« 先読みできなかった職人 | トップページ | スタートダッシュにビックリな職人 »

2014年2月 6日 (木)

シャッター音は消したい職人

 先週末は、昨年9月末に赤ちゃんが生まれた友人宅にお邪魔をして、

新作ラトルの「使用風景」を撮影させていただきました。

 

 赤ちゃんが手に持った風景を撮影させていただくことは、

商売的には「ラトルのサイズ感」をお客様にお伝えするために重要な

工程だと思っているのですが、それと同時に私自信が赤ちゃんに対して

「本当に赤ちゃんにマッチしたラトルを作ることができているのか」

確認する貴重な瞬間でもあります。

 

 赤ちゃんの「手の大きさ」は、やはり定期的に実物を目にしておかないと

感覚がズレてしまいそうで、いまだに怖いのです。

 近頃は日常的な写真はほとんど「i-phone」で撮影してしまうのですが、

こと、被写体が赤ちゃんの時には低機能ながらも「デジカメ」を使用する

ようにしています。

 

Blog1402051 かなり旧式で安価なデジカメ

 ですが、作りは頑丈で、

 「光学6倍ズーム」を搭載。

 なかなか使えます。

 

 

 

 

 

 画素数などは「i-phone」の方が圧倒的には優れていたりするのですが、

それでもこちらを使う理由はズバリ「シャッター音が消せるから」です。

 

 もともと写真撮影のスキルが高いわけでもありませんので

「といにかく連写しまくって奇跡の1枚が生まれることを祈るのみ」

…となってしまうのですが、防犯上「シャッター音」を消すことが出来ない

i-phone(および携帯電話全般)でそれをやろうとすると、撮影中は

終始シャッター音だらけになってしまうのです。

…確実に赤ちゃんの眉間にシワが寄ります(笑)。

 

 赤ちゃんが被写体の時は「無音」&「望遠」が効果的だと思います。

 そんなかたちで、今回も無事に撮影させていただくことが出来ました。

 

Blog1402053 こちらが新作

 「ねむり猫のラトル」

 

 

 

 

 

 

 

Blog1402052_2 こちらは新作では

 ありませんが人気の

 「ぶたのラトル」

 

 

 

 

 

 

 「ねむり猫のラトル」について詳しくは、発売時期が近づきましたら

じっくりとブログのネタにさせていただきます(笑)。

※販売開始は2月下旬ごろを予定しております…たぶん、恐らく。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« 先読みできなかった職人 | トップページ | スタートダッシュにビックリな職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャッター音は消したい職人:

« 先読みできなかった職人 | トップページ | スタートダッシュにビックリな職人 »