« 木の恐竜を作る職人 | トップページ | 誰かに似ている職人 »

2010年2月 4日 (木)

流行に流されてしまった職人

 先週末、携帯電話を『i Phone』に電撃的に変えてしまいました。

 私は昔からウィルコム(昔はDDIポケットという名前でしたが)のPHSを愛用して

おりまして、「安いし、メールし放題だし」と理由をつけて使い続けていたのですが、

この数週間、妻が「i Phoneが欲しい、i Phoneに変える」と連呼していたのに感化

されてしまい、つい携帯ショップへ。

 店頭のデモサンプルを「ふん、ふん」などと言いながら数分触って、店をあとに

した時には、もう購入を決めていました。

…「石のように硬い意志」も、じつはプリン並みに柔らかかったようです(笑)。

 この数日は暇を見つけてはその『i Phone』をいじっているのですが、いやはや

スゴイ機械なのですね。

 年末に購入した『Windows7』もウネウネした操作感でしたが、『i Phone』はさらに

輪をかけてウネウネと生き物のように動きます。

 「ウネウネ」が流行なのかは解りませんが、デジタル機器の無機質感が薄まって

効果的なのかなぁ…と思いつつ、このままデジカメからテレビ、さらに道の標識や

看板まで、すべての表示が「ウネウネ」してしまったら酔ってしまいそうだなぁ

…と、せっかくの「最先端のデジタル機器」を持っているというのに、私の考える

ことなど、この程度なのです(笑)。

 一方、一緒に機種変更をした妻は、『i Phoneが赤ちゃんのガラガラになって

しまう追加アプリ』なるものをダウンロードして、「ほら、振ったらカランコロンって

音が鳴るよ~、ラトルだ~」などと言いながらi Phoneをカランコロンと鳴らして

喜んでいました。

 我が夫婦にとってi Phoneは「宝の持ち腐れ」なのではないかと思ってしまう

今日この頃です。

 この2日間ほど、関東でも積もるほどの「雪」が降りました。

 深夜に、i Phoneに入れた「山崎まさよし」の曲を聴きながら雪の街を散歩

してみましたが、いやぁ、本当に良いものですね。

……電話機としてはまったく活かされてませんが(笑)。

 

Blog100204_2 ←パソコンメールが読みやすくて

  実際、とても重宝しています。

 

  『ラトル工房ブータレブー』

  http://www.bootaleboo.com

 

|

« 木の恐竜を作る職人 | トップページ | 誰かに似ている職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流行に流されてしまった職人:

« 木の恐竜を作る職人 | トップページ | 誰かに似ている職人 »