« 正月に空想する職人 | トップページ | 現実にジタバタする職人 »

2011年1月12日 (水)

顔立ちを考える職人

 昨年末の作業でいろいろな材料の在庫が少なくなってきたので、本日は

その買い出しに近くのホームセンターへ足を運びました。

 紙やすりや梱包材などいろいろと購入したわけですが、そのついでに

このところ気になっていた「あるモノ」を、つい買ってしまいました。

 おもわず買ってしまったのがコレです。

 

Blog110112←ミスタードーナツの

 「エンゼルテディパン」

 パンと言いながらも

 みっちりとクリームが入った

 ドーナツです。

 

 

…正直に書きますと、ブログのネタ用に計画的に購入したのですが(笑)、

さらに正直に書きますと、本来の「狙い」と少し違ってしまいました。

 

 数週間前ですが、発売直後にお店で見かけたこの「クマたち」が、

どれも目鼻がメチャクチャな位置に貼られた「ヘンな顔」で、それはもう

酷かったのです。

 逆にその「ヘンな顔」に心を奪われてしまいまして、いつかブログのネタに

使ってやる!…と腹黒く計画していたのですが、いざ数週間ぶりにお店を

訪れてみると、どれもみんな「端正な顔立」に(笑)。

…いやはや「的外れ」もいいところです。

 

 しかし当初の「ヘンな顔」から考えると、きっと

「本社のやつら、こんな作り難いもの考えやがって!」

…などと文句を言いながら、この数週間、職人さんが練習を繰り返して、

ようやくこの「端正な顔立ち」にたどり着いたのでしょうね。

その努力には心から敬意をはらいたいと思います。

 実際、「手作り」で同じような顔立を作り続けるのは大変なことで、

私もニッコリ顔のついた「木のラトル」を毎日のように作っているので、

「ヘンな顔」には少し共感してしまうところがあったのです。

 大げさではなく、目と目の間隔が0.5ミリずれるだけで、まったく違う

「顔立ち」になってしまうのですから、未だに気が抜けないのですね。

 私もミスドの職人さんに負けないよう日々精進しようと思います(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

|

« 正月に空想する職人 | トップページ | 現実にジタバタする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔立ちを考える職人:

« 正月に空想する職人 | トップページ | 現実にジタバタする職人 »