« 猫派になっていたらしい職人 | トップページ | 空想と現実を混ぜる職人 »

2014年11月20日 (木)

秋の猫をなでる職人

 都心に出ると「季節の変化」をなかなか感じにくいと言われますが、

この周囲は東京近郊とは名ばかりのまったくの「田舎町」なので、

景色を見ているだけで「The 秋」を感じることができます。

 自宅の裏にある巨大な「イチョウの木」がなかなか綺麗です。

 

Blog1411201 子供たちも負けずに

 でかくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 季節の話題…と書きつつ、また「子猫」の話になってしまうのですが(笑)、

先週末にようやく子猫の名前が「ふー」に決まりました。

 命名した娘によると…

 

『本当は「ふゆ(冬)」にしようと思った、(妖怪ウォッチの)フユニャンみたいに』

『でも、まだ冬じゃないから、ふゆになりかけの「ふー」が良いと思う』

 

…と、説得力があるような、ないような理由だったのですが、

北風が吹くときの音にも似ているので、私も良いなあと思いました。

「こじつけ」が強引なところは親子で似ていると思います(笑)。

 

Blog1411203 猫は「関係ないよ」と

 ばかりに寝ています。

 

 

 

 

 

 

 

 「猫のふー」をこれからもよろしくお願いいたします。

 そして仕事の話も「猫」なのですが(笑)、

不思議なことに子猫を飼いだしてから「ねむり猫のラトル」の御注文を

連日いただいておりまして、在庫不足で慌てて作っている…という、

嘘のような本当の状態が起こっております。

 

Blog1411202 ついでに作った

 「黒猫バージョン」。

 …遊びです。 

 (発売予定はありません)

 

 

 

 

 

 

 全体的に御注文が増えていたり、ブログに写真を載せた影響も

あると思いますが、とりあえずは福を呼んでくれる「招き猫」として

「ふー」をなでておこうと思います。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

 

|

« 猫派になっていたらしい職人 | トップページ | 空想と現実を混ぜる職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の猫をなでる職人:

« 猫派になっていたらしい職人 | トップページ | 空想と現実を混ぜる職人 »