« 巨大ロボットが欲しかった職人 | トップページ | 「どうぶつ○○」で遊ぶ職人 »

2012年12月29日 (土)

2012年を振り返る職人

 今年最後のブログ更新となりました。

 お陰さまで、今年は例年以上にたくさんの「木のラトル」を製作させて

いただくことができ、それを通じて多くの方々にお会いすることも出来ました。

 お世話になった全ての皆様に、心よりお礼申しあげます。

 ラトル工房での仕事は大きくわけて2種類に分類されます。

 

 1つは「ラトル工房ブランド商品」の製作販売で、「木のラトル」などを

製作して販売店やネットショップで販売する…一応メインのお仕事です。

 

 もうひとつは「玩具メーカー」の企画開発協力で、

ベネッセやタカラトミーといった大手メーカーから御依頼をいただき、

玩具のデザインや試作を製作する…というお仕事です。

 

 正直なところ「後者」のお仕事のほうが1度の収入が大きいため、

これまで4:6(へたをすると3:7)の収益の割合になっていたのですが、

2012年、開業以来初めてこの割合が逆転しました。 

 

 …もちろん「開発協力」の収益が少なくなったからではなく(笑)、

メインとしている「ラトル工房ブランドの商品」での売上が伸びたからで、

製作者としてはとても嬉しいことなのです。

 

 これは、おもちゃ作家さんたちと共に活動した「遊ぶ木」の影響が

やはりとても大きいかったわけですが、色々な活動にチャレンジして

みることが、結果として後から収入につながってくる…ということを

身をもって実感した1年であったように思います。

 もちろん「収入!収益!」と声を荒げるのは嫌なのでしませんが(笑)、

ラトル工房としての「目指すべき目標」も少し見えてきましたので、

そこに数ミリでも近づけるよう2013年も「新しい試み」にも挑みつつ

頑張りたいと思っております。

 

Blog121229 ←とりあえず

 このブタラトルを作ったら

 工房の掃除をします。

 

 『ラトル工房ブータレブー』

 http://www.bootaleboo.com

 

 

|

« 巨大ロボットが欲しかった職人 | トップページ | 「どうぶつ○○」で遊ぶ職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年を振り返る職人:

« 巨大ロボットが欲しかった職人 | トップページ | 「どうぶつ○○」で遊ぶ職人 »