« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

ガブッチョで遊ぶ職人

 明日からもう10月…ということで、ラトル工房のネットショップでは毎年恒例となり

ました年末限定『クリスマス特別セット(税込6510円)』を発売させていただきました。

 

Blog081016 ←「サークルラトル・星」と「はがため・雪」が

  セットになっています。

  もちろん「名前入れ」も承ります。

 

 

 

…「気がはやい」という言葉が聞こえてきそうですが(笑)、毎年この商品を発売

すると否応なしに「年末モード」に突入することができるので丁度良いのです。

 赤ちゃんへの『初めてのクリスマスプレゼント』として、ぜひ!

 話はぜんぜん変わるのですが(笑)、みなさんは『ガブッチョ魚釣りゲーム』という

おもちゃを知っていますでしょうか?

 円盤のクボミに魚が数匹埋もれていて、円盤が回ると魚が口をパクパクしながら

上下するので、それを竿で釣り上げる…という昭和のアナログゲームです。

 先週末に田舎に帰郷したときに娘が押入れから引っぱり出してきまして、甥っ子と

一緒に夢中で遊んでいたのです。

 私もしばらくぶりに遊んでみたのですが、1個のモーターと簡単なギヤ構造だけで

魚がヒョコヒョコと上下する動きに「本当に良く出来てるなぁ~」と、あらためて関心

してしまいました。

 その「ガブッチョ」ですが、じつは私が以前に勤めていたオモチャの開発会社の

上司が昭和54年(玩具通信調べ)に企画開発したものでして、その人は私に

とっては「おもちゃの師匠」のような存在なのです。

 部下であった当初は、正直なところ「アナログよりもハイテクな玩具」にばかり

目が行っていたので、その上司の考えかたに反発ばかりしていたのですが、

そんな私に、昼食を食べながらこんな話をしてくれたことがあります。

 

 「ラジコンというと無線式のコントローラーばかりを考えてしまうけど、

  有線式(自動車とコントローラーがコードで繋がっている)のほうが

  3~4歳の子供には遊びやすいこともある。

  操作がへたくそでも強引にひっぱて進行方向をかえられるし、

  自動車がベットの下に潜ってしまってもコードをたぐれば取り出せる。

  コントローラーを紛失することもないし…なによりも安くできるしな(笑)。

  大事なのは技術じゃなく、子供がどうやってそれで遊ぶかを想像することだな」

 

…当時は、失礼にも餃子をガツガツ食べながら聞き流してしまったのですが(笑)、

おもちゃを作る仕事を続けているうちに、この言葉に徐々に重みを感じるように

なりました。

 今では木のおもちゃ…しかも「赤ちゃんのラトル」という極端にアナログな玩具を

作るようになってしまいましたが、「子供がどうやって遊ぶか、どうやって使うかを

想像する」という工程は、今でもとても大事だと思っています。

 ちなみにその上司、すでに引退して伊豆の海辺に家を建ててノンビリしていると

聞いていたのですが、今年の「東京おもちゃショー」で足早に会場を見学しながら

明らかにアイデアを練っている姿を見かけました。

…この仕事は、なかなか足が洗えるものではないのですね(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

変なカレーを作る職人

 「シルバーウィーク」の連休中、妻が娘をつれて実家に帰郷してくれたので、

一人で独身気分をまったりと楽しむ…予定だったのですが、宿題あり、年末の

準備もありで、なんだかんだで気持ちが落ち着かず、結局は工房で作業を進めて

しまいました。

 なので今週はとくに「ブログネタ」も思いつかなかったので、またB級グルメネタで

お茶を濁らせていただきます(笑)。

 子供がいると、どうしても夕飯に『カレー』を食べる率が多くなってきます。

 作るのが簡単で、野菜も摂れて、しかも確実に子供が完食してくれるから…という

安易な理由によるものですが、さすがに毎週食べていれば飽きもきます。

 しかも娘の手前あまり辛くできないので選ぶカレールーも「甘口」。大人からすると

イマイチ物足りないので、いろいろ工夫するようになりまして…

  みじん切りにして炒めたニンジンを山ほどいれた『にんじんカレー』…とか、

  ニンニクとケチャップを効かせた『アーリオ・オーリオ風カレー』…など、

いろいろとレシピも増えましたが、なかでも妻にも娘にも評判が良いのがインドの

カレーをマネして作った『サグカレーもどき(ほうれん草カレー)』です。

 例のごとく調子にのって作り方を説明してしまうと(笑)

【材 料】ほうれん草×1~2パック、タマネギ×1/2個、トマト×1個、

      コンソメの素×1カケ、カレールー(メーカーはお好みで)×1/4個

【作り方】

 ①ほうれん草を茹でて適当に切り、ミキサーでドロドロにする。

 ②トマトを切ってミキサーでドロドロにする。

 ③タマネギをみじん切りにして多目の油で飴色になるまで炒める。

 ③全てを鍋に入れて1/2カップ程度の「水」と「コンソメの素」をぶっこむ。

 ④軽く煮立ったら火を止めて、カレールーを入れてよく混ぜる。

 ⑤軽く2~3分ほど煮込んだら完成!

 さらに「ローストした鶏肉」や「ゆで卵」などを添えるともう最高!…と、我ながら

ブログになに書いてるのだろうと悩んでしまいますが(笑)、白米にかけても、

食パンにつけて食べても美味しいこと「間違いなし」ですので、お試しを。

 …ということで昨晩、実家から帰ってきた妻が夕食でこの『サグカレーもどき』を

作ってくれました。

 「出来たよ~」と呼ばれて食卓に出てきたのが、これです。

 

Blog090922 ………………………

…………なぜアフロ?

……………具志堅?

 

 

 

 味は美味しいのですけどね、こんなカレーを作るのは世界で彼女ぐらいだろうと

つくづく思ってしまいました。 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

指輪スタンドを作る職人

 来月に知人の結婚式が行われることになっているのですが、その式の参列者に

配る『贈呈品』として、この数日こんなものを作っています。

Blog0909161 ←木の『指輪スタンド』です。

 

 

 

 

 

 この『指輪スタンド』は、もとは妻の誕生日プレゼントとして作成したものでして、

妻の「ダチョウが好き」という変な趣味に合せて冗談半分でシュールにデザイン

したのですが(笑)、知人にもなぜか気に入られてしまったようでして、挙式の

『贈呈品』として30個ほど依頼を請けた次第です。

 単純に「ギミックもないし、糸ノコで切って角を丸めるだけだから簡単だろう」と

安請合いしてしまったのですが、いざ作業をはじめてみると…いやはや見事に

進まないのです(笑)。

 もともと「冗談半分」のデザインなので『量産』のことなどなにも考えていなかった

ものですから、切るのも削るのも慎重に進めていかないとすぐに「ポキッ」と折れて

しまいそうな作業ばかりでして、「一品モノ」ならそれでも良いのですが、やっぱり

「量産」が必要なときは、しっかり設計してから作らないとダメだなぁ…と、今回は

本当に思い知らされました。

 30個…完成まで先は長いのです(笑)。

 まだまだ仕上げの作業が残っていますが、ようやく10個ほど形になったので

喜んでテーブルに並べてみたところ…

Blog0909162

 

 

 

 

 

 

………複数になって、シュールさが倍増して見えるのは気のせいでしょうか?

 なんというか、ちょうどいま仕事の合間に遊んでいる「ドラクエ」のモンスターとして

出てきてしまいそうな、あるいはレベルが低いうちは近寄りがたい怪しい森のような

…これって結婚式の贈呈品として大丈夫なのでしょうか(笑)。

 製作者ながら心配になりつつ、今日も残りの20個の作成を進めたいと思います。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

動画をみつけた職人

 昨日インターネットで調べ物をしていたところ、偶然にも、以前に私が出演させて

いただいたテレビ番組『家族の時間』の動画を見つけてしまいました。

 番組スポンサー「日本サムスン」さんのHPで、もともと5分弱の短い番組では

ありますが、ちゃんと全編を視聴できるようになっていました。

…世の中、便利になったものですね(笑)。

ちなみにHPはこちらです→ 家族の時間 『新米パパのおもちゃ工房』

 この番組は3年前の冬に放映されたもので、撮影当時は前職を辞める間際で

『ラトル工房ブータレブー』を開業するために試行錯誤をしていたころでした。

あらためて番組を観てみると

 「ものすごい環境で作業していたのだなぁ」…とか

 「自分はストレス太りでテカテカしていたなぁ」…とか

 「娘はこんなに小さくて無害だったのだなぁ」…とか

 「妻は」………殴られそうなので感想は避けますが(笑)

3年という月日で随分と変わるものなのだなぁ…と、しみじみ思ってしまいました。

 幸いなことに、「工房」にしても「娘の成長」にしても、どの変化も「向上」してくれて

いるので安心して観ることができたのですが、一歩間違えれば独立開業に失敗して

「このころは良かったなぁ」などと言いながらジメジメと観ていた可能性もあるわけで

…予断は許しませんが(笑)、とりあえずホッとしています。

 なんにしても、こうやって自分の分岐点をプロの方々に撮影していただけたのは

本当に幸せなことだと思います。

 ちなみに「ラトル工房」で最も御注文いただいている『サークルラトル・花』ですが、

じつはもともと、番組でラトルの種類がたくさんあるようにみせるために、撮影日の

前日に急遽作ったものでした…まさに偶然の産物なのです(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

にぎやかな工房で働く職人

 「総選挙」も終わり、これでようやく静かに作業ができる…と思っていたのですが、

私の地域では引き続いて今週末に「市議会選挙」がありまして、しかも出馬される

人数が20人以上もいるようで、家の前に選挙カーがつぎからつぎへと現れては、

大ボリュームで演説をはじめてしまいます。

 芸能人のゲリラライブは検挙されてしまうのに、こんなゲリラ演説はOKなのか?

…という疑問を持ちつつ、慌しく作業をしている今日この頃です。

 夏のあいだ、何度もくり返し聴いていた「山崎まさよし」の最新アルバムの中に

『Change the World』という歌があります。その一節…

 ♪や~なことは 午前中にやりましょ~ 

 ♪そ~んなことが 世界を変えていく~

…という詩がとても好きで、作業をしながら鼻歌で一緒に歌ってしまいます。

 ものすごくノンキな歌なのですが(笑)、「嫌なことから先にやる、嫌なものから

先に食べる」…が私の性格なので、つい賛同してしまうのですね。

 生活リズムは人それぞれで、朝にめっぽう弱い「妻」などは明らかに私とは

正反対のリズムで動いていると思われますが(笑)、不測の事態が起きやすい

個人事業者の私にとっては、この「♪や~なことは 午前中にやりましょう」は、

理にかなった生活リズムなのではないかなぁ…と思います。

 それともう1曲、同アルバムの『ア・リ・ガ・ト』という歌は、なんと子供が成長

していらなくなってしまった「おもちゃ」の気持ちを歌にしたもので、

 「自分は捨てられてしまうけど、持ち主が成長したのだから喜ばしいことだ」

…という、これまた木のおもちゃを作りながら聴いていると、つい感情移入して

しまうような曲だったりするのです。

 皆さんが同じ気持ちになるとは思いませんが(笑)、どちらも良い曲なので

機会があったら聴いてみてください。ちなみに、どうでもよい話ですが山崎さんと

私は同じ年齢です。

 そんな「のどかなBGM」と「選挙カーの雑音」を聴きつつ(笑)、毎月恒例と

なりつつある、娘の通園バッグに付ける『木のネームプレート』を作りました。

Blog090902 ←今月は「ひょうたん」です。

 ナスにも洋ナシにも見えますが、

 一応「ひょうたん」です(笑)。

 

 

 

 なぜ「ひょうたん」かというと、保育園に行く途中の畑に「巨大なひょうたん」が

実っている畑があって娘が喜んでいたから…という、いたって実もフタもない

理由だったりします…。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »