« シャーロキアンな職人 | トップページ | おまけに魅かれる職人 »

2010年4月21日 (水)

披露宴に出席する職人

 先週末、またもや腰回りのキツイ礼服に身を包みまして(笑)、家族3人で

知人の『結婚披露パーティ』に参列させていただきました。

 昨年のブログで「結婚式向けの木工作品(指輪立て)」を紹介しましたところ、

それを読んでいた新婦である知人から要望をもらいまして、今回の挙式でも

「木の作品」を数点作らせていただくことになった次第です。

 会場は池袋の『自由学園明日館』という場所で…なんと国の重要文化財!

かのフランク・ロイド・ライト氏が設計したモダンで洗礼された建物の入口に…

 

Blog1004211 ←なぜか2匹のブタがお出迎え(笑)。

 

 

 

 

 

Blog1004212 ←席につくと、前回と同じくリングスタンドが。

  わが娘がリングガールとして花嫁にこれを

  渡す大役を任されました。

 

 

 

Blog1004213 ←会場内には、新郎新婦の横顔を象った

  木のパズルなまえのつみきなど

  きれいに飾っていただきました。

 

 

 

…いやはや、内装のお陰で作品がとてもよく見えてしまいますね(笑)。

 もちろん挙式も素晴らしく、新郎新婦の「楽しませよう」という気持ちが伝わる

終始笑いの絶えない会でありました。

 

 このたびの新婦は、私が妻と一緒に玩具メーカーで勤めていたときの後輩で、

私が退職し「ラトル工房」を開業した以後も、ことあるごとに注文してくれたり、

周りに宣伝してくれたりと、本当に親身になってくれた女性なのです。

 言ってみれば「ラトル工房」の立役者の1人ともいえるわけでして、今回の

ことで恩返しになったとは思っていませんが、末長く幸せになってほしいなぁ

…と、心から祈っております。

 しかし、このところ一週間がめちゃくちゃ早いです。

 「なんだかこの数日は御注文が集中しているなぁ」と感じていたのですが、

それもそのはず「子供の日」を控えた繁忙期に、いつの間にか突入して

いたりするのですね…正直、油断してました(笑)。

 この繁忙期を無事に乗り越えられたら良いなぁ…と、心から祈っていても

埒があかないので、とにかく頑張って作ります!

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« シャーロキアンな職人 | トップページ | おまけに魅かれる職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 披露宴に出席する職人:

« シャーロキアンな職人 | トップページ | おまけに魅かれる職人 »