« 遊び方に感心する職人 | トップページ | 双子のラトルを作る職人 »

2011年4月21日 (木)

お菓子で遊ぶ職人

 「おもちゃ」のデザインや企画を考えるとき、玩具屋さんや雑貨屋さん

などのお店を巡ることが多いのですが、それと一緒によく行くのが

食品スーパーの「お菓子コーナー」です。

 オマケ付お菓子はもちろん、最近は「自分で作って遊べるお菓子」

ブームの兆しを見せている…と個人的に感じているだけなのですが(笑)

「美味しそうなもの」から「ゲテモノっぽいもの」まで、作るのが楽しそうな

お菓子がいろいろと並んでいます。

 試しに購入してみたのが『ハッピーキッチンシリーズ』という商品です。

発売しているのが「クラシエ(旧カネボウ)」なのを不思議に思って調べて

みたのですが、あの作るお菓子の代表格「ねるねるねるね」も旧カネボウの

商品だったようでして、「おー、まさに正統的な作るお菓子ではないか」…と

意味もなく1人で納得してしまいました。

 せっかくなので保育園から帰ってきた娘と作ってみたのですが、これが

想像以上に完成度の高い「お遊び」でして…

 

 いろいろな「粉」を「水or牛乳」で溶いて準備完了!

 カップに流し込んで「電子レンジ」で数十秒待てばスポンジが完成!

 付属のクリームや粒菓子でデコレーションも完成!

 

…と作業工程もテンポよく進み、最終的には大人が食べても美味しい

小さなカップケーキが完成してしまいました。 

 「ねるねるねるね」と比べたらそれはもう見事な進歩で、クラシエさんの

開発者魂を感じてしまいました(笑)。

 もちろん、「粉をふるいにかけて」「泡立て器でクリームを立てて」…と

もっと本格的に作ったほうが、楽しくて美味しいことは確実なのですが、

用意も後片づけも不要で、しかも「税込262円」というこの気軽さ

平日のお遊びとしては歓迎できるものかと思います。

 料理が苦手なお父さんでも問題なく作ることが出来ますので(笑)、

お店で見かけましたらお試しを。

 

Blog110421 ←20分程度で小さなカップケーキが

 6個完成します。…食べ終わるのは

 数秒ですが(笑)。

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

|

« 遊び方に感心する職人 | トップページ | 双子のラトルを作る職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菓子で遊ぶ職人:

« 遊び方に感心する職人 | トップページ | 双子のラトルを作る職人 »