« 大切な作業をする職人 | トップページ | ダチョウに驚く職人 »

2011年7月 6日 (水)

ヴァイオリンは弾けない職人

 先週7/2に発売されました情報誌『サラサーテ(刊:㈱せきれい社)』にて、

ラトル工房の「ヴァイオリンのラトル」を紹介していただきました!

 

 この雑誌ですが、育児やおもちゃに関係した雑誌ではなくヴァイオリンを

中心とした「弦楽器」を題材に構成された情報誌でして、「ヴァイオリンの

形をしたアイテム」として御紹介いただけたようです。

…とてもラトル工房らしい展開ではありますが(笑)、なにはともあれ商品を

ご紹介いただけるというのは、作者としてはとても嬉しいことなのです。

 誠に失礼ながら、お話をいただいた時はてっきり「その方面」の方々が

読む業界誌だとばかり思い込んでいたので、よほどの大きな書店でしか

売られていないだろう…と思い込んでいたのですが、発売日に最寄りの

書店をのぞいたところしっかりと平積みされていまして、正直なところ

大変驚いてしまいました…編集部様、本当にスミマセン。

 

 そもそも「ヴァイオリンのような優美なデザインで良い音が鳴るラトル」を

目指して作りはじめたのが、わがラトル工房の「木のラトル」でしたので、

それが本家本元の「ヴァイオリン」の誌面で紹介されてしまうというのは

中々考え深いものがあるのです。

 私にとってヴァイオリンと言えば「葉加瀬太郎さん」 で、今でも作業中に

「情熱大陸」などをBGMにしてよく聴いています。もともと学生の頃から

葉加瀬さんが所属していたバンド「クライズラー&カンパニー」 が大好きで

美術学校の卒業制作で「木のおもちゃ」を製作していた時も、彼らのCDを

聴きながら作業していた記憶があります。

…そう考えると、あまり進歩がないように思えてしまうのですが、とりあえず

さっそく御注文いただいた「ヴァイオリンのラトル」の製作に取りかかろうと

思います。

 

Blog110706←今ではすっかりベスト5に入る

 人気商品となってしまいました。

 お求めは「ネットショップ」又は

 「販売店」を御利用ください。

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

|

« 大切な作業をする職人 | トップページ | ダチョウに驚く職人 »

コメント

すごいすごい。
確実に一歩づつ成長していますねー。
いつも楽しみに拝読しています。

投稿: ヒグチ | 2011年7月 9日 (土) 04時14分

ヒグチ様

コメントありがとうございます。

ときどき本当に前進しているのか疑ってしまう時も
あるのですが(笑)、亀の歩みでがんばっております。


今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ブータレブー | 2011年7月11日 (月) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイオリンは弾けない職人:

« 大切な作業をする職人 | トップページ | ダチョウに驚く職人 »