« 波線にこだわる職人 | トップページ | 夏の予定が忙しい職人 »

2012年7月12日 (木)

カール爺さんが観たくなった職人

 表参道の「遊ぶ木展」も、7/9に無事に閉幕となりました。

 

Blog120712←お陰さまで大盛況。

 沢山の方々に

 御来場いただきました。

 

 

 

 

 今まで開催させていただいた「商業施設でのイベント」とは異なり、

 販売店の方々、玩具業界の方々、学生の方々、そして知人友人

…と、次々と御来場いただくことができ、狭い会場ではありましたが

終始にぎやかなイベントとなりました。

 御来場いただいた皆様、そしてイベント宣伝に御協力いただいた

皆様に、心よりお礼申し上げます。

 イベント最終日にはメンバーによる撤収作業があったのですが、

その作業に立ち会っていただいた、画廊を管理しているお爺さん

なんとも寂しそうな姿が印象的でした。

 

 聞くところによるとセレブな街「表参道」とはいえ不景気の影響は

大きいようで、とくに「画廊」は、本来利用するはずの絵画や美術品の

展示会がこの数年で激減してしまったのだそうです。

 今回の「遊ぶ木展」も、そんな状況であったからこそ急な開催が

許された…という面があったようなのですが、

 

「画廊がこんなに賑わったのは久しぶりですよ、良かった良かった」

 

と、喜んでくれた「カールじいさんの空飛ぶ家」のお爺さんにも似た

シワの深い笑顔が忘れられません。

 遊ぶ木初の「展示会」が成功して、本当に良かったと思いました。

 次のイベントは8月上旬と、少し間が空いてしまうのですが、

ぐったり一休み…ではなく、それまでに少しでも多く商品を作って

「在庫」を増やしておこうと考えています。

 年末に向けて「大きなプロジェクト」も進んでいたりするので、

あまり油断しているわけにはいかないのです。

…まずは、イベントで貯まった「名刺」の整理から始めます(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』 http://www.bootaleboo.com

 

|

« 波線にこだわる職人 | トップページ | 夏の予定が忙しい職人 »

コメント

泣けますね。
http://www.youtube.com/watch?v=eF4esPedQfw&list=FLBwDCFKwrWEerdFnnwTAhfw&index=7&feature=plpp_video

画廊のオーナーなんて羨ましいですね。
いろんな芸術の扉を開いては閉じて・・・。
そんな人と一瞬でも時を共にできた職人さんも羨ましい。
でも、羨ましいはずの人が寂しくみえるっていうのも
僕たち日本人が豊かさを見失ってるのと同じなのかなって
思っちゃいます。
今回は行けなかったけど、次のイベント、楽しみにしてます。

投稿: thuu | 2012年7月13日 (金) 20時07分

thuu様

コメントありがとうございます。

見た目と言動は厳しそうなお爺さんでしたが、
明らかに絵画などの展示会とは異なる雰囲気&来場者の
イベントでしたから(笑)、楽しかったのでしょうね。

玩具に囲まれた空間で心を豊かにしてもらえるのが
「遊ぶ木」の役割のひとつなのかもしれません。

次回のイベントは「府中」と「有楽町」です。
…片方は子供向けの工作教室ですが、
詳しくはまたブログで紹介させていただきます。

投稿: ブータレブー | 2012年7月14日 (土) 08時01分

残念乍ら今回は行けませんでしたが、
写真からも大盛況の様子がうかがえます。
おめでとうございます。

今度近くを通ったらそこにも寄ってみます。
イベントで人が少ないのは寂しいですものね。
齋藤さんのますますの活躍を期待しています。

投稿: 樋口雄一 | 2012年7月15日 (日) 08時47分

樋口様

コメントありがとうございます!

会場が小さかったのですぐに「満員」になってしまった
…という理由もありますが(笑)、お陰さまで終日
賑わいの止まないイベントとなりました。

表参道は昨日「キディランド原宿店」が2年ぶりに
新装開店したばかりなので、オモチャのネタ探しには
良いかもしれませんよ。

投稿: ブータレブー | 2012年7月17日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カール爺さんが観たくなった職人:

« 波線にこだわる職人 | トップページ | 夏の予定が忙しい職人 »