« カキ氷でのりきる職人 | トップページ | 工房見学に緊張する職人 »

2013年7月25日 (木)

再びターレブを作る職人

 先週から娘が夏休みに入ったこともあり、宿題をみてやったり

市営プールに行ったり…と、なにかとアクティブな一週間となりました。

 おかげで私まで「夏休み」の気分になりそうでしたが、悲しいことに

あくまでもまだ平日なので(笑)、今週はしっかりと大人らしい姿勢で

仕事に励みたいと思っております。

 少しフライング気味な情報になってしまうのですが、

8月中旬に大阪「阪急うめだ本店」にて、昨年に引き続き「遊ぶ木」

イベントを開催させていただくことになりました。

 今回初参加の作家さんも多いようで、私も負けじと準備を進めて

いるのですが、今回は通常商品のほかにイベント限定商品として

「機関車ターレブ・ミニ」という商品も出品したいと思っています。

 

 「機関車ターレブ」というのは昨年に阪急さんのプレイコーナー用に

製作させていただいた「木の機関車」なのですが(過去のブログ参照)、

今回はそのミニチュア版です。

* 

 イベント限定商品…とはいえ、せっかく作るのであればやはり

他のメーカーさんから販売されているような「木の機関車」とは

趣向を変えた「ラトル工房らしい商品」にしたいと思いまして、

今回はこんな部材を使ってみることしました。

 

Blog1307251_2

 「チャイム」という

 振ると音が鳴る

 筒状の部材です。

 

 

 

 

 

 昔から「ガラガラ」や「ローリー(赤ちゃんの形をした起上りこぼし)」等に

使われてきた機構で、中に仕込まれた「音叉」と「振り子」によって

揺れると「カラン♪コロン♪」とカワイイ音が鳴る筒です。

 私もこの音が大好きで、以前から「ラトル」の延長として幼児向けの

木の玩具に使ってみたいと思っていたのですが、今回の機関車で

初めて試みてみることにした次第です。

 

Blog1307252_4 うまく完成するかは

 こうご期待。

 …失敗したら

 無かったことに(笑)。

 

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« カキ氷でのりきる職人 | トップページ | 工房見学に緊張する職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再びターレブを作る職人:

« カキ氷でのりきる職人 | トップページ | 工房見学に緊張する職人 »