« エンド・3尺・一本の職人 | トップページ | 発想法を実践している職人 »

2014年3月13日 (木)

忙しいとぼやいてみる職人

 先日の3月11日に発売された雑誌「チルチンびと(刊:風土社)」にて、

木のラトルを紹介していただきました。

 

Blog1403131 掲載していただいたのは

 「うずまきラトル・花」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この他にも、仲良くさせていただいている日本の作家さんたちの作品が

いろいろと紹介されております。

 写真自体は「小さめ」でしたが(笑)、発刊翌日から商品のお問合わせが

来てしまうあたりは、さすが全国誌はスゴイと思ってしまいました。

 書店で見かけたらぜひ御覧ください。

 その雑誌が発刊された当日は、群馬県館林市にある木のおもちゃショップ

「AND CHILD(アンドチャイルド)」さんへ商品を納品しに行っておりました。

 

Blog1403132 昨年に店舗を移転。

 内装は店長さん自ら

 行ってしまったとの

 こと…凄いです。

 

 

 

 

 

 

 群馬県…とはいえ、埼玉と群馬の「県境」にあるラトル工房にとっては

距離的に最も近隣のお店ということもあり、今回は直接にお邪魔して

新作「ねむり猫のラトル」も含めて8種の「木のラトル」を納品させて

いただきました。

 

 春には近隣の「群馬県営つつじが丘公園」のツツジが見頃になったり、

「5000匹の鯉のぼり」が川に上ったり…と見どころ多い場所ですので、

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

 どちらも3月11日に起こった出来事ということで、どうしても考え深い

ものに感じてしまうわけですが、とくに大きな病を患っていることもなく、

仕事に関しても不安や疑問を持たずに「忙しい」とぼやいていられる

現状は、本当に幸せなことだと思っております。

 …しかし、それにしても忙しい(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« エンド・3尺・一本の職人 | トップページ | 発想法を実践している職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忙しいとぼやいてみる職人:

« エンド・3尺・一本の職人 | トップページ | 発想法を実践している職人 »