« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

失敗作を作る職人

 今年は「ラトル工房の新商品」が中々登場せず楽しみにしていただいている

方々には申し訳ないのですが、けっして現状に甘んじているわけではなく(笑)、

新しいデザインの試みは日々行っております。

 昨日も「これはなかなか良いのではないか?」と期待しながら試作品を

作ってみたのですが…これが見事に失敗作となってしまいました。

 今回の失敗作がこれです。

 

Blog100929 ←題して『ねこの肉球ラトル』

 

 

 

 

 

 

 既存品の『木のはがため・魚』といっしょに手に持たせれば、赤ちゃんが

「お魚くわえたドラ猫」状態になって面白いなぁ…などとイメージをしながら

デザイン~試作と進めてみたのですが、試作品が完成して振ってみたところ

……いやはや驚くほど「音」が小さいのです(笑)。

 

 他の「木のラトル」と違って、「あずき」が入る空洞(肉球の部分)を4つに

分断し、さらにそれぞれ密閉してしまったのが原因と思われるのですが、

まさかここまで音の違いが出てしまうとは思っていませんでした。

 見た目はかなり可愛らしいので残念ではありますが、音が鳴らなければ

根本的にラトルにはならないわけでして、あえなく「失敗作」となりました。

新しいモノを生みだすのは、やっぱり簡単ではないのですね。

 試作品は、しようがないので『ツボ圧し』にでもしようと思います。

…これがなかなか気持ち良いのです(笑)。

 そんな失敗作を作りつつ、ラトル工房のネットショップでは毎年恒例の

『クリスマス特別セット』を発売させていただきました。

 まだ早い…と思っていたらもう10月になってしまうのですね。なんだか

今年は月日の流れがやけに早く感じます。

 

Blog081016 ←毎年けっこう人気がある

 『クリスマス特別セット』です。

 …もちろん「音」はしっかりと

 鳴りますので御安心ください(笑)。

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

読書の秋に思う職人

 長く読み続けていた小説『グインサーガ』が130巻で完結してしまってからと

いうもの、色々な作家さんの小説を読み漁るようになってしまいました。

そんな中、近ごろ好んで読んでいるのが…

 ものすごく説得力のあるSF小説を書く「小川一水」さん

 SFあり、ラブコメありでバラエティ豊かな「有川浩」さん

…両名の作品で、とくに後者の作品『阪急電車(刊・幻冬舎)』は、私のような

オジサンが読んでいると照れてしまうような「甘くて酸っぱい」シチュエーションが

多々あるものの(笑)、私も過去に何度か乗車したことがある「阪急今津線」を

舞台にしていることもあり、とても好きな作品となってしまいました。

 「読書の秋」にぴったりの穏やかな作品で、おススメです。

 24~27歳の3年間、仕事の転勤で大阪に住んでいたことがありまして、

「阪急電車」もそのころ頻繁に利用していたのですが、大阪(梅田)を起点に

東に行けば「京都」、西に行けば「神戸」…と、魅力のある場所に簡単に

行くことができる、とても重宝する電車でした。

 その頃の私といえば

 仕事は孤軍奮闘で大変だは…

 安月給でお金は全然ないは…

 付き合っていた彼女には遠距離恋愛の末にふられるは…

…と結構「真っ暗」な時期でもあったのですが(笑)、今となってはまさに

「私の青春は関西にあったのだなぁ」とつくづく思える場所なのでした。

 

 実は…ここから少し自慢話になるのですが(笑)、その「大阪での生活」を

綴ったエッセイを、以前に書籍として発売していただいたことがあるのです。

 作家の「城山三郎」さん監修で発刊された『人を育てる(刊・光文社)』

いう本がそれで、私もしばらくぶりに本棚から取り出して読んでみました。

 

Blog1009221 ←これがその本です。

 10年前の本なので、もちろん

 既に絶版だと思います。

 

 

 

Blog1009222 ←そしてその中身です。

  おもに転勤先の上司との

  やりとりを綴ったものです。

 

 

 

 ちなみにエッセイのタイトルは『漕ぎ手と追い風』

…我ながら、けっこう恥ずかしい(笑)。

 エッセイといってもわずか6ページのお話しで、いま読み返すと明らかに

「大人っぽくしよう」と無理をしている文章に赤面してしまう箇所もありますが、

小説「阪急電車」との相乗効果もあってか、当時の風景が写真のように目に

浮かんでくるのだから不思議です。

 このブログも、数年後に読み返したらいろいろな風景を思いだせるもので

あれば良いのですが…恐らく「当時はバカだったなぁ」と呆れてしまうのが

関の山でしょうね(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

リンゴ酢を飲む職人

 埼玉県も残暑が一段落したようでして、本日などは冷たい雨が朝から

降りつづき少し肌寒いぐらいの気温です。

 「汗っかき」の私としては、寒いぐらいのほうが作業がしやすいので

しばらくぶりに「作業が捗る1日」となっています。

 昨年は「汗を流して糸ノコダイエット(以前のブログ参照)だ!」…と、

笑っていられましたが、今年の夏はそんな余裕など微塵もなく(笑)、

作業場の尋常ではない「暑さ」と「汗の量」に顔を引きつらされる毎日を

送っておりました。

 とくに今年は、その「汗の量」もあるのでしょうが昨年以上に「体臭」

気になってしまいまして、「とうとう加齢臭か?」と気分もグッタリして

いたのですが、たまたま目にしたホームページに…

 

『ストレスや疲労で「匂いを含む汗」が急激に増加する場合がある』

 

…という記事がありまして、「これだっ!、これが原因に違いないっ!」と、

興奮気味に納得しながら記事を読み進めていくと、どうやら対処方法として

「お酢」が効果的とのこと。

 「おちょこ1~2杯程度のお酢を朝晩2回飲むべし」という記述に則って、

冷蔵庫にあった「食酢」をコップにあけて、そのまま一気に飲んだところ

…その凄まじさに、しばらく悶絶しました(笑)。

 よくよく記事を読むと「食酢はきついので黒酢やリンゴ酢がお勧め」とも

明記されていて「早く言ってよ…」と誰にでもなく愚痴ったりもしたのですが、

その効果たるや絶大でして、例えるならば、ドラゴンクエストで「キアリー」の

魔法をかけると体の毒がサーっと消えてしまう、あの感じ

…といっても、普通は解らないと思いますが(笑)、

「自分は呪われていたのではないか」と思ってしまうほど、飲んだ瞬間から

魔法のように匂いが消え去ってしまいまして、これには我ながら驚きました。 

 はたして「加齢臭」だったのか定かでなく、個人差もあるかと思いますが、

体臭が気になるお父さん方は、ぜひともお試しを。

 年末に向けていろいろとイベントの予定も入ってきまして、それもあって

工房ではすでに「クリスマス商戦」の準備も少しずつ早めています。

 作業が思うように捗らなかった夏の分を挽回するためにも、この過ごし

やすい時期を出来るだけ活用したいものです。

 

Blog100916 ←「リンゴ酢」をボトルキープ。

 ロックはキツイので水割りで(笑)。

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

タバコの値上げに驚く職人

 近所のスーパーで食材の買い出しをしていたところ、レジの脇をふと見ると

『10月からのタバコ値上表』というチラシが貼られていました。

 このところニュースで繰り返し報道されていますが、タバコが軒並み1つあたり

約110円(!)も値上がりするとのことで…いやはやすごい値上率なのですね。

 仮に「ラトル工房」の木のおもちゃを同じ倍率で値上げしたら、買ってくれる

お客さんなどまったくいなくなることは確実で(笑)、やはり中毒性のあるタバコ

だからこそ成立してしまう「大幅値上げ」なのだなぁ…と思ってしまいました。

 私自身、現在はまったくタバコを吸っていないのですが、過去に2、3度だけ

短期的にタバコをふかしていた時期があります。

 そのほとんどが「仕事のストレス」が溜まりに溜まっていた時期で、事実、

それぞれの「タバコ喫煙時期」の1年後には会社を転職しているのです。

…我ながら解りやすい行動パターンだなぁと思うわけですが(笑)、今現在でも

「タバコ吸いてぇ」という衝動にかられることは時々あります。

 その原因のほとんどは「仕事」ではなく「育児」のほうでして、意味不明な

理由で駄々をこねて泣きじゃくる「娘」を、意味不明なので怒るわけにもいかず、

怒りを抑えて静めようとするときなどは(あえて心の声を原文のまま書きますが)、

 

「こいつが寝たらタバコふかしまくって酒飲んでベロンベロンになってやる!」

 

…と思ってしまうのです。

 実際はなんとか娘を寝かしつけたときには、私も疲れて一緒に寝てしまうので

実現できたことはないのですが(笑)、翌日に目覚めて冷静に我にかえると

1箱400円にもなってしまったタバコを買うぐらいなら、同じ金額を出して

アイスクリーム『パルム(1箱6本入り)』を買ったほうがよほど幸せになれるなぁ

…と、糸ノコで木材を切りながら思ってしまいます。

 当分は「タバコ」とは縁のない生活を送れそうです。

 子供のころは両親がタバコを吸うのをとても嫌がっていましたが、私が5歳の

ころから吸いだした母親などは、明らかにその原因は「子育て」であったはずで、

「吸うな、吸うな」と言っていた私自身がその悪の根源だったのだなぁ、悪いことを

してしまったなぁ…と今さらながらに気づかされます。

 親になってから気がつくことが、このところ多いです。

 

Blog1001 ←そして季節が「秋」になっていることにも

  遅ればせながら気が付きました(笑)。

  秋限定「木のはがため・キノコ」

  ネットショップにて発売開始です。

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

指人形にくぎづけになる職人

 先日、娘と2人で「越谷レイクタウン」をぶらぶらしていたところ、

とある店先に置かれた商品に親子共々「くぎづけ」になってしまいました。

 店先に置かれていたのは飾り気のない「木の箱」だったのですが、

その中に『ジブリの指人形』が山のように入っていたのです。

 

Blog1009011←こんな感じの単純な指人形

 なのですが…見つけた時は

 2人とも「わー」という喜びの

 声を漏らしてしまいました。

 

 

 「つかみどり」のような感じで…実際は会計で1個200円払うのですが(笑)、

木箱の中には『となりのトトロ』『崖の上のポニョ』のキャラクターを容どった

ゆび人形がいろいろと入っているようでして、さっそく親子で店先に座りこみ、

本腰で物色を開始。

 当初は「1個だけ買おう」という取り決めだったのですが…

 

  娘 :「ポニョは宗助と一緒じゃなきゃダメ」

  父 :「お父さんはトトロが居たほうが良いと思うぞ」

  娘 :「メイちゃんはポニョとお友達なの」

  父 :「宗助はポンポン船に乗せられるらしいぞ」

 

…などと、それぞれに意味不明な理由を持ち出しながらの選抜なので

「1個」にまとまる訳もなく、最終的には「3個」をお買い上げ(笑)。

 さらにその数日後、仕事の都合で「レイクタウン」へ行く用事ができたのが

災いしまして、1度目に惜しくも選抜から外れた「3個」をさらに購入。結果…

 

Blog1009012_2 ←短期間で

  こんなに増えてしまいました。

 

 

 

 

 …娘を隠れミノにして、私が欲しかっただけなのですけどね(笑)。

 この『ジブリの指人形』はまだまだ種類があるようでして、

「パパは他にどんな指人形が欲しい」という娘の問いかけに、冗談で

「トトロに出てくるお婆ちゃんかなぁ」などと答えていたのですが、

後日インターネットで調べたところ、なんとその「お婆ちゃん」も

しっかりラインナップに入っていました。

…探しに行きたいです!(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »