« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

あずきとボンドを変えた職人

 先日届いた「確定申告」の書類ですが、予想はしていましたが…

 

Blog1301310←昨年と同じく

 「フトル工房」でした(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 2013年も「太る工房ブータレブー」より、全国の皆様へ「木の太る」を

お届けいたします。

 …冗談はさておき、今週は穏やかな日が多かったので製作も捗りました。

その「製作方法」ですが、じつは「木のラトル」について昨年後半あたりから

こっそりと2箇所ほど変えさせていただいた部分があるのです。

 

Blog1301311←1つ目はラトルの中に

 仕込む「あずき」です。

 

 

 

 

 

 

 

 「あずき」であることは変わりないのですが、通常の「あずき」から

品質もサイズもアップした「大納言」に変えさせていただきました。

 

 以前から「北海道十勝産」のあずきを選んで使っているのですが、

天候の影響でしょうか、どうもこの数年で「あずき」の大きさが微妙に

小さくなっているように思われ…「あんこ」に使うならまったく問題は

ないのですが(笑)、ラトルの場合は「穴」からこぼれ落ちてしまう

可能性が出てしまうので、少しサイズの大きい「大納言」に変えた

…という次第です。

 

Blog1301312←2つ目は、「蓋」を

 接着する時に使う

 「木工用ボンド」です。

 

 

 

 

 

 

 以前からボンドは「安全性の高いモノ」を選んできたつもりですが、

他の作家さんからの薦めもあって米国製「タイトボンド3」という

製品を使うようになりました。

 

 このタイトボンド3は「木の食器」にも使われるほどの安全性と

耐水性を備えているとのことで、赤ちゃんが舐めまわすであろう

「木のラトル」にはピッタリの接着剤で、多くの作家さんが好んで

使っているようです。

…ただし値段は通常の「木工用ボンド」の倍以上するのですが(笑)。

 安全対策として施したこの「2つの変更」ですが、じつは図らずも

この影響で「ラトルの音質」が微小ながら向上してしまいました。

 

 タイトボンドは「楽器」の製作にも使われる…とのことなので、

その辺が理由なのかもしれませんが、どんな音になったのかは

さすがにブログではお伝えできないので、機会がありましたら

今後のイベントなどで御確認いただければ幸いです。

 

…ついでに御購入までしていただけると、さらに幸いです(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

修理と補強をする職人

 毎年恒例となりましたが、ネットショップにて春の季節限定商品として

「木のはがため・桜」の販売を開始させていただきました。

 

 

Blog1301233←お陰さまで毎年人気。

 販売期間は本日(1/23)~

 4月下旬までの予定です。

 

 

 

 

 

 

 毎年必ず「”桜ちゃん”でお名前入れを」という御要望をいただくのも

嬉しい恒例となっておりますが、もちろん喜んで承ります。

 全国の「桜ちゃん」からの御注文を心よりお待ちしております!

 昨年11月に阪急百貨店(うめだ本店)遊ぶ木プレイコーナー

納品させていただいた「木のおもちゃたち」が、修理のため一時

工房へと帰ってきました。

 

 沢山の子供たちにガシガシと遊びつくされた形跡に嬉しさも感じつつ

やはり数か月で壊れてしまっては問題がありますので、その反省を

踏まえて「強度アップ」を含めての修理を進めています。

 

Blog1301231←「機関車ターレブ」は

 車輪と連結部分を

 厚い木材で新調。

 

 

 

 

 

 

 

Blog1301232←そして「キリン」。

 首がどうしても折れやすい

 形なので、製法を変更して

 再度製作しました。

 

 

 

 

 

 これでどちらも「以前の倍以上」壊れにくくなると思うのですが

…子供たちは容赦してはくれないでしょうね。

 壊れても壊れても治しますので、存分に遊んでやってください。

 この「機関車ターレブ」ですが、どうやら春のイベントに向かって

商品としていくつか製作することになりそうです。

 まだまだ未定ではありますが、決まったらまたブログで紹介させて

いただきます。

 しかし商品名は「機関車ターレブ」で…大丈夫なのでしょうか(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

春の準備をする職人

 先月まではクリスマスの影響で御注文のほとんどが「星」のデザインを

したラトルばかりだったのですが、年明けからは「花」や「蝶」など春らしい

ものが目立ち始めてきました。

 先日の大雪と寒波で外の景色はまったくのですが、工房の中では

「Cooldplay」を聴きつつの準備に追われております。

 その「蝶のラトル」ですが、在庫もほとんど無くなってしまったので

これを機に少し微修正をすることにしました。

 昨年は「こころのラトル」を微修正しましたが、今回もそれと同じく

並べてもわからないほどの「各部を数ミリずつ」の修正です。

 

Blog130117←作ってみました。

 左上が「修正前」

 右下が「修正後」

 ※クリックで画像が

  拡大されます。

 

 

 

 

 …やはり、並べても違いがまったく解らないと思いますが(笑)、

修正したのは羽(ハンドル)の部分で、ハンドルの厚さが均一で

カクカクしていたところを、修正版では強弱をつけて優しい印象

してみたつもりなのです…が、どうでしょう?

 

 私の場合、商品化の段階ではどうしても「エンジニア思考」で

設計をしてしまうので「太くて頑丈なもの」になりがちなのですが、

その後に何年も製作&販売を繰り返していくと…

 「ここはもう少し細くても大丈夫そうだ」

 「ここは丸みを持たせたい」

…と、ようやく「デザイナー思考」が芽生えてくるようです(笑)。

 それと、以前よりも「幾何学的で均一されたような形状」よりも

「ゆるやかで優しい形状」を好むようになってきたのは、やはり

年齢的なものなのか…とも思います。

 

 あくまでも自己満足な微修正ではありますが、

2013年版の「サークルラトル・蝶」をよろしくお願いいたします。

 今回の微修正もふくめて、ネットショップなどの「商品画像」も

そろそろ新しいものに差し替えなくてはならないのですが、

「確定申告」の準備など…事務作業が山積みです。

 2月以降はまた慌ただしくなりそうなので、今月はできるだけ

「先読み、先読み…」で大人らしく仕事を進めたいと思っております。

…気持ちだけでも(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

昔のイラストを発掘する職人

 年末に大掃除が出来なかったので、今さらながらですが作業場の

掃除をしています。

 工房のあちこちから不用品ばかり出てくるのですが、それに混ざって

過去に仕事で使っていたパソコンデータディスクを発掘してしまい、

故障しているはずなので無駄と知りつつ起動してみると

…動いてしまうものなのですね(笑)。

 掃除もそっちのけで、つい魅入ってしまいました。

 自慢もこめて(笑)、発掘された画像をいくつか御覧ください。

 

Blog1301101←2000年製作の画像。

 アンコが入っている

 ヒーローですね。

 やたらカラフルです。

 

 

 

 

Blog1301102←2004年製作の画像。

 「ジャラジャランド」という

 過去の作品では

 私が一番好きな作品。

 

 

 

 

Blog1301103←古いものではないですが、

 参考までに2010年の画像。

 ベネッセで商品化された

 作品(…の色違いです)。

 

 

 

 

 どのイラストも、描いた時にそれぞれ「違う会社」に所属していたと

いうのが私らしいと言えば私らしいのですが(笑)、仕事に対する

スタイルや手法自体はこの十数年じつはあまり変わりがなく、

自分で考えた玩具は自分で形をデザインするようにしてきました。

 デザインも「オシャレさ、洗礼さ」より「遊びやすさ、解りやすさ」を

重視するのが私流…といった感じでしょうか?

 

 企業の中では「企画」「デザイン」「試作」…と、何事も効率的に

分業(もしくは外部の会社へ委託)してしまうケースが多い中、

自分でやらないと気が済まない」という前時代的なスタイルが

貫き通せてきたことは本当にラッキーだったと思います。

 やはり「おもちゃのデザイン」は楽しいお仕事です。

 いまでは「企画~試作」どころか「生産~発送~会計」まで全て

自分でやっているので…自営業なので当たり前ですが(笑)、

とりあえず、工房の掃除も自分でやります。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

「どうぶつ○○」で遊ぶ職人

 新年明けましておめでとうございます。

 2013年もより良い「木のおもちゃ」をお届けできるよう精進させて

いただきますので、ひきつづき「ラトル工房ブータレブー」に御愛顧を

いただければ幸いです。

 年末年始は工房も少しお休みをいただきまして、冬休み中の娘と

2つのオモチャで遊んでおりました。

 

Blog1301041

←ひとつは

 「どうぶつしょうぎ」。

 …力量はほとんど

 対等でした。

 

 

 

 

 

Blog1301042 ←もうひとつは3DSの

 「とびだせ どうぶつの森」。

 通信で2人同時に遊べます。

 …これもほぼ対等です。 

 

 

 

 

…偶然にも、どちらも「どうぶつ○○」 という名前なのですが、

方や超アナログ、方や超ハイテクの玩具ながら、どちらも年齢差を

関係せずに親子で対等に楽しめる素晴らしいオモチャだと思います。

 

 私の場合、オモチャで「子供と一緒に遊んであげる」というよりも、

自分が遊びたいオモチャを子供に与えて「一緒に遊んでもらう」

…という表現が正解なのですが(笑)、

「おもちゃの奥深さ」「子供の成長過程」「「仕事のヒント」…などなど、

一緒に遊んでみてはじめて気がつくことが、私はけっこう多いのです。

 そういう意味でも、とても貴重な時間でありました。

 そんな正月休みも終わり、先日から「仕事初め」となりました。

とはいえ「オモチャ」を手にしていることには変わりないのですが(笑)、

今年も多くのオモチャで遊び、多くのオモチャを生みだす1年であるよう

がんばりたいと思っております。

 本年もよろしくお願いいたします!

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »