« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

秋を満喫する職人

 先週は、とても慌しい週末となりました。

 土曜日は娘が通う保育園の「運動会」があり、パン喰い競争で疾走。

Blog0910281

 

 華麗にキャッチ!

 『もちっとマヨネーズパン』という

 微妙な菓子パンをゲット(笑)。

 

 

 運動会が終わった後もそのまま速度を下げることなく、今度は家族ともども

自動車で「秋の軽井沢」へひとっ走り。着くと同時にウェストのキツイ礼服へと

着替えまして、義姉の「結婚式」に参列してまいりました。

 もう、ドタバタです。

 会場に着くと…

Blog0910283

 

 

 なにやら見覚えのあるモノが…

 

 

 

Blog0910282

 

 

 なんだか、あちこちに…

 

 

 

 挙式に向けて作成していたラトル工房の品々が、ようやくお披露目となりました。

 どれも義姉より御注文をいただいたもので、作成に手間取ってヒーヒー言って

いたこともあったのですが(笑)、いざこうして飾られているところを拝見すると、

作者としてはたまらなく嬉しくなってしまうものです。

 嬉しさのあまり、ひたすらパシャパシャと写真を撮りまくってしまったのですが、

そんな浮かれている「父」を尻目に、「娘」はいつになく妙に落ち着いた物腰で、

Blog0910284

 

 …こちらは、どうやらドレスを着たことで

 「お姫様気分」に陶酔しているようでした(笑)。

 

 

  

 正直なところ、社交性のない私は「冠婚葬祭」が若干苦手なのですが、今回の

結婚式は過度な演出もなく、アットホームに楽しめたように思います。

…礼服のウェストがもうちょっと緩ければ、さらに楽しめたのですけどね(笑)。

 この週末は「運動の秋」「食欲の秋」「紅葉の秋」…など、随分と駆け足で秋を

満喫することができました。10月のイベントも無事に終了し、気がつけば今年も

残すところ2ヶ月間のみ(!)なのですね。

 お蔭様でこの数日は御注文数も増えておりますが、はたして今年の年末商戦は

どうなるのでしょうか…乞うご期待!(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

バナナダイエットをする職人

 今週末に親族の結婚式がありまして、参列用の礼服を買わなくてはいけないなぁ

…と思っていたのですが、ちょっと試しに20歳の成人式のときに作ってもらった礼服を

着てみたところ…なんとこれが、サイズピッタリでした。

 たしか数年前に太ってしまい「もうだめ、もう入らない」と諦めていたはずなのですが、

どうもこの数ヶ月の「糸ノコダイエット(前ブログ参照)」が功を奏したようでして(笑)、

変なところで得した気分を味わいました。

 その夜、帰宅した妻に「どうだ!ピッタリだろ!」とウヒャウヒャしながら見せたところ

 「今はピッタリだけど、食事したらウェストが苦しいと思うよ」

…という冷静沈着な意見をいただいてしまいまして、「ならばっ!」ということで、

この数日『バナナダイエット』を続けております(笑)。

 朝食をバナナにするだけなのですが、どうも私の体には相性が良いようでして、

以前にちょっと試したときも(糸ノコダイエットと同時期ということもありましたが…)

すんなりと「ベルトの穴2つ分」は腹がへこんでくれたのです。

 今回も期待しながら黙々とバナナを食しているわけですが、そんな私に妻が一言

 「ズボンのウェストを広げてくれるボタンがあるらしいから、あとで買ってくるね」

…と、明らかに信用のないセリフを残して会社へと出かけていくのでした。

………バナナを握りつぶしたくなりますね(笑)。

 そもそもダイエットの目的からして『礼服を着ていても食事をたらふく食べられる

ようにする!』と、どうも矛盾をはらんでいるような気がしないでもないのですが、

腹は出ているより凹んでいるほうが明らかに良いわけで、「凹んでいればまたなにか

得することもあるだろう」…と、開き直ってバナナを食べ続けている今日この頃です。

 私にあわせて妻と娘の朝食もバナナだけ…というわけにはいかないので、

今朝は『バナナトースト』を作ってやりました。

 

Blog091021 ←たまたま冷蔵庫にあった

  「マスカルポーネチーズ」を

  トッピング。

 

 

 

 思っていた以上に美味しそうに出来上がってしまい、私にとっては「目に毒」な

朝食となってしまいました(笑)。はたして無事にウェストが縮んでくれるのかは、

…我家だけの秘密です。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

新作ラトルを紹介する職人

 本日ネットショップにて、新作『ヴァイオリンのラトル(税込3,990円)』を発売させて

いただきました。今回のラトルは持ち方によって「シャカシャカ」「コンコン」と2つの

音が楽しめる、ちょっとリッチなデザインとなっております(笑)。

 

Blog091014 ←2つの木球が交互に打ち合って

  「コンコン」という音が響きます。

  もちろん音量控えめで、

  赤ちゃんの耳にも優しい音です。

 

 

 商品について詳しくは、ネットショップの商品説明をご覧ください。

 …ということで、しばらくぶりに完全新作のラトルができました。

 なぜ今回『ヴァイオリン』なのかといいますと、もともと開業前に「木のラトル」を

いろいろと試作していたとき、「良い音を出すにはどんな形が良いのだろう?」と

なにかと参考にしていたのが「ヴァイオリン」だったのです。

 音の響きの良さはもちろん、その機能性から生まれた形はとても優美で、こんな

ラトルが作り出せないものかなぁ…とあれこれと試行錯誤して、ようやくできたのが

第1作『うずまきラトル』でした…ずいぶん形は変わってしまいましたが(笑)。

 ちなみに、ラトルのデザインはもちろんのこと、ラトル工房のロゴにまで使っている

「うずまき」ですが、じつはバイオリンの先端にある「スクロール」が元ネタだったり

するのですね。

 

 …ちょっと話しがそれましたが、当時から「単純にラトルをヴァイオリンの形にして

しまう」という案はあったのですが、いざ図面を引いても技能がついていかず(笑)、

長いこと棚上げしていたのです。

 それから3年、自分の今の技量を測るためにもちょうど良いかなぁと思いまして、

今回、再度デザインにチャレンジしてみたのですが…いかがでしょうか?

 偶然にも、2月の『おんぷのラトル』と今回の『ヴァイオリンのラトル』…と、今年の

新作ラトルはどちらも「音楽ネタ」になってしまいました。

 私自身はバンド経験があるわけでもなく、むしろ楽器はまったくもって弾けないの

ですが、なぜか部屋には「クラシックギター」があったりします。昔から楽器への

憧れのようなものを持っているようで、それが今回の作品に表れてしまったのかも

しれません(笑)。

 

 ネットショップの今年の新作はこれで最後となりますが、来年はもっとラトルの

可能性を探っていけたら良いなぁと思っております。

 …が、まずは今回の新商品をよろしくお願いいたします(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

娘の将来を想像する職人

 芸術の秋…だからなのでしょうか、このところ娘が「工作」をやりたがります。

知らない間に私の作業場に入り、『木材』と『アクリル絵具』を両手に抱えながら

 「工作、お願いします!」

…と、なぜか敬語でお願いされてしまうのです(笑)。

 仕方がないので、余っていた『ベニヤ板』をその場で適当に丸く切り出して、

「これに絵具で顔でも描きなさい」と与えてやると小躍りしながら喜びまして、

その後しばらくは、絵筆を持って黙々と作業をしています。

 その顔の真剣なことといったらないのですが、妻いわく「作業中の顔は

父親にそっくり」…なのだそうです。

 そんな娘の姿を見ていると、やはりこの子も将来は私のように「ものづくり」の

仕事につきたいと言い出したりするのだろうかと、根拠もなく想像してしまいます。

 

 「私も木のおもちゃを作る仕事がしたいの!」などと言われてしまったら、

 とりあえず「許さんっ!まっとうな職に就きなさいっ!」と否定してみたりして、

 そしたら「お父さんの分からず屋っ!」とか言いながら娘が出て行ってしまい、

 それで、しばらくは親子断絶状態がつづき(笑)、

 数年後に海外から「アトリエ ぷーたれぷー開業のお知らせ」が届いたりして、

 その手紙に「孫の顔を見にきてください」とコメントが添えられてたりして、

 「しかたがないなぁ」と言いながら、孫のラトルを作って顔を出しに行く、

 …………………………………………………………………みたいな(笑)。

 

 ある程度のところで和解しないと「海原雄山(かいばらゆうざん)」みたいに

なってしまうので、そこはタイミングを計りたいと思います。 

 そんなバカな想像をふくらませている父親をよそに、「できたっ!」と言って

完成した娘の作品がこちらです。

 

Blog091007 ←3歳にしては、じつにサイケデリックな

  色使い、そして迫力の筆使い(笑)。

  

 

 

 

 ちなみに右下は私が見本として作った「自画像」なのですが、明らかに

他の顔に圧倒されてます。やっぱり子供の作品ってすごいです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »