« いろいろと理解できた職人 | トップページ | コロコロで励まされる職人 »

2014年9月18日 (木)

祝400回を迎えた職人

 ズルズルと週1回のペースで更新してきたこのブログですが、なんと

今回で「400回目」を迎えてしまいました…娘も大きくなるはずです(笑)。

 

 ブログを続けることで「得」をしたことは…とくに思い当たらないのですが、

とりあえず「パパ」も「職人」も続けられており、脱力した文章を書けるだけの

気持ちの余裕があることは幸せなことだとは思っております。

 次は500回を目指して、またズルズルと更新できたらと思っております。

 記念すべき回ということで、今回はラトル工房ブータレブーの新商品を

初めて紹介させていただきます。

 商品名は「ブータレバーン・おうち」です。

 

Blog1409181 名前の通り「お家」

 かたちをしています。

 中には階段子供

 …というイメージです。

 

 

 

 

 

 

 遊び方はいたって簡単で、本体の天地をひっくり返していくことで

中の子供(円盤)が溝にそって転がり落ちる様子を眺めるおもちゃと

なっております。

 

Blog1409182 屋根を下にすると

 「ころころ~こっとん!」

 …と、ゆっくり落下。

 

 

 

 

 

 

 

Blog1409183 もとに戻せば

 「コンコンコンッ!」

 …と、軽快に落下。

 

 

 

 

 

 

 

 これを繰り返していくことで、「円盤の落下&回転」「木の音」

いつまでも楽しんでいただくことができます。

 言葉と写真だけではやはり伝わりにくいので、今回は「動画」も

撮影をしてみました…「自撮り」なので背景にムサ苦しい部分も

ありますが御容赦のほどを(笑)。

※環境や機材によって動画が観れない方はごめんなさい。

 

 

 

 

 球や円盤をレールに沿って転がし、その「動き」や「音」を楽しむ玩具は

一部の業界では「クーゲルバーン」と呼ばれているようです。

 私も好きなジャンルのオモチャなのですが、その構造上の理由から

とても大型であったり、レールなどがバラバラになってしまったりと、

「遊ぶための"場"」をかなり選ぶ玩具が多いように思っていました。

 

 …そこは「天の邪鬼」ですので(笑)、なんとか「ママの保育バッグ」

収納できるように「ダウンサイジング&一体化」をしてやることで、

「喫茶店での休憩中」や「医者の待合室」などのちょっとした時間でも、

親子で気軽にコロコロ、カタカタと遊べるようなおもちゃを目指した次第です。

 

 ちなみに品名は

 「ブータレブー」 + 「クーゲルバーン」 = 「ブータレバーン」

…というダジャレなのですが、当然ながらこれが周囲の方々にはまったく

通じないようで、それでもめげずに使ってしまう事にしました(笑)。

 作品といっしょに品名もじわじわと浸透してもらえることを願っております。

 商品の紹介はしたものの発売は来年1月予定…と、まだまだ先に

なってしまいそうなのですが、来月(10/18~19)に開催されるイベント

「東京おもちゃまつり2014」では、先行して少量ですがテスト販売

させていただこうと思っております。

 イベントが近づきましたらまたブログでも紹介しますので、

ご興味のある方はその場にて実物を御覧いただければ幸いです。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com 

|

« いろいろと理解できた職人 | トップページ | コロコロで励まされる職人 »

コメント

400回目のブログ、おめでとうございます。
毎回観ていますよ。

「瞬発的な情熱ではだめ、継続できる情熱がビジネスを成功させる」
とは中国の馬さんの言葉ですが、
ブータレブーさんの仕事っぷり(ブログから)を見ていると、
本当にそう感じます。

これからもこつこつと
良いものを作り続けていってください。

毎回楽しみにしています。

投稿: 樋口 | 2014年9月20日 (土) 07時41分

樋口様

コメントありがとうございました。

私は玩具を考えて作ることしか能がない人間なので
それを繰り返すしか生活の術がないだけなのですが、
お陰さまで、それでもなんとか続いております。

今後も継続して頑張らせていただきますので
御拝読のほど、よろしくお願いいたします。

投稿: ブータレブー | 2014年9月21日 (日) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝400回を迎えた職人:

« いろいろと理解できた職人 | トップページ | コロコロで励まされる職人 »