« 材料を買い足す職人 | トップページ | この時期は作業を急ぐ職人 »

2014年4月 3日 (木)

おもちゃのまちを訪れる職人

 栃木県宇都宮市の南部に「おもちゃのまち」という町があります。

通称ではなく正式名称で(地図参照)、町の中には「おもちゃのまち駅」も

「おもちゃのまち郵便局」もしっかりあります。

 

 昔から玩具メーカーの工場や倉庫が並んでいたので、こんな町名に

なったらしいのですが、それにちなんでか町内には「おもちゃ博物館」と

バンダイミュージアム」という2つのおもちゃ施設が並んでいます。

 

…前置きが長くなりましたが、 

先日は春休みの子供たちを連れて「バンダイミュージアム」の方へ

行ってみました。2つの博物館のうちこちらを選んだ理由はズバリ…

 

Blog1404031 でっかいガンダムが

 あるからです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 事前にHPなどで調べたところ施設自体はそれほど広くないようでしたので

正直なところ「巨大ガンダム」以外はあまり期待していなかったのですが、

いざ周ってみると…なかなかどうして、見応えがありました。

 

Blog1404033 男の子向けの

 変形ロボットが

 ズラリ…

 

 

 

 

 

 

 

Blog1404034 女の子向けの

 変身アイテムも

 ズラリ…

 

 

 

 

 

 

 

Blog1404032 さすがバンダイ、

 キャラクター玩具が

 ズラリと並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 「古いおもちゃ」を集めた展示施設ですと、ほとんど「3丁目の夕日」に

出てきそうな「ブリキ玩具」や「レトロ玩具」ばかりが並んでしまって、

40代の私には時代が古すぎるなあ、共感しにくいなあ…と思うことが

これまで多かったように思うのですが、この「バンダイミュージアム」では

’80年~’90年代の、私がリアルタイムで遊んでいたオモチャばかりが

並んでいたので、かなり夢中になって眺めてしまいました。

 

 …肝心の子供たちが楽しめたのかは解りませんが(笑)、

30~40歳代の方々にはおススメの「おもちゃミュージアム」です。

 「キャラクター玩具」とはいえ、子供たちを永く魅了してきた玩具たちを

改めて眺めてみることは、「木製玩具」の参考にできる部分もたくさん

あるのだと思っています。

 日々知りたいことは

「どうすれば子供たちに笑ってもらえる玩具を作れるのか」

…この一点のみなのですが、難題です。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« 材料を買い足す職人 | トップページ | この時期は作業を急ぐ職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃのまちを訪れる職人:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/04 08:49) [ケノーベル エージェント]
宇都宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年4月 4日 (金) 08時49分

« 材料を買い足す職人 | トップページ | この時期は作業を急ぐ職人 »