« ランチパックを味わう職人 | トップページ | すべり台で唸る職人 »

2011年9月15日 (木)

おもちゃ漬けの職人

 ラトル工房はただいま「繁忙期」に突入しております。

 そもそも私個人のキャパがそれほど大きくないので、少しでも仕事が

重なるとあっという間に「繁忙期」になってしまうのですが(笑)、先月末から

「雪だるま式」にお仕事をいただくことができまして、「ひー」と焦りながらも

感謝の絶えない毎日となっています。

 「ラトル工房」へ御注文いただいた「木のおもちゃ」を製作するのは

もちろんですが、それと同時にただいまは3つの会社さんから御依頼

いただいた「新しいおもちゃ」の企画やデザインを考えています。

 それぞれジャンルも種類もまったくバラバラなのですが、提出日が

ほとんど一緒だったりしますので、この数日は頭の中が「おもちゃ箱」の

ようにグチャグチャな状態です。

 

 普通の大人の人であれば耐えられそうもない状態かもしれませんが、

仕事がなくても「おもちゃ」のことばかり考えているような人間ですので

じつは通常とあまり大差がない状態なのかもしれません。 

 本当に「おもちゃ漬けの人生」になってしまったなぁ…と、40歳を前に

して近頃つくづく思ってしまいます。

 たしか中学3年の高校受験のとき、「僕は玩具のデザイナーになる」と

今は亡き父親に話したことがありました。

 その時に父親に1つだけ問われたのは「それは少しでも人の為になる

仕事なのか?」という言葉で、当時はうまく答えられたか解りませんが、

それ以降、この仕事を目指すことに反対されたことはなかったように思います。

 今なら「この仕事は人の為になっている」と自信をもって説明できるのですが

…と、昔話に浸っていると文章がつい長くなってしまいますので(笑)、

今週は忙しいのでここで失礼します。

 

Blog110915 ←ぐちゃぐちゃ頭で作っていたら

  木のおもちゃが怖い顔に!

  …ではなく、

  製作中の特注品です。

  名付けて「ちょい悪仕様」。

  

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

|

« ランチパックを味わう職人 | トップページ | すべり台で唸る職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃ漬けの職人:

« ランチパックを味わう職人 | トップページ | すべり台で唸る職人 »