« おもちゃの企画書を描く職人 | トップページ | 遊び方に感心する職人 »

2011年4月 6日 (水)

桜並木を眺める職人

 お陰さまで4月も商品の製作と発送に勤しむ毎日を送っております。

 発送のため自転車で郵便局へ行く途中に「桜並木」があるのですが、

この数日でずいぶんと開花してきたようです。

 例年ですとこの時期は並木に沿って「○○町内会」「○○不動産」…などと

書かれたショッキングピンクの派手な「行燈(あんどん)」がブラブラと

吊り下げられているのですが、今年は「節電」と「自粛」のためかその姿を

現わしていません。

 不謹慎かもしれませんが、このほうがシンプルに桜本来の色が映えて

良いのになぁ…と、自転車を止めてしばらく眺めてしまいました。

 私の好きな映画に「リバー・ランズ・スルーイット」という作品があります。

アメリカのモンタナ州を舞台に、フライフィッシングを軸にして2人の兄弟の

成長をつづった作品で、ストーリー的にはとても淡々としているのですが(笑)、

渓流などの風景がとにかく綺麗な作品でアカデミー賞では「撮影賞」を受賞し、

また、今をときめく「ブラッド・ピット」の出世作としても有名です。

 

 その映画の冒頭のシーンなのですが、

2人の兄弟は学校へ通うかわりとして、毎日のように父親へ「手紙」

書かされます。ようやく出来上がった手紙を父親に見せると、父親は必ず

 

 「この内容のまま、さらに半分の文章にして描き直してきなさい」

 

と言って差し戻し、子供は父親がOKを出すまで何度も手紙を描き直します。

これによって子供たちは「本質」のみを文章で表現する術を身につけていく

のですが、このほんの数分のシーンが私はとても好きです。

 

 桜並木の行燈もそうですが、当たり前と思っていた情景や出来事にも

じつは「過剰なもの」が結構まとわりついていて、それを手紙の文章の

ように剥がしてみると、本質の良さにはじめて気付かされる…ということが

結構多いのかもしれません。

 「おもちゃの過剰と本質」がどのようなものなのか…私のような者が

そんな哲学的なことを考えて答えが出るわけがないのですが(笑)、

答えが出ないなりにも深く熟考しつつ「必要とされるモノ」を生みだす

ことが、これからの時代は必要なのかもしれません。

 

Blog110406←桜には行燈よりも

 青空が映えると思います。

 

 

 

 

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

|

« おもちゃの企画書を描く職人 | トップページ | 遊び方に感心する職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜並木を眺める職人:

« おもちゃの企画書を描く職人 | トップページ | 遊び方に感心する職人 »