« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

大切な作業をする職人

 工房を移転してから早くも10日経ってしまいました。

 「糸ノコの替刃はどこだっ!」

 「電動糸ノコの振動が止まらないっ!」

 「作業中のコーヒーカップを置く場所がないっ!」

…と、どうも1人で慌て続けていた10日間でしたが、ようやく落ち着き

はじめたような気がします。

 心身ともに落ち着いてきたところで、とても地味ながら大切な作業

取り掛かってみました。

 

Blog110630←なんの作業をしているのか

 解りますでしょうか?

 

 

 

 

 

…正解は「あずきの選別作業」です。

 ラトルの中に仕込んで音を鳴らすための「あずき」なのですが、

大きさや色つやを一粒一粒調べて、不具合があるものは取り除く

ようにしているのです。

 サイズが小さい物は振った時に穴からこぼれ落ちてしまいますし、

傷が付いているものは振ると割れたり、皮が剥がれてしまう危険が

あります。

 また、粒を揃えることで「音の響き」がやはり違ってくるようなので、

音が命の「木のラトル」ですから、重要な作業として時間をかけて

じっくり選別するようにしています。

…毎回、取り組むまでが長いのですが(笑)。

 この「一粒一粒の選別作業」ですが、じつは漫画「美味しんぼ」でも

同じような光景を目にしたことがあります。

 たしか「おもてなしの心」という初期の巻で、お客様をもてなすために

お米の大きさを一粒一粒揃えてから炊き上げる…というようなお話し

だったと思います。

 「お米」に比べれば「あずき」の選別はとても楽なものですが(笑)、

赤ちゃんに対する、ラトル工房風の「おもてなしの心」と受け止めて

いただければ幸いです。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

新工房へ移転した職人

 工房の移転が先日無事に完了しました。

 経費削減のため「機材の運搬」から「内装」まですべて1人で施したの

ですが、築30年以上の家屋は予想以上に痛んでおり、正直なところ

移転までに施工が間にあうのか、本当に焦っておりました。

 そんな苦心の末に誕生した「新しいラトル工房」が…こちらです。

※画像はクリックすると拡大されます。

 

Blog1106214←長年の汚れが染みついた

 この部屋が…。

 

 

 

 

 

なんということでしょう。

…これがやってみたかった(笑)。

 

Blog1106211←工房に生まれ変わりました。

 作業台がもう1台ぐらいは

 置けそうな広さです。

 

 

 

 

Blog1106212←棚には今までの作品を

 並べてみました。

 …完璧に自己満足の

 世界ですが。

 

 

 

…写真のカット以外の場所は、まだまだボロボロなのですが(笑)、

あとは仕事をしながら少しずつ手を入れていきたいと思っております。

 今回の移転先は埼玉県行田市にある「私の実家」なのです。

 父親が他界してからは母1人が住んでおり、長男としては「いずれは」と

いう想いがあったのですが、その母もそこそこの高齢に達しましたので、

この機会に移転を決意した次第です。

 

 広くなった工房をフル活用できるよう精進したいと思っておりますので、

新しい「ラトル工房ブータレブー」を、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

Blog1106213_2←工房前の田園風景。

 これでも都内まで電車で

 1時間程度の「埼玉県」です。

 …全てがのんびりしてます。

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

工房を移転する職人

 突然ではありますが、

来る6月20日(月)より工房を移転させていただくことになりました。

 広さ&環境ともにパワーアップした工房で…作家の能力はまったく

変化はないのですが(笑)、お客様の御要望に今まで以上にお応え

できるよう努めさせていただきます。

 変わらぬご愛顧をいただけますよう、よろしくお願いいたします!

 今までの工房は「娘の部屋」になるはずの一室を間借りしたもの

でしたので、新工房へ移設したあとはようやく娘へと返却することに

なっています…娘も大喜びです(笑)。

 「工房」と名のるのが恥ずかしいほど狭くて小さい作業場でしたが、

赤ちゃん用の木のおもちゃはどれもサイズが小さく、狭さに悩まされた

ことはあまりなかったように思います。

 

 ただ住宅内の工房ということで「騒音対策」にはやはり苦慮しまして、

御近所に迷惑をかけないよう深夜作業を避けるのはもちろんのこと、

「音漏れ」を防ぐために窓を閉めきりにする必要があったので、夏場は

サウナ地獄と戦いつづける日々でありました。

…ダイエット効果もあって今となっては良い思い出ですが(笑)、

新しい工房は田んぼに面した「田舎の一軒家」ということもあって

騒音に悩まされることはなさそうで、今年の夏は風通しよく快適に

作業ができそうです。

 この1ヵ月をかけて、少しずつ「作業台」や「工具」を新工房へと

移動してきまして、今週末の移動で全て移設完了となります。

 ホッとしたところで、「作業場を崩す前の写真」を撮影していなかった

ことに気がついて少し悔んでいたのですが、パソコン内を探したところ

作業場を組んだ当初の写真が1枚でてきました。

 

Blog110615←本邦初にして最後。

 ブータレブーの今までの作業場です。

 

 

 

 

 

…こんな場所で作っていたのですね(笑)。

はたして、この作業場がどのように変貌したかは…次回のお楽しみです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

廃番を決めた職人

 梅雨の6月ですが、暑かったり寒かったりと「気温」も「気分」も

中々落ち着かない日々となっております。

 先週に華々しく発売させていただいた「こころのラトル」 の陰で、

じつはひっそりとネットショップから姿を消した商品があります。

 それがこの…

 

Blog110609「おんぷのラトル」です。

 

 

 

 

 

 ラトル工房としては初の「廃番品」になってしまったのですが、

とてもシンプルなデザインで、個人的には今でも気に入っています。

 廃番となった一番の理由ですが…これはもう「売れないから」

いう他になく(笑)、発売当初は中々調子が良かったのですが、

その後に発売させていただいた、同じ音楽系のデザインである

「ヴァイオリンのラトル」 に人気が集中してしまってからというもの、

まったく影の薄い商品となってしまいました。

 

 また、製作効率を考えると「ネットショップの品揃え」を無尽蔵に

増やし続けるわけにもいきませんし、新作を追加するためにも

ここはやはり「断腸の思い」で廃番とさせていただいた次第です。

 今後は「お取扱店」や「イベント」などでのみの販売となりますが、

「おんぷのラトルじゃなきゃ嫌だ!」という変わった貴重なお客様が

もしいらっしゃいましたら対応させていただくことも可能ですので、

お気軽にお声かけください(笑)。

 いずれは、廃盤品や期間限定商品も「オーダー商品」として

御注文いただけるようなHPを作りたいとも思っているのですが、

…いつか…きっと…たぶん。

 来週は「東京おもちゃショー」などのイベントがある一方で、

個人的にも大きなイベントが控えており、とても忙しくなりそうです。

どんなイベントなのかは…次回のネタにさせていただきます。

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

2011年新作を発売する職人

 以前のブログでも紹介させていただきました新作「ハートのラトル」改め

『こころのラトル』を本日(6/1)よりネットショップで発売させていただきました。

 

Blog1106011←こちらです。

 2つのハートが合さった

 かわいいラトルです。

 

 

 

 商品について詳しくはネットショップHPをご覧ください。

 作品は「勢い」で発売してしまわないように心がけています。

 今回も試作品を眺めながら「発売するorしない」をこの数カ月考えていたの

ですが、「お母さんのハートから赤ちゃんのハートが抜け出た瞬間」のよう

にも見えるこのデザインは、まさに「出産」のイメージに繋がるのではないかと

…後付けながら思いついてしまいまして(笑)、それを機に発売を決めさせて

いただいた次第です。

 個人事業者なので単純に「カワイイから」というだけで発売してしまっても

まったく問題ないのですが(笑)、やはりカタチに「理由」のある商品ほど

売れ続けてくれるように思います。

 息の長い商品になってくれることを作者としては願っております。

 今回の撮影には、3月に誕生したばかりの義姉の赤ちゃんにモデルさんを

お願いすることができました。

 生後2カ月…と、対象年齢にも満たずラトルを握ることもできない赤ちゃん

なのですが、顔だちといい表情といいラトルのイメージにピッタリで、とても

良い写真を撮影することができました。

 やはり、赤ちゃんの側にあって初めて「ラトル」の魅力は出てくるのだなぁ

…と、改めて思ってしまいました。

 

Blog1106012←新旧モデル対決も実現(笑)。

 どちらにも一生あたまが

 あがりません。

 

 
 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »