言えなくもありません。

 さっそく先週末にプレゼントしたところ喜んでくれたようで、いまでも繰り返し遊んで

くれています。さすがに自分の顔に落書きはしないだろうなぁと思っているのですが

…はたして(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

お弁当を作る職人

 以前にブログでも書かせていただいた「お料理教室」の模様が掲載された雑誌、

「かぞくのじかんVol.07(発行:婦人之友社)」が、本日(3/5)発売されました。

 「お父さんミーティング」というページに、「いち読者」として参加させていただいた

のですが、その割には編集者さんにワガママを言って「ブログのアドレス」の宣伝を

させていただいたりもしています(笑)。

 とても楽しい雑誌ですので、本屋さんで見かけたらのぞいてみてください。

 その記事の中でもコメントさせていただいたのですが、2年ほど前から妻が会社で

食べるための「お弁当」を私が作っています。

 必要ないときや、仕事が忙しいとき、私の機嫌が悪いとき(笑)など作らない日も

あるのですが、それでも平日の3分の2は作っているのではないでしょうか?

 …こう書くと、そうとう尻にひかれているように思われてしまうかもしれませんが、

むしろ「朝食と弁当は作ってやるから、今の木工作家を続けさせてくれ!」という、

妻に対してなかば「無言の圧力」をかけている…と言ったほうが合っているかも

しれません(笑)。

 そうは言っても朝食に作ったものをそのまま弁当箱に詰めているだけなのですが、

そもそもが見栄っ張りな男なので、それなりに彩り豊かな「見栄えの良い弁当」を

心がけています。

 家計にも、妻の健康にもやさしく、さらに娘にしっかりとした朝食を出してやることが

できる…しかもこんな風に雑誌にまで掲載していただけたのですから、早起きも苦に

ならないというものです。

 「お弁当」にしても「木のおもちゃ」にしても、私は朝から晩まで何かしら作っていないと

気がすまない性格なのだと思います。その性格を活かすことができている今の生活が、

とても幸せなのです。

 

Blog090305 ←朝日で撮影した「雑誌」と

 「本日の焼肉弁当」です。

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »