« トイレで哲学する職人 | トップページ | 流行に流されてしまった職人 »

2010年1月27日 (水)

木の恐竜を作る職人

 近ごろ、ネットショップで販売している『木の恐竜』の御注文を多くいただきます。

 今まで『ラトル』や『はがため』に比べるとどうしても脇役的な感じだったので、

「どうして今になって多くなってきたのだろう?」と少し疑問に思っていたのですが、

確定申告の準備のため過去の販売実績をまとめていたところ…なんとなく

理由が解りました。

 『木の恐竜』を御注文いただいた方々の多くが、1~2年前に同じ名前の入った

『ラトル』や『はがため』を御購入いただいていたようでして、成長した赤ちゃんに

あわせて、今度は『木の恐竜』を御注文くださってるようなのですね。

 …いやはや、解った時にはつい表情がほころんでしまいました(笑)。

 『ラトル工房ブータレブー』では、幼児期の発育にあわせて、こんな感じで

少しずつ対象年齢の異なるようなカテゴリーで商品を揃えています。

 ■木のラトル   :  0才~1.5才

 ■木のはがため :  0.5才~2才

 ■木のコロコロ    :    1才~3才 (←「木の恐竜」はこれ)

 ■なまえのつみき : 1.5才~

 ものすごい戦略的なラインナップ!…というわけではなく、単純に娘の成長に

あわせて「木のおもちゃ」を作っていたらこうなった、というだけなのですが(笑)、

今回のように「1年越しの御注文」などをいただいてしまうと、我ながら、結構

理に適った揃え方だったのかなぁ…と思ってしまいます。

 

 調子にのって「ままごとキッチン」や「ドールハウス」など、カテゴリーを

どんどん拡げてしまいそうですが、拡げれば拡げるほど「材料&在庫の確保」

や「生産スケジュール」などの問題も出てきます。

 作家1名で作るには(オーダーメイドや企業様からの試作依頼など一品モノは

別として)今の4種のカテゴリーに留めて、その分、「ラトル」「はがため」といった

今あるカテゴリーの商品を昇華させていくべきではないかなぁと思っています。

 …と言いながら「ポンッ」とカテゴリーが増えることがあるかも知れませんが、

その時は許してください(笑)。

 ちなみに『木の恐竜』、なぜ一般的な「ネコ」や「イヌ」ではなく「恐竜」をデザインに

選んだのかといいますと…単純に「あまのじゃく」なだけです。怖さの微塵もない

「のんきで平和な恐竜」をデザインしてみたつもりですが…いかがでしょうか?

 

Blog100127 ←「ペア(2個セット)」と「トリオ(3個セット)」で

 好評発売中。もちろん「名入れ」も承ります。

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

|

« トイレで哲学する職人 | トップページ | 流行に流されてしまった職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木の恐竜を作る職人:

« トイレで哲学する職人 | トップページ | 流行に流されてしまった職人 »