« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月28日 (水)

ロックな気分の職人

 前々回のブログでも少しだけ紹介させていただいた「特注品」の

木のおもちゃなのですが、面白い作品に仕上がりました。

 先日無事に赤ちゃんのもとに届いたとのことで、御依頼主様にも

承諾をいただけたので、ここで紹介させていただきます。

 今回の特注品のテーマは「ちょい悪」です。

 

Blog1109281 ←こちらがヴァイオリン改め

  『エレキのラトル』

  ロッケンロールです。

 

 

 

Blog1109282 ←こちらが

  『木のはがため・星』

  ちょい悪仕様。

 

 

 

 この2個が入ったギフトセットで、名付けて

『目指せロックスター!しぇげなベイビーセット』です。

…いま名付けました(笑)。

 

 友人から依頼されたものなのですが、なんでもパパママ共に

「X-ジャパン」好きの御夫婦の間に生まれた赤ちゃんへの

プレゼントとのことで、

 「だったら、やっぱりヴァイオリンではなくエレキがいいよねぇ」

という軽い流れで作ることになったのが今回の「特注品」です。

…なので「はがため」のお月さまは「YOSHIKI様」を若干意識

しています(笑)。

 

 特注品とは言っても「ラトル」「はがため」どちらも既存品を

ほんの少しいじっただけの作品ですが、こういった「いたずら心」

作ってしまうのは、肩の力がぬけて時には良いものですね。

 依頼してくれた友人に感謝しております。

 いまのところ商品化の予定はまったくありませんが(笑)、もし

御希望がございましたら「ちょい悪仕様で…」とお声かけください。

 特注品にて出来る限り対応させていただきます。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

すべり台で唸る職人

 3連休だった先週末、仕事の合間をぬって娘を連れて『赤城山』へ遊びに

行ってきました。

 自動車で片道2時間程度の距離ですが、以前から行ってみたかった場所が

2か所ほどあったので、そこへ目指しての日帰り旅行となりました。

 目的地の1つ目は、赤城山中腹の「ふれあいの森」にある、とにかく長い

「ローラーすべり台」です。

 

Blog1109211 ←赤松の間伐材で作られた

 すべり台で、なんと全長

 380メートルもあります。

 

 

 

 最初にお尻に敷く「ウレタンマット(200円)」をレンタルすれば、あとは

何回乗っても無料、公園の入場料もないので財布に優しい施設です。

 乗ってみるとこれが本当に長いすべり台で、どれぐらい長いか言葉では

表現できなかったので、本ブログ初となる「動画」をアップロードしてみました。

こちらです!(音量に注意)

 

 

…長すぎる映像で、しかも私の唸り声ばかりが聞こえて最後まで耐えられる

人はとても少ないと思うのですが(笑)、実際に乗ってみると体感速度は映像

よりも速くて、森林の間を走りぬける感覚は爽快でした。

 スタート地点まで戻るのが一苦労でしたが、結局2回乗りました。

 

 そして2つ目の目的地は、ローラーすべり台から少し下山した場所にある

『現代からくりおもちゃ美術館・ぽるぺっぽ』さんです。

 

Blog1109212 ←木で作られた

 「からくりおもちゃ」

 たくさん展示されています。

 

 

 

 以前から職業がら気になっていたのですが、写真の通りどれも実際に手で

動かして遊べるものばかりで、娘も興味深く楽しんでいたようです。

 ラトル工房のおもちゃは「からくり」とは縁遠いものばかりなのですが(笑)、

仕事とは別に1度作ってみたいなぁ…と、製作意欲が湧いてしまいました。

とても刺激になった美術館でした。

 その他にも山頂の「赤城神社」でお参りをしたり、「日帰り温泉」に入ったりと

なかなか充実した1日となってくれました。

 翌日からは少しづつ天気が崩れて、とうとう台風まで上陸してしまいましたが

娘が「晴れ女」だと行楽では助かります(笑)。秋は紅葉が美しいらしいので

機会があればまた行ってみたいと思います。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

おもちゃ漬けの職人

 ラトル工房はただいま「繁忙期」に突入しております。

 そもそも私個人のキャパがそれほど大きくないので、少しでも仕事が

重なるとあっという間に「繁忙期」になってしまうのですが(笑)、先月末から

「雪だるま式」にお仕事をいただくことができまして、「ひー」と焦りながらも

感謝の絶えない毎日となっています。

 「ラトル工房」へ御注文いただいた「木のおもちゃ」を製作するのは

もちろんですが、それと同時にただいまは3つの会社さんから御依頼

いただいた「新しいおもちゃ」の企画やデザインを考えています。

 それぞれジャンルも種類もまったくバラバラなのですが、提出日が

ほとんど一緒だったりしますので、この数日は頭の中が「おもちゃ箱」の

ようにグチャグチャな状態です。

 

 普通の大人の人であれば耐えられそうもない状態かもしれませんが、

仕事がなくても「おもちゃ」のことばかり考えているような人間ですので

じつは通常とあまり大差がない状態なのかもしれません。 

 本当に「おもちゃ漬けの人生」になってしまったなぁ…と、40歳を前に

して近頃つくづく思ってしまいます。

 たしか中学3年の高校受験のとき、「僕は玩具のデザイナーになる」と

今は亡き父親に話したことがありました。

 その時に父親に1つだけ問われたのは「それは少しでも人の為になる

仕事なのか?」という言葉で、当時はうまく答えられたか解りませんが、

それ以降、この仕事を目指すことに反対されたことはなかったように思います。

 今なら「この仕事は人の為になっている」と自信をもって説明できるのですが

…と、昔話に浸っていると文章がつい長くなってしまいますので(笑)、

今週は忙しいのでここで失礼します。

 

Blog110915 ←ぐちゃぐちゃ頭で作っていたら

  木のおもちゃが怖い顔に!

  …ではなく、

  製作中の特注品です。

  名付けて「ちょい悪仕様」。

  

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

ランチパックを味わう職人

 台風による豪雨もようやく落ち着いてくれたようで、しばらくぶりの晴天

となりました。気温は少し暑めですが湿度は低いようで、田んぼからの

風がとても清々しく、工房での作業も快適に進んでおります。

 近所のコンビニに立ち寄ったところ、ちょっと面白い「パン」が売られて

いたので、思わず衝動買いしてしまいました。

 

Blog1109081 ←ヤマザキの「ランチパック」。

 しかも「行田ゼリーフライ風」

 

 

 

 

Blog1109082 ←割ってみるとこんな感じです。

 見た目はコロッケパンです。

 

 

 

 

 「ゼリーフライ」は以前にもブログでも紹介させていただきましたが

工房がある「埼玉県行田市」のB級グルメで、「ジャガイモ」と「おから」

などを練って素揚げしたものをソースにどっぷり漬けた、衣のない

コロッケのようなものです…ゼリーは入っていません(笑)。

 「天下のヤマザキが、なんでこんなマイナーな物を…」と思いながら

さっそく食べてみましたが、ゼリーフライ独特の「おからのパサパサ感」

がちゃんと出ているものの、もともと「アツアツは美味しいが冷めると

たいして美味くない」食材なので…まあこんな感じかという味でした。

 

 ちょっと興味が湧いたのでネットで調べてみた所、「ランチパック」には

ものすごいバリエーションがあるようで驚いてしまいました。なかには

 「さつま揚げ&わさびマヨネーズ風」

 「あんかけスパゲティ風」

…など味が想像つかないものまであって、この商品を考えている人たちは

楽しみながら作っているのだろうなぁと、つい思ってしまいました。

「楽しいモノを楽しみながら作る」のは商品作りには大事なことだと

個人的には思っております。

 

ランチパック公式HP : http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/

 

 パンの宣伝はともかく(笑)、サンマやキノコなど食べ物が美味しい季節なので

毎年「食欲の秋」に走ってしまいがちです。ウェイトコントロールはしっかり

やっていきたいと思っております。

 

Blog1109083 ←「キノコ」と「タコ」…どうも

 美味しそうなアイテムの

 ご注文が多い気がします。

 …気のせいですか(笑)。

 

 

 『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

巾着袋を縫う職人

 ラトル工房のネットショップでは『なまえのつみき』という商品を

販売させていただいております。御希望の名前(アルファベット)で

ピースを作成するオーダーメイド商品なのですが、それに付属する

ための「巾着袋」を本日は1日かけて製作しておりました。

 いつもの電動糸ノコからは離れて、きょうは「電動ミシン」を使います。

 

Blog1109011 ←裁断した「麻布」をミシンで

  ゆっくり縫っていき…

 

 

 

 

Blog1109012 ←ヒモを通して…

 

 

 

 

 

Blog1109013 ←「巾着袋」が完成!

 

 

 

 

 

…と、文章ではあっという間ですが、実際の作業は1日かかっています。

しかも5個作って2個失敗しているので(笑)、本日無事に完成したのは

たったの3個です。もともと「返し縫い」すら知らない人間でしたので、

その時から比べれば「プロ級」とはいかないまでも「お母さん級」までは

上達したとは思うのですが…まだまだ日々修行は続きそうです。

 「巾着袋」はもちろん、中身の「積み木」も1個1個を丁寧に製作しています。

ラトル5~6個分の製作時間が必要なため、どうしても高額になってしまうの

ですが、まぎれもなく「世界に1つだけのおもちゃ」と言える商品なのでは

ないかと思います。

 機会がありましたらぜひ御利用くださいませ。

 

Blog081201 ←商品について詳しくは

  ネットショップを御覧ください。

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »