« 読書の秋に思う職人 | トップページ | 満面の笑みを浮かべる職人 »

2010年9月29日 (水)

失敗作を作る職人

 今年は「ラトル工房の新商品」が中々登場せず楽しみにしていただいている

方々には申し訳ないのですが、けっして現状に甘んじているわけではなく(笑)、

新しいデザインの試みは日々行っております。

 昨日も「これはなかなか良いのではないか?」と期待しながら試作品を

作ってみたのですが…これが見事に失敗作となってしまいました。

 今回の失敗作がこれです。

 

Blog100929 ←題して『ねこの肉球ラトル』

 

 

 

 

 

 

 既存品の『木のはがため・魚』といっしょに手に持たせれば、赤ちゃんが

「お魚くわえたドラ猫」状態になって面白いなぁ…などとイメージをしながら

デザイン~試作と進めてみたのですが、試作品が完成して振ってみたところ

……いやはや驚くほど「音」が小さいのです(笑)。

 

 他の「木のラトル」と違って、「あずき」が入る空洞(肉球の部分)を4つに

分断し、さらにそれぞれ密閉してしまったのが原因と思われるのですが、

まさかここまで音の違いが出てしまうとは思っていませんでした。

 見た目はかなり可愛らしいので残念ではありますが、音が鳴らなければ

根本的にラトルにはならないわけでして、あえなく「失敗作」となりました。

新しいモノを生みだすのは、やっぱり簡単ではないのですね。

 試作品は、しようがないので『ツボ圧し』にでもしようと思います。

…これがなかなか気持ち良いのです(笑)。

 そんな失敗作を作りつつ、ラトル工房のネットショップでは毎年恒例の

『クリスマス特別セット』を発売させていただきました。

 まだ早い…と思っていたらもう10月になってしまうのですね。なんだか

今年は月日の流れがやけに早く感じます。

 

Blog081016 ←毎年けっこう人気がある

 『クリスマス特別セット』です。

 …もちろん「音」はしっかりと

 鳴りますので御安心ください(笑)。

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

|

« 読書の秋に思う職人 | トップページ | 満面の笑みを浮かべる職人 »

コメント

産みの苦しみってやつですね。
どうせなら、指をあと2本増やしてパンダとあくしゅってのはどうでしょ?
もう、クリスマスなんですねぇ。
秋は・・・・?・・・・どこ行っちゃったの?

投稿: thuu | 2010年9月30日 (木) 18時56分

thuu様

いつもコメントいただきありがとうございます!
パンダは6本指なのですか
…かわいいくせに、ものすごい生き物ですね(笑)。

気温は落ち着かないし、秋の食材も不作で高いし、
「秋はどこ?」には心から同感してしまいます。
せめて「綺麗な紅葉」ぐらいは観たいものです。

新作登場までの道のりは険しいですが、
長い目で応援いただければ幸いです。

投稿: ブータレブー | 2010年10月 2日 (土) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗作を作る職人:

« 読書の秋に思う職人 | トップページ | 満面の笑みを浮かべる職人 »