« 誰かに似ている職人 | トップページ | 祝3周年の職人 »

2010年2月17日 (水)

ファッションが苦手な職人

 確定申告の事務作業をしつつ、テレビで『冬季五輪』を観てしまいました。

 男子フィギュアもすごかったですが、初めて観た「スノーボード・クロス」という

競技が、ビュンビュンピョンピョンとまるでTVゲームの「マリオカート」を観ている

かのようで驚いてしまいました。

…地味な作業など放り出して、私もビュウビュンと滑りたい心境です(笑)。

 毎度のことながら話はまったく変わるのですが、来月で4歳になる我が娘は

近ごろ「着せ替え遊び」に夢中です。

 もちろん「リカちゃん人形」も持っているのですが、夢中になっているのは

数年前に販売されていた『ミルフィーカード』というカード遊びで…じつはこれ、

私がむかし玩具メーカーで働いていた時に企画や開発に参加していた商品の

ひとつなのです。

 透明のカードに印刷された「ジャケット」や「スカート・ズボン」などを何枚も

重ねてファッションを作っていく…という、いたってアナログな玩具なのですが、

開発を担当していた女の子たちの頑張りで、とてもファッションナブルな玩具に

仕上がっていて、私もとても気にいっています。

 

 人形遊びをはじめた娘に1か月ほど前にあたえてみたのですが、これが

みごとにハマってしまい、近ごろは保育園から帰るとすぐにカードを床に拡げ

「このピンクのスカートにはぁ、白いブーツでぇ」などと、もっともらしいことを

言いながら、コーディネート遊びに興じております。

 「小さくても、やっぱり女の子なのだなぁ」とつい関心してしまうのですが、

ここで困ってしまうのが私の『ファッション知識のなさ』でして、

 娘 : 「パパ、このコーディネートどう?」

 父 : 「ハハハ、赤いスカートだね」

 娘 : 「パパ、これ素敵でしょ?」

 父 : 「ハハハ、白くて素敵だね」

…と、「色」の違いしか答えようがないのが正直なところなのです(笑)。

これは以前から妻にも不評でして、がんばって少しコメントを考えてみても

 「上下が黒くて魔女みたいだね」…とか

 「胸元のフリルが胸毛みたいだね」…など

まったく褒め言葉に聞こえないようでして、「あなたにはコメントを求めない」と

妻もあきらめているようです。

 ……わたし、一応「デザイン学校」を卒業しているのですが(笑)。

 美術学校では「工業製品のデザイン」を学ぶ学科だったので、ファッションや

グラフィックのデザインは専門外なのです。

 「このジャケットなんて、ガーリーでゴージャスで…もう素敵すぎるわっ!」

…などとピーコ調でスラスラと言ってみたいものですが、それはそれで

妻は確実に退いてしまうのでしょうね(笑)。

 

Blog100217_2 ←自分が関わった玩具で喜んでもらえる

  ことは、やぱりこの上ない幸せです。

  提供してくれたOさんに感謝を!

  『ラトル工房ブータレブー』

  http://www.bootaleboo.com

|

« 誰かに似ている職人 | トップページ | 祝3周年の職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファッションが苦手な職人:

« 誰かに似ている職人 | トップページ | 祝3周年の職人 »