« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月24日 (木)

贅沢に映画を観る職人

 来月のイベント告知となりますが、5/16(金)~18(日)の3日間、

東京の新宿御苑にて「森のおもちゃ美術館」が開催されます。

 

140424

 

 期間中は木のおもちゃ作家によるワークショップが日替わりで

開催され、ラトル工房も5/17に参加させていただくことになりました。

 

【ワークショップスケジュール(予定)】

 5/16(金):おもちゃのこまーむ & Let Wood Be

 5/17(土):おもちゃのこまーむ & Let Wood Be & ラトル工房

 5/18(日):おもちゃのこまーむ & ナカムラ工房

 

 昨年は天候にも恵まれかなりの人数に御参加いただきましたが、

都心とは思えない自然豊かな場所でのワークショップはおススメです。

ぜひ足をお運びください。

 今週は平日早々から「自営業の特権」を活かしまして(笑)、

遠方に少し足をのばして映画鑑賞に行ってまいりました。

 

Blog140424 もちろんこれ。

 「キャプテンアメリカ」。

 IMAX 3D版です。

 

 

 

 

 

 

 「IMAX(アイマックス)」というのは通常よりも映像&音響が優れた

映画の上映方式のことです。

 その分、上映館が少なかったり、観賞料が割高だったりするのですが、

昨年の「ゼロ・グラビティ(IMAX版)」の観賞で通常上映との違いに

衝撃を覚えてしまい…以来、「期待できるSF映画」はこちらの方式を

選ぶようになってしまいました。

 

 精々「月に1度の贅沢」だからと自分に言い聞かせているのですが

…今週末には「アメイジング・スパイダーマン2」も上映され、その後も

「X-MEN」や「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」とSF大作が矢継ぎ早に

続いてしまいますので(笑)、その贅沢を安心して味わえるよう、

日々の仕事もがんばりたいと思っております。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

体重77.5キロを活かす職人

 前回のブログでも案内させていただいた「教文館」でのイベントも含めて、

来月は2箇所でのワークショップを開催させていただくことになっています。

 

 工作ネタは「くるくるこまこ」で…今のところコレしかないのですが(笑)、

ラトルなどの製作がひと段落してくれたので、そろそろこちらの準備に

移ろうと思っております。

 ワークショップの度によく質問されるのが、くるくるこまこの頭の部分に

使っている「花型フェルト」についてです。

 

Blog1404181 これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「こういう形のフェルトが売っているのですか?」

…と良く聞かれるのですが、工作教室で使っているものに関しては

今のところ毎回1枚1枚切りだして用意しています。

 業者に製作を頼むことも出来るのですが、数千枚まとめて依頼しないと

かなり高額になってしまうのと、イベントごとに違う「カラー」を用意したい

ということもあって、自分で製作してしまうのです。

 その製作方法はいたって単純です。

 

Blog1404182 使うのはクラフトパンチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文具屋などに売っているもので、とくに特別な仕様ではありません。

本来は「紙」を花型などに切りだしてコラージュ等に使うものなので、

普通に使うと「フェルト」はまったく切りだせないのですが…

 

1)厚紙と一緒にクラフトパンチに挟む。

 ※私はパッケージ製作時にでる「切れ端」を有効活用しています。

 

2)上から厚い木材を乗せてあて木にする。

 

3)77.5キロの体重をかけて一気に打ち抜く(笑)。

 

…この方法ですと、綺麗に切り出せます。

 

Blog1404183 こんな感じです。

 この後、別の器具で

 中央に穴を空けます。

 

 

 

 

 

 

 

 作業的には簡単なのですが、100円ショップの「質の低いフェルト」だと

切り出せなかったり、挟む厚紙の種類によっても形が歪んでしまったりと、

当初は失敗も繰り返しましたが、近頃は安定して作れるようになりました。

 

…例のごとくあまり使い道がないテクニックかとも思いますが(笑)、

機会があったらお試しください。

 そろそろ新しい「ワークショップのネタ」を考えたいとも思うのですが、

その他に宿題も抱えており、なかなか手がつかないのが正直なところです。

 

…なにより、頭は確実に映画「キャプテン・アメリカ」に向いています。

すみません(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

この時期は作業を急ぐ職人

 少し早目のイベント告知となりますが、

来月5/1(木)より銀座の老舗書店「教文館」で開催されるイベントに

参加させていただきます。

 

■イベント名:「世界の木のおもちゃと日本のトイクリエーターフェア」

■期 間:2014年5月1日(木)~6月1日(日)

■場 所:銀座「教文館」 3階ギャラリーステラ内

 

 期間中は様々な「木のおもちゃ」が展示販売されるのはもちろんのこと、

土曜&祝日は作家陣によるワークショップが交代で開催され、

ラトル工房も5月6日(祝)に「くるくるこまこ」で担当させていただきます。

 

※各ワークショップは教文館にて電話での事前予約も可能とのことです。

 詳しくは下記チラシを御覧ください(画像クリックで拡大表示)。

 

1404082

 

 ゴールデンウィーク中のイベント&ワークショップとなりますので、

銀座へお越しの際には、こちらにもぜひお立ち寄りください。

 この一週間は本当に作業場に籠っての「製作作業」ばかりでしたので、

お見せできる風景も…

 

Blog1404111 たくさん切って…

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1404112 たくさん組立て…

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1404113 たくさん完成…

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、パッとしないものばかりです。

 「御注文への対応」や「イベント準備」で忙しいのはもちろんなのですが、

さらに来週からは「キャプテン・アメリカ」「スパイダーマン」という

2大映画が封切られますので…早め早めで仕事を進めております(笑)。

 気候的に「製作がはかどる季節」なのも、製作を急いでいる理由の1つです。

 どうやら今年はエルニーニョの影響で「冷夏」の可能性が高いようですが、

梅雨入り以降はなにかと製作のトラブルが起きやすくなってしまうので、

今のうちから頑張っておこうと思います。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

おもちゃのまちを訪れる職人

 栃木県宇都宮市の南部に「おもちゃのまち」という町があります。

通称ではなく正式名称で(地図参照)、町の中には「おもちゃのまち駅」も

「おもちゃのまち郵便局」もしっかりあります。

 

 昔から玩具メーカーの工場や倉庫が並んでいたので、こんな町名に

なったらしいのですが、それにちなんでか町内には「おもちゃ博物館」と

バンダイミュージアム」という2つのおもちゃ施設が並んでいます。

 

…前置きが長くなりましたが、 

先日は春休みの子供たちを連れて「バンダイミュージアム」の方へ

行ってみました。2つの博物館のうちこちらを選んだ理由はズバリ…

 

Blog1404031 でっかいガンダムが

 あるからです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 事前にHPなどで調べたところ施設自体はそれほど広くないようでしたので

正直なところ「巨大ガンダム」以外はあまり期待していなかったのですが、

いざ周ってみると…なかなかどうして、見応えがありました。

 

Blog1404033 男の子向けの

 変形ロボットが

 ズラリ…

 

 

 

 

 

 

 

Blog1404034 女の子向けの

 変身アイテムも

 ズラリ…

 

 

 

 

 

 

 

Blog1404032 さすがバンダイ、

 キャラクター玩具が

 ズラリと並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 「古いおもちゃ」を集めた展示施設ですと、ほとんど「3丁目の夕日」に

出てきそうな「ブリキ玩具」や「レトロ玩具」ばかりが並んでしまって、

40代の私には時代が古すぎるなあ、共感しにくいなあ…と思うことが

これまで多かったように思うのですが、この「バンダイミュージアム」では

’80年~’90年代の、私がリアルタイムで遊んでいたオモチャばかりが

並んでいたので、かなり夢中になって眺めてしまいました。

 

 …肝心の子供たちが楽しめたのかは解りませんが(笑)、

30~40歳代の方々にはおススメの「おもちゃミュージアム」です。

 「キャラクター玩具」とはいえ、子供たちを永く魅了してきた玩具たちを

改めて眺めてみることは、「木製玩具」の参考にできる部分もたくさん

あるのだと思っています。

 日々知りたいことは

「どうすれば子供たちに笑ってもらえる玩具を作れるのか」

…この一点のみなのですが、難題です。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »