« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月26日 (水)

日本海で夕陽を追う職人

 先週末は新潟市内で開催された木のおもちゃを主体としたイベント

「木のタネniigata」に出展をさせていただきました。

 当日は早朝に埼玉を出立し、関越道で北上している間は洗車機の

ような猛烈な豪雨に見舞われてしまい「開催は大丈夫なのか?」と

心配しましたが、現地に到着すると嘘のように晴れておりました。

…日本って広いです(笑)。

 お陰さまで、開催と同時に沢山の方々に来場いただき、終日客足の

途切れないイベントとなりました。

 

Blog1306261  「遊ぶ木」の出展風景。

 ポストカードTOYの

 ともちかさんと合同で

 展示&工作コーナーと

 させていただきました。

 

 

 

Blog1306262 「くるくるこまこ」の

 工作教室も開催。

 兄弟での参加が

 多かったように

 思います。

 

 

 

 今回のイベントは、地元新潟で活動している「遊ぶ木メンバー」の

ナカムラ工房さんもイベント立案~運営に参加されています。

 どうしても関東圏での開催が多くなってしまう「遊ぶ木」のイベントにも、

毎回のように新潟から駆けつけてくれる頼もしい作家さんなのですが、

今回はその「日頃の尽力」に少しでも応えたいという想いもありました。

 

…役に立ったかは定かではありませんが、今後も仲間としていろいろと

活動の場を広げていけたら良いなあと思っております。

 イベント終了後、無礼ながらも他の作家さんからの誘いを振り切って(笑)、

日本海の海岸線を走る「夕日ロード」へ直行。

 「海のない埼玉県」の出身なので海への憧れが人一倍あるのはもちろん、

実は自称「夕焼けハンター」を名のるほど「海に沈む夕日」が大好きでして、

以前からこのチャンスを密かに狙っていたのです。

 

Blog1306263 その成果がこちら。

 タメ息が出ました。

 

 

 

 

 

 

…とくに夕陽に向かってなにか叫ぶわけでも祈るわけでもなく、

沈みきるまでのわずか数分間をボーっと眺めていただけですが、

私にとっては最良の時間となりました。

 「新潟」は本当に良いところでした。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

ギッチリを求めてしまう職人

 「おもちゃショー」の前後は急な御依頼(主に玩具のCGイラストの作成)が

多く舞い込んでくる傾向にあるのですが、今年も多分にもれずとなりました。

 

 お陰で当の「東京おもちゃショー」に行くことができなかったのですが(笑)、

昔と違って近頃は"Yahoo!"や"YouTube"で「東京おもちゃショー2013」を

検索をするだけで会場の様子や情報がかなり観れてしまうので、なかば

「行った気分」を味わえてしまうのですね。

…「主催者泣かせ」の危ない世の中です(笑)。

 

Blog1306201  そんな週末にもらった

 「父の日」のプレゼント。

 手づくりのギター

 バッグをもらいました。

 …励みになります!

 

 

 

 「プレゼント」を励みに御依頼のイラストも無事に納品できたので、

続いては、ギリギリ直前となってしまいましたが今週末に開催される

イベント「木のタネniigata」の準備を進めます。

 

 商品や部材は全て用意できているので残るは梱包作業だけですが、

形も大きさもバラバラなものを綺麗に詰め込まなくてはいけないので、

これがなかなか頭を使います。

 

Blog1306202_2 成功するとこんな感じで

 「ギッチリ!」

 「ビッシリ!」

 と決まります。

 気持ちが良いです。

 

 

 

 工作教室の場合は「運送業者」を使わずに直接荷物を持ち込むので、

正直なところここまでギッチリ詰め込む必要はまったくないのですが(笑)、

過去どの会社で働いていても「空気を運ばない(貨物に隙間を作らない)」

ということは「製造メーカー共通の鉄則」のようなところがあったので、

ついつい癖で「ギッチリ」を求めてしまうのです。

 誰にも迷惑がかからない癖なので「良」としています。

 梱包はギッチリですが、工作教室はゆる~く行っております。

6/22(土)は午前10:00~午後16:00まで「新潟NEXT21」での

開催となりますので、御近隣の方はふるって御参加ください。

 

Blog1306203  よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

"BTB41"でがんばる職人

 先日の「AKB48選抜総選挙」ですが…最後まで観てしまいました(笑)。

仕事中にパソコンでYouThbeを立ち上げたところ、偶然にAKB総選挙の

「LIVE番組」が中継中だったので「話のネタに」と思って観てみたのですが、

…喜怒哀楽の凄まじいイベントなのですね。

 

 とくに「誰かのファン」という訳ではまったくないのですが、

雑誌やCM、さらにキンタローのモノマネであれだけ登場していれば

芸能情報に疎い私でも上位の数人は知っているわけでして、

ついつい1位発表まで見続けてしまった次第です。

 …と書きつつ、じつは私、過去に秋葉原で「AKB48のライブ」

直接に観たことがあるのです(笑)。

 

 もう7年ぐらい前になってしまうのですが、当時タカラトミーで女児向けの

玩具開発を担当していた時に、「AKB48を玩具の題材にしてはどうか

…という話が持ち込まれ、その一環としてライブショーに招待されたのです。

 

 秋葉原のドンキホーテの上にある「AKB48劇場」で、朝から列に並んで

いたのであろう「大きなお兄さん方」を尻目に最前列に案内された時には

明らかな殺気を感じたものですが(笑)、2メートル程度しか離れていない

ステージ上でのパフォーマンスにただ圧倒された記憶があります。

 

 

Blog130613 その時にいただいたCDが

 棚の奥に眠っていました。

 「会いたかった」…。

 

 

 

 

 

 

 当時はまだ今のようにミリオンセラーのヒット曲が沢山あったわけでもなく、

子供たちの認知度もまだまだ低い状況だったので「玩具の商品化」は

実現しなかったのですが、もしあのとき無理矢理にでも商品化していたら

…今ごろ「タカラトミー、フライングゲット」とか言っていたのでしょうか(笑)。

 

 危ないところでした。

 この「AKB48」だけでなく、選択によっては今とは違う未来を送っていた

可能性は幾つもあったわけですが、結果的に「木のおもちゃ」の製作に

たどり着けたのは幸せなことであったと思っています。

 

 私はAKB48ではなく「BTB41(ブー・タレ・ブー・41歳)」で頑張らせて

いただきます。卒業も引退も今のところ考えていません(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

「労りと慈しみ」を忘れない職人

 梅雨入り…と宣言されたもののまったく雨が降らない埼玉県ですが、

おかげで先週末には「小学校の運動会」も晴天のもとに開催され、

ビデオカメラを片手に走り回る一日となりました。

 保育園の時と比べて「児童や観客の人数」がケタ違いに多いので、

ファインダー越しに娘を探すのにも一苦労です。

 

Blog1306061 この場所だけ見ていると

 近頃問題になっている

 「少子化」も嘘のようです。

 

 

 

 

 

 

 運動会の度に、子供たちのパワーは凄いなあと感じてしまいます。

 日焼けでヒリヒリした肌をさすりつつ、本日は、近頃なぜか集中して

売れている「ヴァイオリンのラトル」を作っておりました。

 

Blog1306062←組立て前の状態。

 部品数が多いので

 この時点ではもの凄く

 大量に作っている気分を

 味わっているのですが…。

 

 

 

 

Blog1306064←部品を組んでしまうと

 「あれ?」と思うほど

 少なく感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、一度に完成させる数は9~12個ぐらいに抑えて、

それを何度も繰り返して数を増やすようにしています。

 

 必要数を一気に作ってしまった方が効率的…とも思いますが、

そうすると同じ電動工具を何時間も使い続けることになってしまい

「モーターへの負担=故障」が心配になってしまうのと、

…なによりも私自信の持久力が保てないのです(笑)。

 

 「労りと慈しみ」…というのはナウシカの最後に出てくる「大ババ様」の

セリフだったと思いますが、とくに電動工具が故障しやすい夏に向かって

工具と体に「労りと慈しみ」をかけるのも大事にしたいと思っております。

 そして6月のイベント情報となりますが、今月6/22(土)に新潟県新潟市で

開催されるイベント「木のタネ Niigata ~遊ぼう! 作ろう! 木のおもちゃ~」に、

遊ぶ木のメンバーとして参加させていただきます。

 

2_2

 

 遠方での開催となりますが、近隣にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »