« お菓子で遊ぶ職人 | トップページ | 骨休めをする職人 »

2011年4月28日 (木)

双子のラトルを作る職人

 「双子の赤ちゃん向けのラトルを」…という御依頼をいただきました。

 双子用~については今までにも何度か御要望をいただいたことがあり、

 「同じ形状のラトルでヒモの色だけ変える」

 「既存のラトルを左右対称のデザインで作成する」

…といった簡易的な方法で対応させていただいたのですが、今回は

モノは試しに「双子用」として新たにデザインを起こしてみました。

 せっかく「2つのラトル」が並ぶのであれば…ということで、木のおもちゃ

では定番(?)の「組み木」の技法 を応用し、ラトル同士が組み合うような

デザインを試みてみました。

 色々とデザインを検討したうえに完成した試作品が…こちらです。

※写真をクリックすると拡大表示されます。

 

 

Blog1104281「双子の子猫」をモチーフに

  した木のラトルです。

  もちろん振ると「あずき」の

  優しい音が鳴ります。

 

 

 

Blog1104282←じゃれ合うように仲良く

 2匹を組み合わせる

 ことができます。

 

 

 

 

Blog1104283←…ときにはケンカも(笑)。

 各部のラインを揃えている

 ので、色々な向きで組み

 合わせることが可能です。

 

 

 

 
 「音の響き」や「握りやすさ」といったラトル本来の機能性も犠牲に

ならないようにデザインしてみたのですが…いかがでしょうか?

 今回は「子猫」を題材にしてみましたが、この「組み木っぽいラトル」

他にもいろいろなデザインが考えられそうです。

…が、ラトルが2個も必要な環境がそれほど多いとは思えませんので(笑)、

今後ネットショップで販売するかは悩ましいところです。

 御要望があれば対応しますので、もし購入を希望される「猫好き」な方が

いらっしゃいましたら、お気軽に御相談ください。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« お菓子で遊ぶ職人 | トップページ | 骨休めをする職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双子のラトルを作る職人:

« お菓子で遊ぶ職人 | トップページ | 骨休めをする職人 »