« スキーだと転ばない職人 | トップページ | 木の粉に立ち向かう職人 »

2015年1月21日 (水)

工房の相棒を作った職人

 昨年末から進めていた2件の大きめな仕事が先週で無事に終わり、

今週は時間にも心にも少し余裕ができました。

 

 そこで、前々から欲しいと思っていた「簡易ルーターテーブル」

製作を試みてみました。

 めざせ作業の効率化!…です。

 たまたまホームセンターで丁度良いサイズの「木製ボックス」

売っていたので時間短縮も兼ねて流用をしてしまい、製作時間

わずか半日ほどで完成してしまった「簡易ルーターテーブル」が

…こちらです。

 

Blog1501211 名付けて

 「ルータレ君1号」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Blog1501212 中には「電動ルーター」

 という工具がガッチリと

 固定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 電源をONにすると、箱の上部に小さく飛び出ている「切削刃」

高速で回転し、そこに木材を当てることで色々な加工が行えます。

 

Blog1501213 一番多く使うのが

 木材の角を丸める

 「面取り加工」です。

  左:加工前

  右:加工後

 …解りにくいですね(笑)。

 

 

 

 

 

 完成して2日ほど使ってみましたが…これが驚くほどの快適さで、

作業の効率化はもちろんのこと、これほど安全性が高くなるとは

思ってもいませんでした。

 

 電動ルーターはこれまでも頻繁に使ってきましたが、今までは

「左手で重いルーターをつかみつつ、右手で木材を加工」

…といった感じで、かなり危険性を伴う作業工程でした。

 しかしこの「簡易ルーターテーブル」を使うとルーターを持つ

必要がなくなり、両手で安定して木材を抑えることもできるので、

安全性が段違いに高いのですね。

 

 いつもながら「もっと早く作れば良かった」と後悔してしまうのですが、

今後は「工房の良き相棒」として活躍してくれることを期待しています。

 実はこの「箱型簡易ルーターテーブル」は、同業のおもちゃ作家さん

おもちゃのこまーむさん」が以前にブログで紹介していて、それを

ちゃっかりマネさせて頂いた物なのでした。

 流石に経験を積んでいる方の意見はとても参考になります。

(こまーむさん、製作中にもアドバイスを頂きありがとうございました)

 

 作業の「効率化」と「安全対策」は工房を永く運営していくためには

重要なテーマであると思うので、今年はそこもしっかり考えながら

レベルアップに繋げて行けたらと思っております。

 

『ラトル工房ブータレブー』http://www.bootaleboo.com

|

« スキーだと転ばない職人 | トップページ | 木の粉に立ち向かう職人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工房の相棒を作った職人:

« スキーだと転ばない職人 | トップページ | 木の粉に立ち向かう職人 »