« ゼリーフライが好きな職人 | トップページ | ネットショップをお休みする職人 »

2010年7月29日 (木)

母親とメイド喫茶を眺める職人

 先週末、埼玉から上京してきた母親をつれて「お墓参り」へ行ってきました。

いまは亡き父親の生まれが東京でして、そのために我が家のお墓も東京に

あるのですが…とにかくこの猛暑なので(笑)、お線香ひとつあげるのにも

汗がダラダラと滴り、厳粛さの微塵もない墓参りでした。

 墓参りも無事終わったところ、母親から「ラジオが壊れたから選んでくれ」と

リクエストをうけまして、その足で秋葉原の電器街へ。

 「買物前にお茶をしよう」ということで、駅前の『喫茶ルノアール』へ入ったの

ですが、通された窓際の席から外を眺めるとなにやら行列が。よく見ると

真向いのビルに『メイド喫茶』があるようで、それに並ぶ男性たちの列でした。

…そんな情景を親子で眺めつつ交わした会話がこちらです。

 

  母 : 「あれかい、メイドさんがお相手してくれるんかい」

  私 : 「お話ししてくれるらしいねぇ」

  母 : 「それで、おさわりもあるのかい」

  私 : 「…ないと思うけど」

  母 : 「じゃあ、細いパンツ(Tバッグだと思われる)はいてるんかい」

  私 : 「…それもないと思うけど…知らん」

  母 : 「へー、なにもないんかい。あのお兄ちゃんたちも大変だねぇ」

  私 : 「……。」

 

…と、来年で70歳になる母親は、どうも「メイド喫茶」に偏ったイメージを

持っているようなのですが(笑)、必要以上に汗をダラダラと流しながら

不機嫌に並ぶ人々を眺めていると、「あのお兄ちゃんたちも大変だなぁ」

という部分には、私も共感せずにいられない秋葉原でした。

 母親をつれて2人だけで歩くというのは本当に久しぶりで、20代のころで

あれば「恥ずかしいから死んでもイヤダ」と思っていたところですが、さすがに

この歳になるとそういった感情も起こらないようです。

 気分はリリーフランキーの映画『東京タワー~オカンとボクと時々オトン~』

のようなイメージを持ちつつ、たまにはこういった親子の交流も良いものだなぁ

と思ってしまいました。

…まぁ、その映画は観たことないのですけどね(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« ゼリーフライが好きな職人 | トップページ | ネットショップをお休みする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母親とメイド喫茶を眺める職人:

« ゼリーフライが好きな職人 | トップページ | ネットショップをお休みする職人 »