« おまけに魅かれる職人 | トップページ | 肩こりに悩む職人 »

2010年5月 6日 (木)

Shadeでおもちゃを描く職人

 今年の「子供の日」も、たくさんの方に御注文をいただくことができました。

 中にはラトルを手に持った「赤ちゃんの写真」を送ってくださったお客様まで!

……いやー、作業の疲れも吹き飛ぶというものです(笑)。

 御注文いただいた皆様に心よりお礼申し上げます!!

 そんなネットショップの運営をしつつ、ラトル工房では大手企業様から御依頼

をいただいた「おもちゃの開発」も、いくつか協力させていただいております。

 「木のおもちゃ」を中心としたデザイン・企画・試作・設計…など、その内容は

結構バラバラなのですが、お陰さまでこちらの御依頼件数も年々多くなっており

御好評いただけているようです…自画自賛でスミマセン(笑)。

 そのデザイン作業で私が多く活用している道具に、「Shade(シェード)」という

グラフィックソフトがあります。

 立体的なイラストを作成するためのソフトで、かれこれ10年以上は使い続けて

いるのですが、近ごろは「木のおもちゃ」のデザイン提案にも役立ってくれています。

試しにひとつ描いてみますと…

 

Blog100506 ←わがラトル工房の一番人気

  「サークルラトル・花」も

  ものの数秒…はオーバーですが

  15分程度でご覧の通り。

 

 

さらに調子にのって…

 

Blog1005062 ←ラトルがわらわらと大増殖(笑)。

 こんな意味不明なシーンも

 アッというまにできてしまいます。

 

 

 

 3Dのグラフィックソフトは他にもいろいろありますが、「垂直&平面」を主体

としてデザインされることが多い「木のおもちゃ」の場合、この「Shade」との

相性はなかなか良いようです。

 もちろんあくまでも「イラスト」なので、実際に触ることができる「試作品」には

敵わないわけですが、作成前の「ワンクッション」として、お客様に企画イメージを

伝える際にとても役立っています。

 もともとは「手書きイラストを描くのが面倒くさい」という不純な理由で覚えようと

したのが正直なところなのですが(笑)、今では自分のワークスタイルに欠かせない

道具となっているのですから、何が役立つかはわからないものです。

 技能は身につけておくものだなぁ…と、しみじみ思ってしまいます。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« おまけに魅かれる職人 | トップページ | 肩こりに悩む職人 »

コメント

こんばんはです。
Shadeは、以前からやろうかどうしようか迷ってるソフトなんです。
・・・・簡単なのかな?
グレードがいろいろあってわからないんですよね。
CADも勉強してみたいし・・・。

10年以上も使われてるなら、手放せないでしょうね。
左上のフォトも、もしかして・・・?

投稿: thuu | 2010年5月 7日 (金) 21時46分

thuu様

いつもコメントありがとうございます!

私が使っているShadeは、数年前に販売されていた
「My Shade」という低価格な簡易版です。
いまでは同じぐらいの金額で「スタンダード版」が
購入できてしまうようですが(笑)、そこまで凝った形を
描くわけではないので必要十分な状況です。

ちなみに左上のラトルは実物を撮影した「写真」なの
ですが…たしかに平面的でイラストのように見えますね。
写真のスキルも身につけたいところです。

投稿: ブータレブー | 2010年5月 8日 (土) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shadeでおもちゃを描く職人:

« おまけに魅かれる職人 | トップページ | 肩こりに悩む職人 »