« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

なぜか本を宣伝する職人

 前回の絶好調なブログから一転、

 「腰痛がなかなか治ってくれず、作業が捗らない…」

 「愛車キューブがトラックに追突され、車体も気分も(軽く)へこむ…」

…と、今週はなかなか低調な日々となってしまいました。

 そういえば今年は厄年であったなあ…とつい思ってしまいましたが、

この程度の災厄で済んでしまえば軽いものとして、残り1ヵ月は慎重に

行動したいとは思っております(笑)。

 そんな状況の中、仕事も先週に「大きな山」を無事に越しましたので、

しばらくぶりにペースを抑えながらの製作となっており、作業の合間には、

「読めずにいた本」にもようやく手をつけることが出来ました。

 

 今月の新刊で特筆したいのは「グインサーガ(第131巻)」という本です。

私の作業部屋には部材の収納も兼ねた「大きな本棚」があるのですが、

その一段を丸々埋めてしまっているのが、じつはこの「グインサーガ」という

大河小説だったりするのです。

 

Blog131129 こんな感じです。

 本編×131巻。

 外伝×24巻。

 全てグインサーガー。

 

 

 

 

 

 「同じ作者が書いた世界一長い長編小説」としてギネスにも認定されて

いるらしいのですが、30年掛けて綴られた作品も、4年前にその作者が

悲しくも他界されてしまい、そのまま「未完の大作」になると思っていました。

 …が、長年の愛読者たちの要望も高かったのか今回の「131巻」から

新しい作家たちが引き継ぐかたちで続刊されることになったようです。

 

 内容は架空の世界を舞台にした「ファンタジー小説」なのですが、

作者が数十年かけて築いた世界観はとても緻密で、だからこそ、

別の新しい作者の続刊が可能になったのかと思います。

 やはり「継続は力」なのだなあ…と、つくづく思ってしまいます。

 …どうも小説の宣伝のようになってしまいましたが(笑)、

「続けることの意義」を感じられる作品は、私のような職種には

とても励みになり感銘を覚えてしまうのです。

 今週末には、宮崎駿氏の…これも長い創作活動をまとめた新刊

「続・風の帰る場所」も出版されるので、それも楽しみにしています。

…今週はこんな感じです(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

仕事も遊びも全力な職人

 すっかりブログの更新が遅れてしまいましたが、先週~今週にかけては

お仕事の「締切日」がかなり集中してしまい、その対応に追われておりました。

 

 とくに㈱ベネッセコーポレーション「こどもちゃれんじ」さんに至っては、

子供の対象年齢で別れた3つの部署から同時に御依頼をいただいてしまい、

…さらには締切日も同時期ということで(笑)、なかなかスリリングな状況が

続いていたのですが、本日全てを無事に間に合わすことができました。

 「全力」で当たれば終わるものですね。

 「仕事が全力」ならば「遊びも全力」…ということで、

先日には「東京ディズニーランド」へも行ってしまいました。

 

 娘が学校行事の関係で「振替え休日」となり、私も自営業特権(笑)を

発動して平日を選んで行ってみたのですが、クリスマス期間に突入した

こともあってか休日並みの混雑ぶりで驚きました。

 

Blog1311231 今回は娘が事前に

 ガイドブックで調べた

 順路で回ることに。

 今は「スティッチ」が

 好きなのだそうです。

 

 

 

 

Blog1311232 そしてクリスマスツリー。

 ほとんど毎年のように

 見ていますが、やはり

 ここのツリーは格別です。

 

 

 

 

 

 基本的には施設の内容はこの数十年間で大きく変わっていないわけですし、

お金も掛るし、体力も使うし…と、もっと不満を感じても良さそうなものですが、

毎年「来て良かった」と思いながら帰宅できるのは本当に不思議なことだと

思ってしまいます。

 ミッキーマウス風に(モノマネをしながら)表現するならば、まさに…

 

「夢と魔法の王国だね…………ハハァッ!」

 

…ですね。

 このように、お陰さまで仕事に遊びに大忙しで

…その反動で少しだけ腰痛気味になっていたりもするのですが(笑)、

日常が忙しいのは本当に素晴らしいことであるとも思いますので、

今年はもう少しだけ頑張って来年につなげていきたいとも思っております。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

ジェラートに鷲づかみされた職人

 先週末はラトル工房の御取扱店「Woodayice(ウディック)」さんにて

くるくるこまこの工作教室を開催させていただきました。

 

 ウディックさんは昨年から商品を販売していただいているのですが

…忙しさにかまけて、じつは私自身もお店を訪問させていただくのは

失礼ながらも今回が初めてだったのですが(苦笑)、この機会に

ようやく拝見させていただいた次第です。

 

Blog1311144 看板に描かれた

 "木のラトル"

 …これもようやく

 見れました(苦笑)。

 

 

 

 

 ウディックさんはとても面白いお店で…

 

Blog1311141 お店に入ると、まず

 手作りジェラード

 ケースが現れ…。

 

 

 

 

 

 

Blog1311142 振り向くと、沢山の

 木のおもちゃたちが

 店内にズラリ。

 

 

 

 

 

 

…と、「手作りジェラード」と「木のおもちゃ」を両方楽しめるお店で、

子供はもちろん「スイーツ好きの木のおもちゃ作家」のハートをも

鷲づかみにする、素敵な空間となっています。

 

Blog1311143 なので

 今回の工作教室も

 ジェラード付きで、

 子供たちも二重に

 喜んでおりました。

 

 

 

 

 当日から急激に冷え込んだこともあり「風邪」でキャンセルされたお客様も

数名いらっしゃいましたが、逆に飛び込みで参加していただいたお客様も多く、

終日にわたって参加者が途切れない盛況な工作教室となりました。

 

 ウディックさんでは定期的にワークショップを開催されているとのことで、

来月(12月)には「おもちゃのこまーむ」さんの工作教室も開催されるとの

ことです。御興味のある方は下記HPを御覧ください。

 ■Woodeyiceホームページ : http://www.woodayice.com/

 そして、こちらも何度かイベントでお世話になっているお店となりますが、

京都の木のおもちゃ&絵本の専門店「キッズいわきぱふ」さんで開催される

イベントに参加させていただきます。

 

 【イベント名】 「こまーむ10周年展 with きのぽっけ」

 【会 期】 11月20日(水)~24日(日)

 【詳細HP】 キッズいわき ぱふHP http://www.kidspuff.com/

 

 日頃から仲良くさせていただいている作家さん4グループでの展示販売会と

なりますが、期間中(23日&24日)は作家さんたちによるワークショップ

開催されます(ラトル工房は展示販売のみの参加となります)。

 

 一足早いクリスマスの気分を味わえる楽しいイベントになるかと思いますので、

お近くにお越しの際にはぜひお立寄りください。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

カタカナで名前を名のる職人

 ブログでも何度か御紹介させていただいておりますが、東京おもちゃ美術館

にて企画展「日本のおもちゃ20作家展」が開催されております。

 「観て来たよ」という嬉しいお言葉もチラホラと聞きますが、本人としましては

商品とともに展示されている「作家紹介ボード」の名前の大きさにかなりの

恥ずかしさを憶えてしまいました。

 

Blog1311061  カタカナで大きく

 「サイトウ ケンイチ」

 …カタカナだと文字数が

 多いので目立ちます(笑)。

 

 

 

 

 

 「木のおもちゃ20作家展」は12月25(水)まで開催しております。

 「なぜ仕事では名前をカタカナにしているのですか?」

…という質問は、名刺交換の度によく聞かれます。

 とくに漢字名(斎藤健一)を必死に隠している訳ではないのですが、

一応、カタカナ名を好んで使うのには2つほど理由があるのです。

 

 1つには…とにかく平凡な名前でインパクトがないということで(笑)、

その平凡さからか、テレビの事故や事件の「再現ドラマ」でもかなりの

頻度で「仮名」として使われることが多く…、

 

 「日々のストレスから密かに心臓病を患っていた斎藤健一さん(仮名)」

 「リストラでハローワークに通う日々を送る斎藤健一さん(仮名)」

 

…など、残念ながらあまり良い印象では使われていないのですね(笑)。

 平凡であればそれだけ印象にも残りにくい可能性もあるのかと思い

多少は「お?」と思っていただけるよう、カタカナ名としているのです。

 

 そして2つめは…こちらの方が本命なのですが(笑)、

以前「タカラトミー」に在職中であったときに、お仕事を手伝ってくれていた

外部のフリーのデザイナーさんたちに「カタカナ名」を名乗る方が多くいて、

彼らへの憧れのようなものがあったのです。

 とても簡単なことではあっても組織に所属していると中々許されないことも

たくさんありまして、その後、独立して個人事業者になった時、そのフリーの

象徴として「カタカナ名」を使うようになった次第です。

 

 ことわざで「名は体を表わす」…と言いますが、

「とてもベーシックな名前」をひねくれて使ってしまう性格は、

「とてもベーシックな木の玩具」をひねくれた感覚で製作している現在の仕事に、

なんだかマッチしているようにも思います。

…あくまでも自己満足の世界です。

 そんな「サイトウケンイチ」の工作教室が、とうとう今週末に迫っております。

場所は東京都三軒茶屋の木のおもちゃ&ジェラード店「ウディック」さんです。

興味のある方はぜひ御参加ください。

 

Blog1311062  気が早いですが

 クリスマス気分

 少し出しながら

 …がんばります。

 

 

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

少年ジャンプ的な職人

 木の粉が舞う工房の中、開業時から音楽を流し続けてくれた戦友の

「CDプレイヤー」が、先日にとうとう故障してしまいました。

 CDを入れてもすぐに吐き出されてしまい、レンズ掃除などをしてもまったく

改善されずさすがに「買い替え」を予定していたのですが、しばしの代案として

機種変更して使わなくなった「昔のi-phone」をプレーヤーに接続して、

取り込んでいた音楽を聴いているのですが…

 

Blog1310311 音質・操作性ともに

 まったく問題なし(笑)。

 

 

 

 

 

 

 むしろCDを交換しなくても済んでしまうので、以前よりも便利になってしまい

「もっと早くこうしておけば良かった」…と後悔してしまいました。

 ちなみに近頃は映画「ダークナイト」のサントラを聴きながら作業するのが

マイブームです。

 「早くこうしておけば良かった」…と思ってしまうことがこのところ多く、

例えば製作作業でも、先日から「木材の角を丸める作業」に使用する

「電動ルーター」という電動工具を新たに1台導入させていただき、

2種類を並行して作業するようになったのですが…

 

Blog1310312 手前が昔から使ってる

 「プロクソン製ルーター」。

 奥手が新人の

 「ボッシュ製ルーター」。

 

 

 

 

 昔から使っている「プロクソン製」は繊細な作業に向いている工具なので

ラトル工房の「小さくて複雑な形状」をした部品の加工には欠かせないもの

なのですが…とにかく貧弱なので(笑)、近頃の長時間作業と夏の猛暑には

厳しいものがありました。

 

 そこでパワータイプの新人「ボッシュ製」を導入し、繊細な部分以外は

こちらでガンガン加工するようにしたところみごとに的を獲たようで、

これが、劇的に早くて綺麗に仕上げられるようになってしまいました。

 

…じつは「ボッシュ製」自体は数年前から所持して棚の奥に眠っていた

電動工具でしたので(笑)、なおさら「もっと早くこうしておけば良かった」と

心底思ってしまった一幕でした。

 全て手探りで初めてしまった仕事ですので、未だにこういうことが多く

起ってしまうのですが、「危機的な状態」を「新しい方法」で打開していく

…という少年ジャンプ的な展開は嫌いではないので(笑)、

「これでいいのだ」とつくづく思う41歳の秋でした。

 

Blog1310313 11/9のウディックさんの

 工作教室では、秋&冬の

 「木のはがため」も販売。

 さらに磨きのかかった

 作品をぜひ御覧ください。

 

 

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »