« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月26日 (木)

ラトルを広めたいと思った職人

 木のおもちゃ作家の集合体『遊ぶ木』による展示販売会の設営も

先週無事に終了し、ただいま「吉祥寺PARCO」にて絶賛開催中と

なっております。

 

Blog1201262_2 ←ラトル工房の展示は

 こんな感じになりました。

 5組の作家による作品が

 左右にズラッと並んでいます。

 

 

Blog1201263 ←「エレキのラトル」の

  包装パッケージは

  「ロックな赤」です。

 

 

 

 開催期間は来月2月5日(日)までとなっております。近隣の方は

ぜひ足をお運びください!

 1月も残りわずか…ということで、先延ばしにしていた「確定申告」

ための資料作成をいまさらながら進めております。

 タイミング良く税務署から「申請用書類」が届いたので、意気揚々と

書類に目を通したのですが、その冒頭部をよく見ると…

 

Blog1201261 ←「フトル工房?」

 

 

 

 

 

 屋号(企業名)の欄が「フトル工房ブータレブー」になっていたのです。

「太る工房ブータレブー」…いったい何を作っている工房なのでしょう。

 太っちょで食いしん坊の職人が絶えず口をモグモグさせながら、

なにか美味そうなものを作っているのでしょうか。

 …実際の情景とあまり大差ないかもしれません(笑)。

 これというのも、「ラトル」という日本ではまだまだ普及していない名称を

屋号にしてしまった私の自己責任ではあるのです。

 実際、検索サイトで「ラトル」と入力しても、「ラトル工房ブータレブー」が

簡単に上位でヒットしてしまいますし、順位のライバルといえば指揮者の

「サイモン・ラトルさん」ぐらいなものなのです(笑)。

 それぐらい「ラトル」という言葉が浸透していないという表れなのですが、

同時に、まだまだ開拓し甲斐のあるジャンルだとも思っています。

 

 2012年は「遊ぶ木」で日本の木のおもちゃを広めつつ、個人的には

「ラトルの認知度」を少しでも広めることを目標にしたいと思います。

…まずは勇気を出して、税務署へ訂正を要望します(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

遊ぶ木に集う職人

 この度、木製玩具専門ブランド&デザイナーの新たなる集合体を

設立させていただきました…その名も『遊ぶ木(あそぶき)』です。

 

 「おもちゃのこまーむ」さんをはじめとする木のおもちゃ作家たちと

共に、展示販売会やワークショップはもちろん、様々な活動を通して

「日本の木のおもちゃ」の魅力を広めていきたいと考えております。

 公式ホームページも開設されましたので、是非御覧ください。

 

Blog1201181 ←「遊ぶ木」公式ホームページ

  http://www.asobuki.jp/

 

 

 

 

 今回の「遊ぶ木」は、単なる仲の良い作家たちの集まりではなく、

「収益」と「業界の底上げ」を目的とした正真正銘の「営利団体」として

設立されています。

 今回はめずらしく、少しまじめな語り口になってしまうのですが(笑)…

 

 プラスチックによる「大量生産&大量消費」の恩恵により発展してきた

日本の玩具業界ですが、「少子化」「石油の高騰」「中国の人件費高」

…など、近年は様々な要素で「足踏み」をしているのが実状です。

 

 そんな中、木製玩具という今まであまり「陽の目」を見ていなかった

ジャンルから若い作家たちが生まれて、今こうして集合したことは

単なる偶然ではなく、必然的な時代の流れであったのではないかと

私などは思ってしまうのです。

 

 私たちが作るものは決して「最先端の技術」により開発された

玩具ではありません。しかし、そのデザイン性と時代性においては

紛れもなく「最先端のおもちゃ」であると言い切れる自信があります。

 そして、それらの作品が集まる今回の集合体「遊ぶ木」は玩具業界の

新たな事業形態になりえると考えています。

 …真面目な語りはあまり長続きしないのですが(笑)、

そんな「遊ぶ木」設立後としては初となるイベントが、前回のブログでも

紹介させていただいた「吉祥寺パルコ」での期間限定ショップです。

詳細をあらためて下記に記させていただきます。

===========================================================

 【名称】 「遊ぶ木」期間限定ショップ~おもちゃを贈るバレンタイン~」

 【期間】 2012年1月20日(金)~2月5日(日) 10:00~21:00

 【場所】 吉祥寺パルコ 7階(エスカレーター横 催事スペース)

===========================================================

 ちなみに、今回のイベント限定商品は「エレキのラトル」に決定しました。

 

Blog1201182 ←「ちょい悪ラトル」が皆様の

  お越しを待っています(笑)。

  ぜひお越しを!

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年1月12日 (木)

ソーシャルを把握した職人

 昨年からひっそりと「facebook」をはじめていました。

 仕事の関係もあり登録して「個人ページ」や「ラトル工房のページ」などを

公開していたのですが、いまいち「使い方」も「活用方法」も把握できず、

まったく手がつけられない状態でズルズルと年を越してしまいました。

 

…が、数日前に昔の同級生から「facebook」経由で連絡をいただいてから

というもの、よくよく調べてみると多くの知人・友人が「facebook」でページを

公開していることが判明しまして、

「なるほど、こんなに便利なものだったのかっ!これがソーシャルかっ!」

…と、ようやく時流に乗り始めた次第です(笑)。

 今年はブログとあわせてそちらでも「ラトル工房」の情報を公開していこうと

思っておりますので、機会があれば御覧ください。

 

 ■「ラトル工房ブータレブー」の公開ページ →こちら

 ■私個人の公開ページ →こちら

 

 もちろんブログも毎週更新いたします…可能限り(笑)。

 そこで、さっそくの「新情報」となりますが、

 来週1月20日(金)~2月5日(日)までの17日間、東京『吉祥寺パルコ』

にて合同展示販売会「遊ぶ木をつくる人たち展」の開催が決定しました。

 昨年から各地で開催させていただいている「日本の木のおもちゃ作家」の

作品を集めた展示会で、デザイン性の優れた商品ばかりを選りすぐって

展示しております。

 今回も「イベント限定品」の販売を予定しておりますが、果してどのような

モノになるのか…じつはまだ悩んでいる最中です(笑)。

 詳しくは次週ブログにて紹介させていただきます。

 

Blog120112 ←Coming Soon

 

 

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

新年から改善する職人

 新年あけましておめでとうございます。

 2012年も沢山の「おもちゃ」を生みだしていきたいと思っております。

 

Blog120108←本年も御愛顧のほど

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 年末年始は「商品補充」のための製作を進めていたのですが、

それと同時に、作業方法の見直しを行ってみました。

 というのも、昨年の後半はお陰さまで御仕事が順調だった半面、

「キャパオーバー」を起こしてしまいそうなことが度々ありましたので、

新年からは同じ過ちを繰り返さないよう改善を試みた次第です!

 

…そこまで大げさなものではないのですが(笑)、

もともと木工作業はすべて「独学」で行ってきたものですから、

恥ずかしながら、「作業手順」や「道具選定」など少し調べるだけで

改善点が未だにたくさん出てきてしまうのです。

 

 今回とくに「もっと早くやっておけば良かった…」と思ったことは

「作業台の補強」で、電動糸ノコを固定している作業台に(なんとなく)

補強を施してみたところ、開業以来これ以上ないほど作業中の振動が

なくなってしまい、「電動糸ノコ」の調子もすこぶる改善されてしまいました。

…この数年間はなんだったのでしょうか(笑)。

 まだまだラトル工房の作業法は「のび白」が大きいように思います。

 年の初めから専門的な文章のブログになってしまいましたので、

辰年といえばドラゴン、ドラゴンといえば「ドラゴンボール」ということで(笑)

以前にみつけたYoutube動画を貼ってみました。

 人を選ぶと思いますが、初笑いと思っていただければ幸いです。

※音量にご注意ください。

 

…………では、本年もよろしくお願いいたします。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »