« 吸引力に驚いた職人 | トップページ | 豪華キャンプで酔いしれる職人 »

2014年10月30日 (木)

ゆるゆるでユルユルな職人

 先週まではイベントや商談でテンションがかなり上がっていましたが、

それらも無事に一段落…ということで、今週はペースを少し落として

ジャズなどを聴きながらゆるゆると作業を進めております。

 「ゆるゆる作業」のひとつとして、在庫が少なくなってしまった

店頭販売用の「パッケージ梱包」をゆるゆると進めてみました。

 

Blog1410301 ラトルを厚紙に

 縫いつける作業。

 もちろん手作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正直なところ以前はかなり面倒に思っていたこの「縫いつけ作業」も、

今では音楽に合わせて苦もなくひょいひょいと進んでしまうのですから

「慣れ」とは本当に怖いものです(笑)。

 

 その縫いつけに使っている「糸」ですが、細くて切れにくい糸を色々と

試してきた結果、この数年来はこちらのブランドを選んで使っています。

 

Blog1410302 その名も

 「つよい糸」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 品質が良く使いやすいのはもちろんなのですが、糸が巻きついている

「台紙」のデザインが楽しいことと、さらに(画像のように)全て使い切った

ときにだけ「詩」が現れるという憎い演出もあり、その遊び心が気にいって

使っています。

 

 この糸でラトルを縫いつけながら

「うちも真似して、ラトルを台紙から外した時に詩が出てくると面白いかも?」

…などとつい思いついてしまい、作業をしながらゆるゆると考えてみました。

 

 「赤ちゃんが なめたら拭いてね 木のラトル」

 「ない袖を 意固地に振るなら ラトル振れ」

 「かじるのは 親のスネより 歯固めだ」

 

…………詩ではなく俳句ですね。

辞めておきます。

 作業がゆるくなると思考までも果てしなくユルユルになってきてしまい

とても危険なのですが、幸いなことに来週からはまた締め切りが

控えておりますので強制的に冷めてくると思われます。

 世の中、そんなに甘くはないのです(笑)。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« 吸引力に驚いた職人 | トップページ | 豪華キャンプで酔いしれる職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆるでユルユルな職人:

« 吸引力に驚いた職人 | トップページ | 豪華キャンプで酔いしれる職人 »